電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

13件中、1ページ目 1〜13件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

世界中にある波長3・5ミリメートル帯の電波望遠鏡をつなぎ仮想的な巨大望遠鏡を作る「グローバルミリ波VLBI(超長基線電波干渉法)観測網(GMVA)」を活用。... 従来...

「国立天文台水沢VLBI観測所(岩手県奥州市)と共同で、光格子時計が地殻変動を捉えるのに応用できるか12月中旬ごろからデモンストレーションする予定。... 重力の大きさは時間に影響する...

東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ(山梨県韮崎市、佐々木貞夫社長)はブラックホールの画像化に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所(岩手県...

ブラックホールの研究を進める国立天文台水沢VLBI観測所(岩手県奥州市)は、若手研究者の支援に向けたクラウドファンディング(CF)を始めた。... 水沢VLBI観測所は...

「望遠鏡に異常はなく、すでに観測に復帰させている」と語るのは、水沢VLBI観測所所長の本間希樹さん。... 本間さんが所属する観測所は岩手県奥州市にある。「地震発生時は揺れが強く驚いたが、観測所では急...

真空展では19日に吉川真JAXA宇宙科学研究所「はやぶさ2」プロジェクトミッションマネージャによる「小惑星探査機『はやぶさ2』の挑戦とその成果」、11月5日には本間希樹国立天文台水沢VLBI観測所所長...

国立天文台水沢VLBI観測所所長の本間希樹教授は「宇宙分野が2年連続で受賞したことはうれしい。

岩手県奥州市にある水沢VLBI観測所の所長に就任して5年がたつ。... 現在、水沢VLBI観測所の予算が2019年度よりも半減し、運営が厳しい状態に直面している。先人の知恵を生かし、所長として観測所で...

本間教授が所長を務め、岩手県奥州市に位置する水沢VLBI観測所では、新たな画像解析などが進んでいる。... 20年4月に行う予定だった新たな観測は延期となってしまった。 ... ブラ...

(飯田真美子) 直径20m電波望遠鏡とブラックホールの顔出しボード 東北新幹線の水沢江刺...

国立天文台水沢VLBI観測所所長・教授の本間希樹氏「高圧ガス、解明目指す」 ブラックホールの撮影に成功し、成果を発表してから1年。現在の研究や発表当時の心境などを、国際プロジェクトチ...

【早く地上に到達】 インフラサウンドは、人間の耳には聞こえない周波数20ヘルツ以下の音波として観測できる。... 東日本大震災では津波が沿岸に到達する約12分前に、震央から約210キ...

CTBTでは、地下・大気・水中の核実験を監視するために、地震や微気圧振動、水中音波の観測所を世界中に展開している。 同協会は、核実験を監視する機能の整備や、国内の地震と微気圧振動の観...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン