電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

38件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

電機8社の通期予想、2社が当期増益 脱炭素関連が堅調 (2024/5/22 電機・電子部品・情報・通信1)

梅田博和副社長は「米国でしっかり頑張るのに加え、日本という地域が戦略領域になる」とした。

パナHDの通期見通し、増収営業増益 (2024/5/10 電機・電子部品・情報・通信)

梅田博和グループ最高財務責任者(CFO)はEV需要の動向に対して「地域別に見なければ見誤る」と説明。

パナソニックHD、通期据え置き 空調苦戦も蓄電など好調 (2024/2/5 電機・電子部品・情報・通信)

梅田博和副社長は「来期も楽観はできないが、苦戦の市場も悪化が続くのではなく横ばいから微増とみている」と話した。

パナソニックHD、通期売上高を下方修正 米IRA会計処理影響 (2023/10/31 電機・電子部品・情報・通信1)

同日会見した梅田博和副社長は「強い事業と苦戦した事業がくっきりと分かれた。

パナHDの4―6月期、当期益大幅増 子会社の特別清算寄与 (2023/8/1 電機・電子部品・情報・通信1)

同日会見した梅田博和最高財務責任者(CFO)は「国内エアコンは猛暑で7―9月期に挽回が図れる。

パナHDの通期予想、当期最高益 価格改定・合理化対応 (2023/5/11 電機・電子部品・情報・通信1)

同日オンライン会見した梅田博和副社長は「米国のIRA補助金は制度の趣旨に沿って北米のエナジー事業の拡大に活用する。

パナソニックホールディングス(HD)は「ロシア向け製品出荷を停止して、顧客に保守、メンテナンスサービスのみ提供している」(梅田博和副社長)。

梅田博和副社長はIT関連部品の中国市況の悪化について「ずっと続くものではない市況の変動だとみる。

パナソニック、営業益3200億円 電子部品市況悪化で下方修正 (2022/11/1 電機・電子部品・情報・通信1)

BYについて梅田博和副社長執行役員は、「リカーリング(継続課金)事業の需要増トレンドに変化はない」と述べた上で、不透明なマクロ環境に伴う顧客の投資控えや為替のマイナス影響を懸念した。&...

パナソニックの4―6月期、営業益39%減 車載部品は赤字転落 (2022/7/29 電機・電子部品・情報・通信)

ただ梅田博和副社長執行役員は「5月を底に業績は回復に転じたとみる」と説明。

パナソニックHDの通期見通し、売上高6.9%増 車載電池けん引 (2022/5/12 電機・電子部品・情報・通信)

「電池はテスラから引き続き強い要請がある」(梅田博和取締役副社長執行役員)。 ... 「上海のロックダウンの影響は決して小さくない」と梅田副社長は述べた。

パナソニックの4―12月期、営業益2ケタ増 車載電池が好調 (2022/2/3 電機・電子部品・情報・通信)

取締役専務執行役員の梅田博和最高財務責任者(CFO)は22年3月期での原材料高騰について「1300億円の影響がある」と述べた。米テスラ向けが中心となる電気自動車(EV)...

パナソニックの梅田博和取締役は22年3月期の原材料高の影響について「(営業利益ベースで)1000億円超の影響を見込む」と言及。

オンラインで記者会見した取締役専務執行役員の梅田博和最高財務責任者(CFO)は、半導体不足について「21年度中は綱渡りの調達になるが22年度以降は改善に向かうのでは」と認識を示した。

パナソニックの梅田博和最高財務責任者(CFO)は、銅などの高騰について「21年7―9月期以降に本格化する。

パナソニックの4―6月期、当期益黒字転換 車載機器・家電けん引 (2021/7/30 電機・電子部品・情報・通信)

同日オンラインで記者会見した梅田博和最高財務責任者(CFO)は通期の上方修正を見送った理由について「4―6月期の好調を維持したいがコロナの状況は日替わり。... 今後の懸念となる銅など...

パナソニックの通期見通し、営業益27%増 事業構成の改革寄与 (2021/5/11 電機・電子部品・情報・通信1)

取締役専務執行役員の梅田博和最高財務責任者(CFO)は「まだまだ無駄がある」と22年3月期も200億円の固定費削減を見通す。

オンラインで記者会見した取締役常務執行役員の梅田博和最高財務責任者(CFO)は「(同電池を)思い切り作れる段階に入ってきた。... 梅田CFOは「着実な推進があった。

梅田博和取締役は同セグメントについて「想定より早く回復した」と持ち直しを実感する。

パナソニックの7―9月期、車載事業が営業黒字 テスラ向け好転 (2020/10/30 電機・電子部品・情報・通信)

テスラが新型電池「4680」の内製化に乗り出したことについて、梅田博和取締役は「テスラからの強い要請もあり、当社の目指すところも一致する」と述べ、パナソニックとして同電池の開発に着手したことを明かした...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン