45件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

自動車の脱炭素化技術は、電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)、水素エンジンなど。... FCVは生産コストが高止まり状態にあり、水素エン...

建機の生産段階の二酸化炭素(CO2)排出削減策を検討するとともに、電動化や水素の活用などCO2排出の少ない建機の製品開発を推進。... 建機の生産工程のCO2削減策を検討する「カーボンニュートラル対応...

経営ひと言/コマツ・小川啓之社長「研究投資続ける」 (2021/7/1 機械・ロボット・航空機2)

水素エンジンも「パートナーを絞り、研究を始めようとしている」。

水素エンジン対応バルブなどに関する新技術開発を計画するほか、バルブ生産技術を応用した新規事業を立ち上げる。... 新技術では水素エンジンや、CO2と水素の合成液体燃料「e―fuel」などカーボンニュー...

自動車の電動化が進むが、需要が残るエンジン車のための製品開発は引き続き重要だ。 水素燃料や合成液体燃料「e―fuel」活用の動向も意識する。水素エンジンは「摩耗しやすさが課題だが、当...

水素エンジンは供給ステーションの問題がある。トラックやバスの水素ステーション建設が進んだとしても、建機を使う場所では恩恵がない。

コマツ、オール電動ショベル公開 シンプル追求 (2021/6/17 機械・ロボット・航空機1)

20トン以上のショベルや鉱山機械では電動でなく、水素エンジンを推す声もある。... 水素スタンドがこの先、大量に設置されるにしても、ミニショベルの稼働現場で使うには少なすぎる。... 加えて水素エンジ...

トヨタ自動車が開発する水素エンジンの搭載車両が、24時間耐久レースを完走したことを喜ぶ。 「量産にはまだ技術的ハードルが高い」と見るが、水素エンジンは環境に優しくてガソリンエンジンと...

例えば水素エンジンや、水素とCO2を化学反応させて合成する燃料「e―fuel」の活用など、カーボンニュートラル技術の多様化で既存サプライチェーンを生かせるとの考えだ。 ... 特に部...

水素エンジンを搭載した小型車「カローラスポーツ」だ。富士耐久24時間レースで走行したこの車には、福島県浪江町の「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」で作られたグリーン水素が使われた。 ...

トヨタ自動車は、開発中の水素エンジンを搭載した小型車「カローラスポーツ」で24時間耐久レースに出場した。... 水素エンジンはガソリンの代わりに水素を噴射、燃焼して動力とする。... 純水素を燃料とす...

前田昌彦執行役員は「今は選択肢を広げていきたい」とし、水素を燃料とする「水素エンジン」の開発も本格化する。マツダの丸本明社長は「この時点で何かに絞ることはリスクが高いのかなと考えている」とし、ロータリ...

水素を燃料としてエンジンを駆動する、水素エンジンの実用化だ。 トヨタが開発する水素エンジンをルーキーレーシングに委託。... この水素エンジンも「徹底的に壊し」て、実現に近づけていく...

トヨタ自動車は22日、水素を燃料とする「水素エンジン」の開発に乗り出すと発表した。... 水素エンジンは直列3気筒インタークーラーターボで、総排気量は1618cc。... 水素エンジンを通じてカーボン...

水素エンジンショベルの開発にも意欲を示す。... そこで水素ショベルの出番となり、日欧の研究機関や大学、企業と接触を図っている。... 遠隔操縦などの高機能化に電動化や水素エンジン化などが加わると、新...

井関農機、水素推進協に参画 (2021/3/9 機械・ロボット・航空機2)

井関農機は水素社会の実現を目指す民間団体「水素バリューチェーン推進協議会」に参画した。トラクターや田植機(写真)などの燃料やエンジンで水素利用の可能性を探る。 ... 一方、水素エン...

井関、欧州に電動化商品 草刈り機など投入 (2021/3/2 機械・ロボット・航空機2)

クリーン性に加えて運転音が静かでエンジンオイルの交換が要らず、油臭もない長所がある。... 将来はリチウムイオン電池搭載などの電動機に加え、水素エンジンの農業機械も視野に入れる。環境意識の高まりで電池...

三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET、相模原市中央区、梶野武社長、042・862・0701)は、産業技術総合研究所との共同研究で水素を燃料に使うエンジンの燃焼試験を実施した。産総研の福島再生...

永岡勝俊名古屋大工学部教授は、室温でアンモニアを分解し水素を生成する触媒研究について発表した。車の排ガス浄化や水素エンジンの開発につながる。

過給器の生産、見直し 水素エンジン、30年代実用化 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(相模原市中央区、梶野武社長、042・862・0701)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる