電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

4件中、1ページ目 1〜4件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.027秒)

目標達成へ森林劣化が懸念材料 環境省によると2020年度の日本の温室効果ガス総排出量は前年度比5・1%減の11億5000万トンとなり、7年連続で減少した。... も...

経済産業省は発展途上国の森林減少・劣化防止に協力する日本企業のための環境整備を目的とする調査事業で、丸紅が提案した事業化調査など6件の採択を内定した。... 温室効果ガス削減の新しい枠組みづくりの中で...

環境省は、企業と環境団体が連携した森林保全活動を推進するための情報サイト「フォレストパートナーシップ・プラットフォーム」を開設した。世界の森林劣化の現状や企業が森林保全活動に取り組む意義、環境団体との...

広大な森林の保全に毎年5億円を投じている。... 経済産業省の2国間クレジット試行事業では、森林劣化に悩んでいるラオスでの植林事業によるCO2削減・吸収量の計測手法も検討した。 .....

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン