849件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.027秒)

機械への置き換えは難しく、機械化のためにあんを硬く調整するのは本末転倒で、御座候の味でなくなる。... グローバル化への反動もあり、その動きは世界的にこの先10―20年のスパンでますます加速するだろう...

少子高齢化などにより製造業で熟練技能者の減少が深刻化する中、工作機械業界で機械の自動化を進化させる技術開発が加速している。工作機械による高付加価値な加工の実現に向けて、計測や人工知能(AI)などの先進...

当時の日本国内では農作業の機械化が進みつつあった。... これらの状況に対応すべく、日工は従来の土農工具を主軸とした事業からウインチやコンクリートミキサーといった建設機械の製造販売事業に乗り出した。&...

文部科学省は教育や科学技術などの各分野のデジタル化の方向性を示した「デジタル化推進プラン」を取りまとめた。... ソフトとハードの両面から各分野のデジタル化に向けた取り組みを加速させ、世界との競争力の...

クボタ、イスラエル新興に出資 果樹の画像診断技術導入 (2020/12/10 機械・ロボット・航空機1)

クボタはこうしたノウハウを持ち寄り、穀物栽培に比べて遅れている果樹栽培での機械化などへの活用を目指す。

約1トンにのぼる大型トランスも製造の徹底した機械化により品質と短納期を誇る。 ... 構成要素が極めて少ない分、競合他社との差別化が難しい製品だ。 ... 一方、大...

このように、人手不足が深刻化し、機械化が遅れ、高コスト体質化が否めない状況の中、全産業におけるロボットの導入数年間約5万台中、食品製造業では約1000台と、ロボット導入が遅れているのが現状である。&#...

「当社が専業とする主軸30番の工作機械は高速、低コスト、省エネルギー。... 今後は機械化・デジタル化を進めなければ事業がうまくいかなくなる。... 「当社のお客さまは工作機械を設計している方だが、J...

「今は機械のボタン一つでモノができる時代だが、昔は身体を使って手作りしていた。... ただ、新分野は社内で機械化されておらず、手作業が必要になる。

事業承継ストーリー(70)日成工業 規模小さくとも、中身濃く (2020/11/10 中小・ベンチャー・中小政策)

【高精度機器導入】 当時の日成工業は同業他社がマシニングセンターを導入し、機械化を進める中、彫刻機で仕事を請け負っていた。... 08年には5軸マシニングセンターを投入し、微細加工の...

RAINBOW 細胞培養で再生医療 北海道大学脳神経外科で生まれた「自家骨髄間葉系幹細胞(MSC)製品」技術の実用化に向け2019年、会社を発足した。... 同時にこれまで手作りだっ...

加工用トマト安定調達 カゴメ、AI活用し営農支援 (2020/10/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

カゴメの営農支援サービスは、センサーや衛星写真で作物の生育状況や土壌の状態を可視化し、水や肥料の量・時期を提案する。... 衛星写真などによる農地の可視化では、解像度の問題から、1ヘクタール以上の農地...

キユーピーの総菜盛り付け作業ロボ、日機連事業に採択 22年実現 (2020/10/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

キユーピーは30日、日本機械工業連合会の「革新的ロボット研究開発等基盤構築事業」に、総菜盛り付け作業ロボットの研究が採択されたと発表した。... 総菜の盛り付け作業は食材の形などもさまざまで、見た目や...

小田裕一さん(55)の仕事は、一貫して各種機械部品の熱処理加工だ。... 機械化・自動化の進展は熱処理工程でも例外ではない。しかし、だからといって機械がベストの結果を導くわけではない。

【札幌】ニッコー(北海道釧路市、佐藤一雄社長、0154・52・7101)は、食肉加工場での袋詰め作業を自動化する「オートバッガー=写真」を発売した。... このため、人手不足や高齢化により機械化が求め...

装置の全長を、従来の6メートルロックボルト専用装置より約1・5メートル短くし、機械化と狭い小断面での機械施工を可能にした。 ... 同装置の採用により、掘削からモルタル充填、ロックボ...

【名古屋】医学生物学研究所は主力の臨床検査薬を生産する伊那研究所第二生産棟(長野県伊那市)で、人手による工程の機械化を進める。... 同社唯一の生産拠点で生産性の向上や供給の安定化を図る。 &...

鉄道の安全・安定運行に欠かせない保守作業で働き手が不足しており、人材確保のために労働環境改善や、工事の効率化が急務となっているためだ。... 専門性や習熟度が求められ、高齢化も著しい。... より少な...

きさげは機械化が困難で技術者も減少の一途にあり、使命感に燃える講師との二人三脚で技能の継承を目指す。(川越支局長・大橋修) 【体全体で削る】 機械部品では可動部の平...

その一方で、機械化でできた時間を使い和牛肥育を始める農家が東北部で急増している。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる