電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

166件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

水への溶けにくさは錯体形成に重要で、イオン半径が大きいイオンは水分子を伴わず吸着する内圏錯体を形成して粘土鉱物に強く吸着する。小さい場合は水分子を伴う外圏錯体を作り吸着は弱い。

光化学系Ⅱは光のエネルギーを使って水分子から水素イオンと電子、酸素分子を取り出し、光合成の次のプロセスに渡す。... 光化学系Ⅱに閃光を2回当てて1マイクロ秒(マイクロは100万分の1)...

メタンハイドレートは水分子の作るカゴ状構造にメタン分子が閉じ込められた形をしており、見た目は氷のような物質である。

ここに水分子が入り込むと酸素が引き抜かれて、残ったプロトンが伝播する。

この条件では水分子は高圧氷Vという単斜晶を作る。

パテンティクスは一般的なミストCVD法を改良し、効率的に水分子の集合体を使いエピ成長できるようにした。

この反応では水分子が生じて反応を止めてしまう。

一方、水中ではごく一部の水分子がH(水素)とOH(水酸基)になって分離する。... 冒頭に述べた水分子の「自己解離」が起こる確率を従来の第一原理シミュレーションで計算す...

この酸素空孔に水分子が取り込まれると、酸素原子が引き抜かれる。

中部電など、再生医療・細胞凍結で連携 27年度実用化へ (2023/6/1 生活インフラ・医療・くらし)

磁力や電磁界、温度を下げる速度を調整することで水分子の膨張を抑え、細胞の破壊を防ぐ。

高分子の間で水分子が水素結合を切り替えながら移動する様子を再現できた。... PMEAと水分子と、水分子同士の水素結合の寿命を計算した。 PMEAのメトキシ基と水分子の結合寿命は約1...

氷の中に入れる異分子が水分子と相互作用し、結晶の安定性を高める。

ゲル内部の高分子鎖と周囲の水分子が引き合う力を数理モデルに取り入れて計算した。

プロトンは結晶格子の隙間に水分子の酸素が捕えられ、酸化物イオンとプロトンが水酸化物イオンとなって結晶中を伝わる。元素置換で結晶格子の隙間がふさがると、水分子の捕捉を防げプロトン伝導性が下がる。 ...

クライオ電子顕微鏡ではたんぱく質の構造は求まるが、水分子の位置が分からない。... 水分子の配置が明らかな2145個のX線結晶構造解析モデルをAIに学習させた。... たんぱく質内部などの活性部位の水...

氷の水分子のカゴ構造の中に分子を入れて氷を安定化する。

吸着材を70度Cに加熱すると水分子が放出され、150度Cまで昇温するとメタノールが放出される。

環状ケトンの酸素に水分子から取り出した水素を付加して環状アルコールとする。

MPCの側鎖は水素結合などの効果で丸まり、疎水的な部分が露出して周囲の水分子と疎水性水和を起こす。

中部電が持つ磁力技術を組み合わせ、磁力と電磁界で水分子を整列させてマイナス35度Cの冷風で冷凍するのが特徴。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン