571件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

しかし、戦後、急激に整備が進んだこれらのインフラは、50年が経過した今日、高経年化を一斉に迎え、構造体の劣化に点検と補修が追いつかなくなり、事故発生リスクの拡大が予測される。 ...

リケジョneo(185)積水ハウス・片岡奈々美さん (2022/5/23 ひと カイシャ 交差点)

また、モノづくりや数学が好きで、建築の設計や構造の研究に興味を持ちました。 ... 現在の仕事で住宅空間の視点から構造体を考えるときなど、構造、設計両方の経験が役に立っていると感じて...

同社のフジツボ除去システムは、画像解析技術とエッジコンピューティングを搭載した自立制動型の水中ドローンを用いて海洋構造体に付着したフジツボを除去する。

リケジョneo(182)JR貨物・大川未希子さん (2022/4/25 ひと カイシャ 交差点)

このため高炉スラグ微粉末を使用し、構造体コンクリートの強度発現性や収縮挙動などについて研究しました。

多層CNTはグラフェン(六角形の格子状に並んだ炭素原子がシートのように連なった構造体)が層状に重なって管のように丸まったもの。

アミノ基を持つTAPBと無水カルボン酸を持つNTCDAを交互に真空蒸着して共有結合性有機構造体(COF)の薄膜を作る。

これは、質量が大きい炭素イオンの輸送や方向制御に、大型の電磁石とそれを支持できる回転構造体が必要となり、回転ガントリー照射装置が普及しなかったためである。 ... (木曜日に...

一辺24ミリメートルのシリコーン製キューブの内部に格子状の構造体を入れて変形の仕方を決める。... このキューブを連結して内部の空気を抜くと、キューブが小さくなると同時に内部の構造体に応じて変形する。...

エネルギー貯蔵デバイスの電極材料や燃料電池触媒担体の開発につながる。 ... 亜鉛を含む金属有機構造体(MOF)を1000度Cまで昇温して作る。... その...

3次元網状繊維構造体「ブレスエアー」の新グレード。... ブレスエアーは東洋紡の熱可塑性ポリエステル系エラストマー「ペルプレン」を繊維状にし、立体的に接合した構造体。

鹿島など、短工期で大空間ドーム PVC膜工法開発 (2021/12/28 建設・生活・環境・エネルギー)

鹿島は米ドーム・テクノロジーと技術提携し、多様なドーム型構造体が構築できる「KTドーム」工法を開発した。工場で製作したドーム型ポリ塩化ビニール(PVC)膜に空気を送...

ノーベル賞が有力視される藤田誠東京大学卓越教授らは複雑な構造を持つ分子でも簡単に構造を解ける「結晶スポンジ法」の社会実装を目指す中で、企業への技術提供や共同研究を推進。... 結晶スポンジ法は、分子が...

PCa現場受け入れ検査、部材識別にRFIDタグ 三井住友建が運用開始 (2021/12/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

超高層マンションなどの主要構造体で用いるPCa部材の生産管理に、無線識別(RFID)タグを活用し、部材の生産管理情報を製造工場から建設現場まで一括管理できるようにした。

清水建、特定領域に音声情報 音場制御システム開発 (2021/12/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

一方、スピーカー音声を反射させる音響調整板は複数の曲面パネルを並列に配置した反射構造体で、アナウンス音声を届ける領域に応じて、同調整板の設置角度・パネルの配列方向を調整し音波が広がる方向や範囲をコント...

クボタ、京大発の素材企業に出資 MOF活用目指す (2021/12/8 機械・ロボット・航空機2)

クボタは、新素材の金属有機構造体(MOF)を手がける京都大学発スタートアップ、Atomis(アトミス、京都市上京区)に出資した。

理化学研究所のポン・リソン基礎科学特別研究員、于秀珍チームリーダーらは東京大学と共同で、電子スピンの渦状の磁気構造体「スキルミオン」を電流により室温で動かすことに成功した。

JFEスチールは11日、スズキとの電気自動車(EV)関連の先行開発で、バッテリーを衝撃から守る構造体の軽量化に独自の設計手法を適用できるめどが付いたと発表した。 &#...

花王、CNF利用の防汚剤技術 食虫植物の潤滑構造に着目 (2021/11/2 素材・医療・ヘルスケア1)

塗布すると、対象面にこの毬のような構造体が積層した膜をつくり、付着物が滑り落ちやすい状態になる。

保険償還価格は入れ歯をつなぐ磁石「磁石構造体」が7700円、歯茎に埋め込む根面板の上に設置する磁石「キーパ」は2330円。 マグフィットMは保険適用に向けて保険診療の術式に対応するた...

材料を構成する結晶(原子が規則正しく配列した固体)の塊の中のマイクロサイズのサブ構造や、それらの境界などのわずかな模擬照射領域中における材料特性の変化を直接測定できる画期的な技術だ。....

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる