2,083件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

立体曲面に電子回路が組み込まれた車載パネルなどの構造物は、立体的に成形した樹脂に部品や配線を取り付けることで製造している。

清水建、3Dコンクリプリント装置 来春柱型枠に適用 (2020/11/30 建設・生活・環境・エネルギー)

また、海外製の材料押し出し型3Dコンクリプリント装置は、型枠のような薄い構造物を造形中に崩れやすい欠点があった。

インフラRC構造物、高精度3Dモデル生成 清水建がドローン活用 (2020/11/27 建設・生活・環境・エネルギー)

微細なひび割れなどの損傷情報を正確に反映した構造解析モデルが自動生成できるシステムで、RC構造物の劣化予測技術の高度化が狙い。 開発したシステムは、高解像度カメラ2台とレーザー計測(...

トプコンと大和ハウス、建設現場のDX推進で連携 (2020/11/26 機械・ロボット・航空機1)

トプコンは大和ハウスとの協業で、ビルや一戸建て住宅、物流センターなどの建設構造物の知見を蓄積できる。

こうした大規模施設を生かし、現在は海洋・鉄鋼など幅広い分野の構造物を手がける。 ... 構造物は100トン超の大型のものも多い。... 安全の確保を最優先に、大型構造物を吊る際は「重...

豊田自動織機が13日に開幕する「第58回技能五輪全国大会」の構造物鉄工職種に、初の女性選手を送り出す。... 1枚の鉄板から意味のある構造物を作り出すダイナミックさに憧れ、同職種を選んだ。... 構造...

NEXCO中日本、グリーンボンドで最高評価 (2020/11/10 建設・生活・環境・エネルギー2)

調達資金は、高速道路の橋に凍結防止剤を散布して床版劣化を抑える防水工事、のり面構造物を長期安定化するリニューアル工事、新設高速道路の排水性を高める舗装工事などの事業に充当する。

クラボウ、繊維基材拡販 EVなど軽量化向け (2020/11/3 素材・医療・ヘルスケア)

EV向けの軽量化部材やゴルフのシャフト、ヘッドなどスポーツ用品向け、橋などの構造物に用いられている鉄ワイヤの代替用途などを想定。

折り畳み機構で太陽電池パネルやパラボラアンテナなど大面積構造物へ応用できる形状を探る。対角線に引っ張ると縦横へ全体が広がる「ミウラ折り」構造を厚みのある板に採用したときの収納と展開の性能を2台のカメラ...

第50回日本産業技術大賞 11月1日募集開始 (2020/10/30 科学技術・大学)

【候補の対象】2020年中に完成、または成果をあげた技術のうち(1)産業の発展に貢献度の高い大型産業設備、構造物の開発(2)独創的・画期的で産業・社会に変革をもたらしたソフトウエア、システム、技術の開...

自動車や電車など複雑形状の薄板の構造物で応用を見込む。 ... 同技術は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで新構造材料技術研究組合から委託され開発した。&...

国内各地のインフラ構造物の老朽化が進む中、点検や維持、管理は高度化と効率化が欠かせない。... AIでインフラ構造物の点検・管理の効率化に取り組む企業は数多い。... 揺れやすい橋のように、精度の高い...

双日は、炭素繊維製構造物メーカーの米アイソトラス(ユタ州)に出資した。... ねじれや曲げへの強度が実現できる格子状の構造物を独自設計し、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)など、複合材料を用いて通信...

石油化学プラントなどの高所配管、タンク側板、煙突などの大型鋼構造物を対象に月間2件の受注を目指す。 ... マグネットローラーで対象物に吸着し、配管では軸方向に移動し板厚を測定する。

戸田建、大型コンクリ解体で新工法 通電加熱で破砕容易に (2020/10/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

同工法は、鉄筋コンクリート構造物の鉄筋を直流電源で1000度C以上に通電加熱し、コンクリートにひび割れを生じさせて解体を容易にする仕組み。

戸田建、コンクリ構造物を無振動切断 水素系混合ガス工法 (2020/10/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

水素系混合ガスと酸素を特殊な金属粉と混合した上で燃焼し、コンクリートを融解させて構造物を切断する。... 同工法は、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造、コンクリート充填鋼管(CFT)造などのコ...

さらに、航空機、宇宙構造物、鉄道、モバイル機器、スポーツ用プロテクターの5つの分野を取り上げ、それらの耐衝撃設計へのアプローチ事例を紹介する。

大成建設など3社、地盤注入改良材を開発 コスト20%低減 (2020/10/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

地震時に生じる液状化や地下工事で地盤沈下や変形などが予想される場合には、構造物や施設への影響を低減させるため、事前に地盤改良を実施している。

歩きながら鉄筋結束 マックス、初の両手持ち機 (2020/10/6 機械・ロボット・航空機1)

両手で持った際にバランスを保つ設計で、立ち姿勢のまま歩きながらコンクリート構造物の床面鉄筋結束が可能。

同モデルは東大の最新研究成果や国内外の研究機関が収集・整備している波浪データや事故データに加え、損保ジャパンが培ってきた自然災害・構造物に関するリスク分析技術を融合して構築した。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる