43件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

日本無線、次世代気象レーダー開発 80km圏内30秒で観測 (2021/1/27 電機・電子部品・情報・通信)

パラボラアンテナ型の5分間隔よりも短い時間間隔で観測できるため、ゲリラ豪雨や竜巻など短時間で急速に変化する気象現象の観測に役立つ。... 次世代気象レーダーで用いるフェーズドアレイアンテナは、複数の細...

特殊な気象環境から航空機を守るため、気象影響防御技術(WEATHER―Eye)の研究開発への取り組みを2015年から開始するとともに、16年からは産学官でコンソーシアムを結成しオールジャパン体制で研究...

天候デリバティブ商品は、あらかじめ契約で定めた指標と実際の気象現象によって生じた指標との乖離(かいり)分に応じて金銭の受け取りを行う金融商品。

理研の最前線(68)植物の力、最大限生かす (2020/6/29 科学技術・大学)

【温暖化へ懸念】 このところわが国では猛暑や豪雨、竜巻など気象現象による災害が頻発しており、誰の目にも気候変動が顕著になっている。地球規模で進む急速な温暖化は、目に見える気象現象にと...

風の観測データを得るための貴重な手段であるWPRは、気象現象の把握および予測を行う国内外の気象機関に利用されている。 小さい空間・時間スケールで発生する極端気象現象(ゲリラ豪雨や竜巻...

発見した筋状や粒状の模様は雲の中で生じている未知の気象現象の現れと考えられる。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は25日、温暖化による海洋の温度上昇によって極端な気象現象が頻発すると予測する報告書を公表した。

近年、台風や暴風雨、大雪、ゲリラ豪雨などの気象現象により我々の日常生活が深刻な影響を受けることが珍しくない。... ひまわり8号はこれまでの気象衛星では考えることができなかったビッグデータ気象衛星とな...

土砂災害の前兆現象をセンサーで計測し、より切迫性のある情報として出す、といった仕組みが必要だ」と主張する。 ... 現在は、斜面に異変があった時点での通知だが、設置数を増やしてビッグ...

各国の航空気象関係機関と気象庁で、3月6日に東京で開く長官級会合で正式に発足させる。 積乱雲の発達や乱気流、火山灰情報など航空機の安全運航に影響する気象現象は、飛行情報区ごとに指定の...

日本気象協会は、飛行ロボット(ドローン)の安全運航のための気象情報提供を目指し、24―26日に福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で、ドローン向け気象情報のデータ連携の実証試験を行う。あわせてド...

災害に対するレジリエンス(復元力、強靱(きょうじん)さ)が求められており、研究機関は気象現象を高精度に観測して防災に役立てるため、最新のレーダーを使った技術開発を進めている。... 「最強の気象レーダ...

ひまわりの進化は気象現象の高精度な観測を実現してきたほか、民間気象会社のサービス向上といった好影響を与えた。... 静止気象衛星として世界初のカラー画像を観測できるようになった。 ....

【千葉】ウェザーニューズは、ゲリラ豪雨などの急な気象変化の予測精度向上のため、新型の気象観測用マルチビームレーダーを開発し、カナダのナノウェーブ・テクノロジーズ(トロント)と201...

ゲリラ豪雨などの局所的な気象現象の予測精度の向上が見込める。 ... 水蒸気量の推定値を天気予報の数値予報モデルに導入して解析すれば、ゲリラ豪雨など都市部の局所的な気象現象の予測精度...

このままでは予測結果との比較検証が十分と言えず、根本主任研究員は「多くの場所でリアルタイムに気象現象を計測する技術などを持つ企業と連携したい」としている。

海洋研究開発機構地球情報基盤センターの佐々木亘研究技術専任スタッフらは、エルニーニョ現象や台風などの引き金となる「マッデン・ジュリアン振動(MJO)」に伴う気象現象をシミュレーションで再現することに成...

【千葉】ウェザーニューズはエアロセンス(東京都文京区、谷口恒社長、03・4405・8535)と協力して、飛行ロボット(ドローン)を使った気象観測に乗り出す。エアロセンスが全国8カ所で運航するドローンに...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、全日本空輸や富士重工業、気象研究所、大阪大学など17機関と締結した「気象影響防御技術の研究開発に関する連携協定」の内容を発表した。... 気象に関わる専門家や滑...

まず、大阪大学大学院工学研究科の牛尾知雄准教授が「突発的気象現象のメカニズムと予測」と題して、雷放電の種類や観測技術を紹介(写真)。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる