19件中、1ページ目 1〜19件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

CTC、サイバー防衛拠点の構築・運営支援 企業向け提供 (2022/4/20 電機・電子部品・情報・通信2)

検知対象となるセキュリティー機器・サービスの網羅性向上とサービス強化を図った。 オンプレミス(自社保有)のネットワークセキュリティー対策に加えて、クラウドや...

NEC、映像分析処理 物体検知速度8倍に (2021/11/17 電機・電子部品・情報・通信1)

NECは16日、さまざまな映像分析に利用する物体検知処理において、検知精度を維持しつつ効率良く高速に実行できる「漸進的物体検知技術」を開発したと発表した。処理能力に制約が...

衝突のおそれがある車両をセンサーで検知し注意喚起する「サイトアラウンドモニター」や、周囲が暗くなると自動点灯する「オートヘッドランプ」などを標準装備した。... 運転手の姿勢や車両の動きを監視し、異常...

可燃性ガス、1台で検知 新コスモス電機が新モデル (2021/7/13 機械・ロボット・航空機2)

新コスモス電機は、携帯用ガス検知器の新製品「コスモテクターXP―3000IIシリーズ」を発売した。... 検知対象ガスは出荷時に最大5種まで設定する。設定外のガスについては検知した数値を基に濃度を算出...

清水建の早期火災検知AIシステム、木造建築にも効果 (2021/2/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

清水建設は物流施設の大規模火災を早期に検知するため、2019年7月に開発した早期火災検知AIシステム「火災検知@Shimz.AI.evo」が、国際標準化機構(ISO&#...

さらに高度な運転支援を行う先進運転支援システム(ADAS)や衝突回避支援、運転手の異常検知など安全性能を高めた車種が拡充した。 ... 一部車種の既販車を対象にソフト...

交差点右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者を検知対象とした予防安全パッケージを標準装備したほか、オプションでステアリング、アクセル、ブレーキを自動で制御する高度駐車支援システム「アドバンスト・パー...

理研計器/有害ガス検知器 30%軽量化 (2019/7/29 新製品フラッシュ2)

理研計器はマンホール・ピット作業用有害ガス検知器「GX―2100型」の受注を始めた。先端でガスを直接検知できる拡散式を採用し、従来比約30%軽量化した。... 検知対象ガスはメタン、酸素、一酸...

先端でガスを直接検知できる拡散式を採用し、従来比約30%軽量化した。検知対象ガスは、メタン、酸素、一酸化炭素、硫化水素の4成分。... 同製品は、マンホールに検知部を投げ込む。

より上質さを感じるデザインとしたほか、歩行者も検知する衝突回避支援ブレーキなどの安全装備を強化した。... 歩行者を検知対象とした衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」と、前後方向の障害物を検知す...

理研計器、2万時間連続使用可能なポータブル酸素モニター (2017/7/17 電機・電子部品・情報・通信)

検知対象ガスは酸素で、検知原理は隔膜ガルバニ電池式。検知範囲は0%から40・0%。

このため、薄板から厚板まであらゆるワーク(加工対象物)への対応が可能だ。... 検知にかかる時間は1件当たり3秒以内と短く、1時間で最大1200人を検査できる。... 検知対象は搭乗券...

量産向けのCO検知用センサーをモジュール化したのは同社が初めてという。... 同モジュールは電気化学式のCOセンサーを搭載し、COを検知するとセンサーに生じる微量の電流を増幅して電圧を測定する。......

同社従来品に比べガスを検知する感ガス部の面積を100分の1以下に低減し、消費電力は15ミリワットと約14分の1に抑えた。... 空気の汚れの検知用途で空気清浄機や空気清浄機能付きエアコン向けなどを見込...

主要レンズで前方の車や歩行者などを捉え、これに長距離を検知できる狭角レンズと隣接する車線の信号や車を映す魚眼レンズを加えて検知対象を広げる。... レンズ間に距離は必要ないため、2台のカメラの画像差で...

移動する対象物の表面をレーザー光でスキャンし、反射光の動きを電荷結合素子(CCD)で検知。対象物の輪郭をデジタルデータとして計測する。重量検知と組み合わせ、3D形状と密度の違いによって...

併せて道路の白線を検知してカーブなどを認識。... 検知対象が道路の白線のため、自動車専用道路などでの走行に限られるが「高齢者などでも熟練ドライバーのように運転できる」(同)。

勘定取引ごとにデータを蓄積し、口座の不正利用とおもわれるパターンを瞬時に検知する。 現金自動預払機(ATM)などの資金取引に限らない幅広い項目を検知対象としているのが特徴。また...

従来システムを進化させたもので、斜め前方から接近する車両をレーダーで検知し、衝突時に備える。... バンパーの下部に前方だけでなく斜め前も検知できるレーダーを設置。前方の検知対象角度を今までの20度か...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン