電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,316件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

教習所の紙原簿廃止 NECマグナス、業務効率化を支援 (2024/4/18 電機・電子部品・情報・通信2)

自動車教習所システム「e―ライセンス」の機能拡充となり、業務効率化と紙の原簿の廃止を実現する。 ... 指導員と教習生の教習内容の見える化や教習生からの声をデータ化することで、教習業...

インタビュー/スズケン社長・浅野茂氏 製造できる物流拠点稼働 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし2)

デジタル技術も組み合わせ、どこにどんな形で医薬品があるか可視化し、効率良くムダなくやろうと踏み出している。... 東京・大阪・名古屋では(物流センター設置で)支店を統廃合し効率化を進め...

Arch(アーチ、大阪市北区、松枝直社長)は15日、建設現場にある建設機械の点検表をデジタル化する安全管理ツール「Arch 安全セーフティ」を開発したと発表...

IT化や業務効率化における課題や悩みに対し、中小機構の実務経験豊富な専門家がIT化支援ツールなどを活用し、助言する。 具体的には、特定の業務を効率化するにはどのようなITツールが必要...

米グーグル、生成AI動画アプリを6月試験提供 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信2)

【ラスベガス=時事】米グーグルは業務効率化サービス「ワークスペース」で、生成AI(人工知能)を使って動画を作れるアプリケーション「Vids(ビッズ)」を6月から...

AGS、委託先の情報安全管理 クラウドサービス提供 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信2)

新サービスは委託元の事業者向けに提供し、委託先とのやりとりをインターネット上で完結し業務効率化を図る。これまでの調査・管理業務はエクセルやワード形式などの調査票を委託先とメールでやりとりするなど、煩雑...

テラスカイ、効率化・経営判断を支援 データ渡さず生成AI活用 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信2)

顧客情報などを容易かつ迅速に把握でき、業務効率化や経営判断を支援する。 ... 従来は情報漏えいが懸念となり生成AIを実業務で活用する例は少なかった。... 業務データを生成AIに渡...

EC配送、DXで効率化 三井物産は電子商取引(EC)業者から物流業者への配送依頼システム「プラスシッピング」を本格展開する。... ドライバー不足による輸送費上昇に悩...

従来は情報キュレーションに軸足を置いていたが、ゲームと投資事業を同等に成長させる」 ―23年11月に新規事業領域として業務支援サービス「ウデキキ」を始めた狙いは。 ...

YKK AP、調達見積もりDX化 交渉履歴を可視化 (2024/4/10 生活インフラ・医療・くらし1)

従来は非効率な業務フローでベテランのバイヤー個人に依存している状況が課題だった。デジタル化で業務負荷を軽減し、付加価値の高い業務にリソースを集中。... 生産本部工機技術部調達購買室の下風和秋室長は「...

業務効率化やスマート化推進、生産性向上が見込まれる事業を対象に、補助率2分の1、上限300万円で7件程度を採択する。

かんざしはホテルや旅館の業務効率化や人手不足解消のためのクラウドサービス、インターネットを通じた旅行商品の販売、地域観光プロデュースなど地方創生関連事業を展開している。

インタビュー/三菱ケミカル物流社長・相川幹治氏 (2024/4/8 素材・建設・環境・エネルギー)

化学品物流、DXで効率化 三菱ケミカル物流(東京都港区)は主に化学関連物流の課題解決に向け、デジタル変革(DX)を推進する。... 実務で実際に使って...

伊藤忠子会社でシステム開発を手がける伊藤忠テクノソリューションズ(CTC、東京都港区)などの知見とBCGの経営支援ノウハウを融合し、IT活用による業務効率化や事業価値の向上を提案する。...

科学技術の潮流(236)生成AIで医療の質向上へ (2024/4/5 科学技術・大学)

米国では、マイクロソフトやアルファベットなどのビッグテック企業が、医療に特化した大規模言語モデルの開発に取り組むとともに、電子カルテとAIを組み合わせる実証実験を行っている。... 日本においても、業...

ANAとJAL、グラハン職を相互承認 (2024/4/5 生活インフラ・医療・くらし2)

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は、地上支援業務(グランドハンドリング)分野の作業資格の相互承認を開始した。同じ事業者に業務委託している国内10...

水道行政は近年多発する自然災害への対応の強化や、上下水道の一体工事による効率化などの相乗効果を期待し国交省に移管した。... 国交省は新たな水循環の方針として、業務効率化による経営基盤の強化、災害に強...

NTT東日本栃木支店が伴走支援し、自立的に業務で飛行ロボット(ドローン)を活用できる体制を目指す。2024年度にドローン操縦など人材育成と業務への導入を予定する。... 業務効率化とコ...

不断 デジタル人財育成(40)オムロン 生成AIを自主的に使う (2024/4/3 電機・電子部品・情報・通信2)

「5年、10年先を考えた時、自分たちの業務を変えないと進化できないという強い思いを持っていた」。... 生成AI研修を受けた経営層が「使いこなす必要がある」と判断した背景はあるものの、現場レベルでも業...

LAND INSIGHT、南相馬の農業に衛星データ活用 (2024/4/2 中小・ベンチャー・中小政策)

衛星データ解析技術とデジタル変革(DX)に関する知識と経験を組み合わせることで、同市の農業行政業務の効率化を加速させる。... また、データ活用人材の育成などを通じて、行政と生産者双方...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン