30件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

次期エネルギー基本計画の素案が示され、国は再生可能エネルギーを主力電源とする方針に大きくかじを切る。... ある段階に来たらエネルギー革命に直結する分野に焦点を絞るべきではないだろうか。... 明確に...

ガス協会長、次期エネ基「天然ガス明記を」 (2021/7/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本ガス協会の本荘武宏会長(大阪ガス会長)は20日会見し、大詰めを迎えている次期エネルギー基本計画の中で、天然ガスをSプラス3E(安全性、安定供給、経済性、環境)の観点から主力エネルギーに位置付けるよ...

「エネ基に石油の重要性明記を」 石連会長 (2021/7/19 建設・生活・環境・エネルギー)

石油連盟の杉森務会長(ENEOSホールディングス会長)は、次期エネルギー基本計画について「議論の中心は原子力と再生可能エネルギー。... 「8年でエネルギー転換は無理。30年目標は省エネの深掘りや再生...

経済産業省・資源エネルギー庁は13日、2030年に国内の再生可能エネルギーの導入量を3120億キロワット時(発電電力量)とする見通しを示した。現行のエネルギーミックス(電源の最適組み合わせ)水準で、1...

福井県の杉本達治知事は梶山弘志経済産業相と会談し、エネルギー政策に関する要望書を手渡した。... 要望書は次期エネルギー基本計画での原子力発電に関する位置づけの明確化や中間貯蔵施設の福井県外での立地に...

ただ、国がこの夏に改定する第6次エネルギー基本計画では新増設やリプレースの方針がどの程度盛り込まれるか見通せず、議論の進展を待たざるを得ないのが実情だ。 ... 世界は運転延長の流れ...

多田氏は原子力発電所立地での地元への折衝などエネルギー政策で手腕を発揮した。後任の官房長には次期エネルギー基本計画策定のキーパーソンである飯田祐二資源エネルギー庁次長(58=昭63)が就く。... 1...

日本商工会議所と東京商工会議所は今夏に改訂する次期エネルギー基本計画の見直しを巡り、原子力発電の早期再稼働や新増設、リプレース(建て替え)が急務などと盛り込んだ意見書をまとめ、20日に日商の広瀬道明特...

次期エネルギー基本計画の根幹となる2030年度の電源構成をめぐり、太陽光などの再生可能エネルギーと原発を合わせた「脱炭素電源」の比率を6割程度に上積みする方向で経済産業省が検討に入ったことが分かった。...

50年の電源構成比率を再生可能エネルギー54%、原子力10%、水素・アンモニア13%、CCUS(二酸化炭素〈CO2〉回収・利用・貯留)・火力23%にした場合、20年の試算値に比べ50年には電力コストが...

現状では国際的な潮流からかけ離れている」 ―政府は次期エネルギー基本計画を検討中です。 「次期計画では30年の目標だけでなく40年の意欲的な目標も設定すべきだ。現在...

人口減少下で進めるコンパクトシティー政策に、小規模エネルギー網のマイクログリッドを明確に位置付け、再生可能エネルギーの活用と災害対応を両立させるなど、省庁を超えた政策を進めるべきだ。次期エネルギー基本...

また、電源構成との整合性など次期エネルギー基本計画とのすりあわせは不可避だ。... 発言の念頭にあるのが、現在策定中の次期エネルギー基本計画との連動だ。... ただ「エネルギー基本計画の議論が終わらな...

中でもエネルギー由来の排出削減をいかに進めていくかだ。 ... 再生可能エネルギーの拡大を急がなければならない。... 次期エネルギー基本計画で原発の位置付けを明確にし、脱炭素の切り...

経産省は2011年の東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故を受け、東電改革の具体的な計画を検討する「東京電力改革・1F問題委員会」を16年に設置。... エネルギー政策に精通する小林氏の登用は自...

政府が今夏に策定する次期エネルギー基本計画に盛り込まれるとみられる。 現在のエネルギーミックス(電源の最適組み合わせ)の発電総量1兆650億キロワット時の1%程度となる147億キロワ...

エネルギー基本計画 30年に再生エネ40―50%、国内92社が声明 (2021/1/19 建設・生活・環境・エネルギー)

アサヒグループホールディングス(HD)やソニー、パナソニックなど92社は18日、2030年の電源に占める再生可能エネルギー比率を40―50%にするように求める声明を発表した。21年中に策定される国の次...

にっぽん再構築/エネ各社、技術革新に挑む (2021/1/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

ガス体エネルギーや燃料の二酸化炭素(CO2)排出ゼロも重要となる。... 30年代前半に混焼率20%、40年代に専焼化を始める計画だ。 ... 21年半ばまでに策定される次期エネルギ...

再生可能エネルギーの導入拡大と、安全確保を前提とした原子力政策の推進で、エネルギーの安定供給を確保するという。... エネルギーコストの増大を警戒する声が、産業界で強まりそうだ。... 具体策の検討は...

川重参加の褐炭水素プロジェクト、20年代半ば商用化実証 (2018/4/12 機械・ロボット・航空機1)

豪州に埋蔵する未利用エネルギーの褐炭から水素を製造し、貯蔵・輸送・利用まで一体となった液化水素サプライチェーンを構築するもので、2020年代半ばまでに商用化を見据えた実証を実施する計画。... 政府が...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる