電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

238件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

水田の雑草をAI検出 ナイルワークス、除草場所ひと目で判断 (2024/4/9 機械・ロボット・航空機1)

ナイルワークスでは、今回開発したAI技術を使って、生育分析や病害検出、気象データを生かしたシミュレーションを組み合わせた収量予測も行う。

飛行中の被雷リスク減 ZIPAIRなど連携、気象情報利用 (2024/3/15 生活インフラ・医療・くらし1)

4月以降、通信量が制限されているコックピット内の通信環境下で最新の気象情報を確認できる新技術の運用を開始する。... 容量の大きい3次元(3D)の気象データを大幅に軽量化し、コックピッ...

気象データを利活用 東芝デジタルSOL、マレーシアと協業検討 (2024/3/13 電機・電子部品・情報・通信1)

東芝デジタルの気象データ解析技術を活用し、同国での実証実験のほか、防災や交通、農業などでの活用を検討する。... 東芝デジタルでは気象レーダーから取得した観測データを高精度にリアルタイムで解析する気象...

栽培履歴や人工衛星の気象データを組み合わせて、肥料や水の投入量を最適管理しながら収穫量の拡大やコスト削減につなげるシステムを南米や東南アジア地域に展開する。... 対象作物をこれまでのトマトに加え、サ...

世界や地域で活躍する中高生などを育てるほか、東大の気象データを使い、地域の振興や防災・減災などの課題の解決を目指す。 東大先端科学技術研究センターの「地域気象データと先端学術による戦...

NEC、余剰電力を自己託送 千葉事業場から本社へ (2024/2/6 電機・電子部品・情報・通信1)

今回の自己託送の運用では、NECが独自開発したAIを用いることで、事業場内での消費電力の実績データや将来の気象データなどから高精度に発電量や電力消費量を予測し、さらに蓄電池設備と組み合わせることで高度...

ナイルワークス、葉物野菜の収穫日予測 年内にサービス開始 (2024/1/29 機械・ロボット・航空機2)

ドローンによる農薬や肥料散布に加え、畑の撮影画像や気象データなどを人工知能(AI)を活用して分析し、作物の最適収穫日なども予測する。... 同社の社員が初回に畑などを訪れて地形データや...

上手く使おう雪資源・・・観光ブランドに (2024/1/8 科学技術・大学)

さらに、気象予測モデルを組み合わせることで数時間先までの予測を可能にし、雪崩管理に必要な情報を共有するシステムを試験的に構築。... 滑り手に満足度や滑った地点に関するアンケートを取り、その時の気象デ...

ライダーで水蒸気量や気温、風速、風向きの鉛直分布を観測する技術を開発し衛星データなどとの統合気象データを作る。同データと過去の気象情報をAIが深層学習し、河川流域内の降雨量や洪水予測の有効性を検証する...

30日に提供を始める「スペクティ・サプライチェーン・レジリエンス」は、世界中で発生した自然災害や事故、地政学リスクを会員制交流サイト(SNS)、気象データ、警報、ローカルニュースなど多...

培ってきた水中音響技術やセンサーなどを活用し、31年をめどに海洋センシングデータを集めて利活用する海洋データプラットフォーム(基盤)の構築を目指す。... 屋上に設置した太陽光パネルで...

気象学的な統計データを見なければならないが、東京都の資料にはそれは全くなかった。 気候変動の影響だとして、気象データではなく異常気象を列挙したり、経済データを持ち出したりといった誤り...

産総研が車両の速度や走行距離、運行の軌跡、蓄電池、充電設備の設置場所などのデータを受け入れる予定。運行管理と一体的なエネルギー管理を念頭に置いており、収集するデータを増やして、同システムの研究・実証を...

河川や気象情報をデジタル地図上で示す地理情報システム(GIS)プラットフォームを活用し、リアルタイムの気象を地図に反映してダッシュボードにして示す。... 今後は防災科研の研究成果を活...

このようなリアルな実世界のデータは、従来のデータに代わる新たなデータソースという意味で「オルタナティブデータ」と呼ばれる(図1)。... また膨大な実世界の情報には、非定型データやこれ...

気象データを安全対策に生かしたい建築現場やレジャー産業、生産性向上に取り組む農業など幅広い需要を見込み、2023年度内に500台の販売を目指す。 ... データは1分ごとにクラウド上...

東芝デジタルソリューションズ(川崎市幸区、岡田俊輔社長)と三井住友海上火災保険は26日、東芝デジタル独自の気象レーダーデータ解析システムを用い、三井住友海上の自動車...

気象観測技術は大きく進化したが、今もメカニズムが不明な気象現象は多く、早期の予報や精度向上の妨げとなっている。... 雲中の雨粒を直接見ることができる他にはない装置が、気象現象解明や気象モデルの精度向...

気象レーダーの観測データを東芝独自の解析手法によって即時に処理する。... 今後、雨や雪、あられ、雹(ひょう)などをリアルタイムで判別する「粒子判別サービス」や風の強さを広範囲で検知す...

日本気象協会、予測モデル刷新 高精度で防災・減災に貢献 (2023/4/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

高度データ提供、ビジネス支援 日本気象協会は、あらゆるサービスの基盤となる気象予測モデルを約10年ぶりに大規模刷新した。... 激甚化する気象災害の防災や減災に貢献するほか、高度な気...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン