833件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

このうち、水素関連に600億円を投じる。国内や米国で水素ステーションを増やすほか、海外の二酸化炭素(CO2)フリー水素の製造拠点なども設ける。... ただ、政府が掲げる水素導入量目標に沿えば中長期の需...

水素を核に米国で環境関連事業の業容拡大を図る。 ... また長州産業のソーラー水素ステーション「SHiPS(シップス)」を組み合わせることで、太陽光発電で水素を生成・供給するほか、非...

こうした中で業界では自動車の電動化に伴う“素材転換”に対応し、水素ステーション向けなど新たな需要開拓が課題となっている。... 国内外のステンレス業界は危機感を強め、「水素社会におけるステンレス鋼需要...

オークランドやハミルトンなど4カ所にグリーン水素ステーションを建設、製造した水素は大型車両向けに販売する。... ニュージーランドのエネルギー企業ヒリンガ・エナジーと共同で合弁会社を作り、同ステーショ...

岩谷産業やENEOSなど民間企業などが都内6カ所に置く水素ステーションに外部給電器を日常的に配備してもらい、災害時はこれを都が運行する燃料電池バスに接続(写真)して避難所での給電に用いる。 &...

補正予算では、高市氏は医療提供体制や事業者への支援、災害復旧を、野田氏はコロナ収束後の「グリーンリカバリー」として洋上風力や水素ステーション、電気自動車(EV)の充電ステーションへの支援を盛り込むとし...

車体を動かすのに大きなパワーが必要なため、リチウムイオン電池にしても水素燃料電池にしても、多い本数やタンクが必要になる。... リチウムイオン電池や水素燃料電池の開発は基本的に自動車の搭載が念頭で、建...

課題として、EV用の蓄電池の正極材やセパレーターなどの開発、水素ステーションの整備、EV向けの充電設備の整備などを挙げた。

ENEOS、グリーン水素製販 国内初のオンサイトで (2021/8/25 建設・生活・環境・エネルギー1)

ENEOSは24日、国内で初めて水素ステーションで製造する水電解による二酸化炭素(CO2)フリー水素(グリーン水素)の商用販売を始めたと発表した。 場所は横浜市旭区の横浜旭水素ステー...

50年の脱炭素に向け、電磁鋼板や電気自動車(EV)、水素ステーション関連などの素材の販売を強化する。

トヨタ自動車が、水素エンジンの開発を起点に、水素の社会実装に乗り出した。... できた水素は、水素ステーションなど九州各地にも供給する。... この水素を水素エンジン車に供給できないか検討する。

コンビニ大手、FC小型トラック導入 CO2排出量削減推進 (2021/8/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

20年春には栃木県栃木市の水素ステーション併設型配送センターに実証エリアを移し、再生可能エネルギーを最大限活用できる手法の検証を実施。今回は、異なる温度帯の商品を混載できるほか航続距離がより長くなる新...

各地の水素ステーションを活用しながら走行するほか、イベント出展などでFCVの認知度を高める。 キャラバンは九州大学伊都キャンパス(福岡市西区)の水素ステーションから出発。... 水素...

トヨタ自動車から市販化前の車両1台を借り、県内の水素ステーション全11カ所を活用する。... 水素ステーションの利用に関する事業者の声も集める。

岩谷産業、水素燃料電池船など開発 (2021/7/27 建設・生活・環境・エネルギー1)

岩谷産業は2025年大阪・関西万博での商用運行を目指して、水素燃料電池船と船舶用水素ステーションの開発を始めた。... 関西電力、東京海洋大学、名村造船所と協力し、水素燃料電池船、水素供給インフラ、エ...

福島・浪江町、水素活用へ産業団地造成 丸紅などと協定 (2021/7/23 建設・生活・環境・エネルギー)

福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R、福島県浪江町)が生成する水素を活用。... 再生可能エネから水素を生成するFH2Rの水素の活用を進めてきた。 ... 町は家庭への新たなF...

大会関係FCVには、首都圏の7カ所の水素ステーションで24時間、水素を供給する。同社の水素製造出荷センター(横浜市中区)か東京大井水素ステーション(品川区)で製造した水素を使うが、潮見公園店(江東区)...

具体策は、次世代エネルギーとして注目される水素ステーションの整備や半導体など先端技術の研究開発を支援する基金の創設などが「メニュー」にあがっている。

郡山市では21年度中に市内事業者が定置型の水素ステーションを1カ所完成する計画で、22年以降にもう1カ所の立地を目指している。福島市でも22年度に定置型水素ステーションの建設を目指す動きがある。......

政府が6月に改定したグリーン成長戦略は、2030年までにガソリン車並みの利便性実現に向けて充電インフラ15万基、水素ステーション1000カ所程度の設置を掲げている。

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる