電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

637件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

燃料電池は、水素と酸素の化学エネルギーを電気エネルギーに直接変換する。... PCFCの早期の実用化を目指し、水素社会の実現に貢献したい。... その間に社会人博士として東京工業大学に6年間ほぼ毎日通...

三井E&S、大流量圧縮機を投入 水素供給網向け (2024/4/10 機械・ロボット・航空機2)

三井E&Sは水素ステーション設備や水素製造設備など水素サプライチェーン向けに大流量化した圧縮機を発売した。流量は1時間当たり95キログラム、圧力は50メガパスカルまで圧縮で...

低炭素水素など供給強化 政府は2月、新法の「水素社会推進法案」を閣議決定した。製造時の二酸化炭素(CO2)排出量が少ない水素やアンモニアなどを「低炭素水素等」と定義し...

300度C程度までしか利用できない軽水炉に比べ、高温ガス炉での900度C以上の高温は、高効率のガスタービン発電での利用に加え、水素製造やその他の化学プラントの熱源、さらに排熱は地域暖房にも利用できる。...

沖縄電、水素30%混焼 火力発電CO2削減実証 (2024/3/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

圧縮水素ガストレーラー(写真)で県外から輸送した水素を用いた。... 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「水素社会構築技術開発事業」の採択事業。2023―2...

主要エネルギー資源の水素への転換は、カーボンニュートラル達成のカギとされる。水素社会を実現するには、地上設備以外にも運輸関係(航空機、船舶、自動車など)で使用可能な水素貯蔵設備(...

閣議決定された水素社会促進法案と、CCS(二酸化炭素〈CO2〉の回収・貯留)事業法案に注目する。 「価格差に着目した支援」を打ち出した水素法案を歓迎。

山梨県など、サントリー白州工場でP2Gシステム起工式 (2024/2/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

国内最大の16メガワット規模で、年間2200トンの水素製造能力を持つ。起工式の式典に出席した長崎幸太郎山梨県知事は「やまなしモデルP2Gシステムが国内外多くの地域で使われ、水素社会実現にしっかりとつな...

政府は13日、製造時の二酸化炭素(CO2)排出量が少ない低炭素水素の普及促進と、CO2の回収・貯留(CCS)事業に関する二つの新法案を閣議決定した。... 水素社会推進...

脱炭素化や水素社会の実現に向けて21億6700万円計上する。水素を燃料とした試験工業炉の整備などに取り組む。次世代産業の育成では17億600万円を用意し、次世代バッテリーの研究・実証や自動運転の社会実...

石油資源開発など5社、福島にアンモニア新拠点検討 (2024/2/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

同地区で海外からのクリーンアンモニアの輸入・貯蔵・供給拠点を形成する調査に加え、水素・アンモニアの需要調査も開始。... 水素を別の状態や材料に変換して貯蔵・運搬する水素キャリアーとしても有望で、水素...

二酸化炭素(CO2)排出量の少ない低炭素水素の供給や利用を促進する新法案「水素社会推進法」の骨格が分かった。... また認定した設備は経済産業省が一元的に許可・検査...

中部空港、FCバス導入 ターミナル間を連絡 (2024/1/31 生活インフラ・医療・くらし1)

犬塚社長は「水素社会実現に向けた大きな一歩。... 水素社会実現が一層加速するきっかけになれば」と話した。

愛知県豊田市は愛知県など18団体で構成する「中部圏水素・アンモニア社会実装推進会議」に加盟した。同市は2024年度に「(仮称)豊田市水素社会構築戦略」を策定し、水素製造拠点の誘致や大型...

鈴木商館(東京都板橋区、鈴木慶彦社長)は、東京都と連携して羽田空港の航空貨物ターミナルで実施中の燃料電池(FC)フォークリフトの試験運用事業における...

来賓を代表し、文部科学省の清浦隆大臣官房審議官は「地球環境問題などさまざまな社会変化、技術進展に呼応する形で新製品のニーズが日々生まれており、それを満たすための創意工夫、試行錯誤が結晶になった」と受賞...

第66回十大新製品賞/増田賞 川崎重工業 (2024/1/26 機械・ロボット・航空機)

【ドライ・水素専焼1.8MW級ガスタービンコージェネレーションシステム「PUC17MMX」】 水素だけで燃焼できるガスタービンで水素社会実現に貢献―。.....

展望2024/住友金属鉱山社長・野崎明氏 製錬技術で再生資源活用 (2024/1/23 素材・建設・環境・エネルギー1)

とはいえ、電気自動車(EV)や新興国のインフラ、貯蔵用途など水素社会に必要で、需要的にはチャンスがあると見る」 ―資源確保の重要性が高まります。

福岡県、水素エネ産業振興 年度内に「拠点形成計画」 (2024/1/23 中小・ベンチャー・中小政策)

産学官組織「福岡県水素拠点化推進協議会」は、具体的な取り組みやロードマップ(工程表)をまとめた「水素拠点形成計画」を23年度内に策定する。... 同州はグリーン水素の製造・輸出における...

「ガスタービンのように、水素をそのまま燃料として使うための“水素レディー商品”が想定以上に活発化している。... 我々は水素社会を作ろうとしており、船を造る会社ではない。... 介護や看護は高齢化社会...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン