393件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

スマート・水素社会に対応 ―足元の業況は。 ... 成功事例を工業会全体で共有して周知する」 「スマートシティー(次世代環境都市)や水素社会などこ...

海外からより安価な水素を導入するプロジェクトを軌道にのせ、水素社会の実現に弾みをつけてもらいたい。 豪州の褐炭(低品位の石炭)から水素を製造し、液化した水素を専用運搬船で日本へ長距離輸送する、...

日本郵船など5社、燃料電池搭載船を実証 船舶燃料に水素活用 (2020/9/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

将来の船舶代替燃料として海洋分野での水素活用技術の展開、バリューチェーン確立に取り組み、環境負荷軽減の水素社会実現を狙う。 実証では、日本郵船が船の設計、東芝エネルギーシステムズが舶...

【神戸】兵庫県は水素社会先導プロジェクトの推進を目的に「兵庫水素社会推進協議会」を発足した。... 研究会で水素利活用や海外未利用エネルギーから水素を製造し、日本へ輸送する国際的な水素サプライチェーン...

住友金属鉱山は東北大学と連携し、2050年をめどに太陽エネルギー社会の実現を目指す大型共同研究プロジェクトに乗り出した。太陽エネルギー利用、循環型社会、水素社会、有効な電力利用の4領域を柱に「太陽エネ...

日本郵船、水素協議会に参画 海運会社で初 「脱炭素」推進 (2020/7/29 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本郵船は28日、水素社会実現に向けた世界的な活動体「水素協議会」に参画したと発表した。協議会での活動を通して、水素サプライチェーンの構築や船舶の代替燃料変換による脱炭素化の促進に取り組む方針。今後、...

日本を変える17Goals(62)東邦ガス (2020/7/24 SDGs)

また「エネルギー会社として水素社会の構築に貢献するため」(長谷川順一産業エネルギー営業部営業推進グループマネジャー)、水素ステーションなどの供給インフラ整備や利用技術の開発を進めている。 &#...

福島、再生エネ100%へ 福島県は1次エネルギー消費量を再生可能エネルギーで100%賄うことを目指した新エネ社会構想の推進で水素の利活用を進める。... 「一長一短あり、適材適所で使...

日本最大の陸上風力発電基地実現や再エネ100%の産業団地の造成、水素社会実現に向けた水素製造・輸送技術の実証基地づくりなどを推進する。... (いわき・駒橋徐) 国家プロジェクトであ...

7月から浪江町で実証が始まるパワー・トウ・ガス(PtG=再エネ電気から水素を製造)プラントが供給する水素を福島県内で多角的に活用する事業を立ち上げ、水素の研究開発で相互協力する。... 福島県は202...

住友金属鉱山は東北大学と連携し、2050年をめどに太陽エネルギー社会の実現を目指す大型共同研究プロジェクトに、20年度から乗り出す。太陽エネルギー利用、循環型社会、水素社会、有効な電力利用の4領域を柱...

欧米の投資家を中心に、投資判断にESG(環境・社会・企業統治)の概念を採用する動きが広がり、環境分野への資金供給が活発化していると記した。環境分野の技術革新に関しては水素社会の実現や、二酸化炭素(CO...

各社はESG(環境・社会・企業統治)やデジタル変革(DX)が加速する現在の社会の流れを意識。... 【水素社会実現】 水素社会の実現や、デオキシリボ核酸(DNA)チップを用いたがんの...

水素の液化に使う。二ホウ化ホルミウム(HoB2)が水素液化温度付近で高性能な磁気冷凍材料として機能し、高効率に水素を液化できることが分かった。... 水素社会発展への寄与が期待される。 ...

水素社会実現に向けた取り組みも積極的に推進。高輪ゲートウェイ駅の隣接地に水素ステーションを開設するほか、21年度からは鶴見線で燃料電池ハイブリッド車両の試験運転も予定。

FCシステムを刷新し、水素の搭載量を拡大する。... 現行ミライの航続距離650キロメートルから従来比で3割延長する目標を掲げており、「水素エネルギー社会をけん引していく」(トヨタ)考えだ。... 東...

中小企業優秀新技術・新製品賞 受賞38氏「喜びの声」 一般部門 (2020/4/30 中小企業優秀新技術・新製品賞)

今後も性能向上、コストダウンを進め、水銀フリー社会への貢献を目指して努力していきます。... 今後水素社会に向けて、水素燃料ガスの連続計測装置が重要となってきます。2012年より“水素ポンプ型センサー...

量研機構など、熱利用水素製造を7割省エネ 膜透過抵抗を低減 (2020/4/17 国際・商社・科学技術・大学)

水素イオンの膜透過の抵抗を減らすなどして実現した。従来22%程度だった水素製造効率を40%まで引き上げられる見通しで、水素社会実現への寄与が期待される。 ... ...

余剰電力で水を電気分解し、発生した水素を液化して保管、必要な時に水素を使って発電するという水素社会の実現を、日本は世界に先駆けて目指そうとしている。... 気体水素は液化水素よりも体積が800倍大きい...

水素社会の実現に向け燃料電池車(FCV)の市場拡大が期待できる点を念頭に、燃料電池の触媒向けの需要を見込む。

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる