電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

241件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

重要な案件については特許と意匠権の両面で権利化するなど対応の強化策が功を奏し、「模倣や係争の事例が発生していない」(同)。今後も、事業の成長への寄与度などを検証した上で権利化を進めてい...

顧客の都合に合わせる必要はほとんどなく、各自のペースでアイデアを具現化でき、休日なども自由に取得しやすい。... 研究成果を独自で実用化して事業展開するため、特許を30件以上出願している。特許の権利化...

すでに宮崎県内の特許事務所から、専門でない意匠の権利化や侵害性判断、外国出願の依頼を受けているという。... 特許や意匠、商標の権利化業務を手がけ、特に意匠分野に強い。

特許庁は審査官同士の意見交換を活発化し、判断の均質性を高めるほか、出願人から技術説明を受ける面接審査を強化する方針だ。 今後もユーザーとのコミュニケーションを通じて、特許などの権利化...

研究成果の権利化を目指す場合、初期段階から戦略を策定し、特許出願に必要な実験などを行うことが重要。特許庁が派遣した知財戦略デザイナーと研究支援者によるチームが権利化されていない研究成果を発掘。共同研究...

「共同開発により多くの知的財産の権利化を目指している」と知財面での支援効果を実感する。

一方、標準規格に採用される技術は、特許として権利化され得る技術でもあり、特許権者は、当該技術(発明)の実施を独占することも可能である。... このような事情から、標準規格を定める標準化...

「中小向けでは、知財金融や外国での権利化支援を進める。

同社のデジタルコンテンツ・知的財産の権利化、NFTの市場運営ノウハウと三菱UFJ銀行の顧客網を活用し、NFT市場拡大を目指す。

「弁理士は顧客となる企業から依頼された発明やデザイン、ブランドを出願から権利化まで一貫した知財戦略の業務を手がけるのが強み」と説明する。

日本デザイン保護協会を1日付で吸収合併して事業を承継し、他社の意匠権や権利侵害の予見を得るための情報を収集する。... デザインの具体化や新製品の開発には、既存のデザインとの類似などを確認する必要があ...

このほか、ブランドの背景にあるストーリーを顧客に伝える「ブランド戦略」や、特許を取得して発明を開示するか、もしくは権利化せずに秘匿するかなど「オープン・クローズ戦略」で自社の利益につなげている事例を取...

眠ったままの特許であったり、せっかくの技術が権利化しないままだったりする。... 新規顧客に『この技術はすごい』と(技術を権利化して)示せないと、新規事業の成功は難しい」 &#...

特許取得に向けた支援に加え、取得済みの特許の収益化や営業活動の助言も行う。... 権利化できていない優れた技術も保有している場合もあり、権利化できる技術を洗い出し、特許出願できるようにする。 ...

特許庁は商品の文字や図形などを表す「商標」を早期権利化する審査制度「ファストトラック審査」で出願人向けの支援ツールを10日から提供する。... ファストトラック審査は、商標の権利化を出願から審査結果通...

知財戦略の策定からコア技術の見極め、改良、さらには出願、権利化といった一連の流れを中長期的に後押しする。... 一方でグローバル競争が激化する中、製品やサービスの高付加価値化を通じた差別化策や、オープ...

環境対応としての電動化にも取り組んでいる。 農業現場の高齢化や労働力不足の問題を解決するには、生産性向上が不可欠だ。... 将来の社会環境や事業の実現性を加味しながら社内で審査し、実...

大分県信組と県発明協が連携 (2021/8/5 西日本)

県内の中小企業の知的財産の利活用を促進し、地域経済の活性化のための協力体制を整える。 ... 両者の協力で知的財産の権利化を進め、企業価値の向上を目指す。

これにより、国内外の企業の特許の迅速な権利化を進めビジネス展開を後押しする。

知財戦略最前線(23)KDDI 非通信分野 (2021/7/19 モノづくり)

権利化で技術囲い込み KDDIは主力の携帯通信事業で国内外の通信会社や機器メーカーと技術を共有し、標準化を進めている。一方、成長領域に位置付けるIoT(モ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン