832件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

燃料電池車(FCV)向け水素ステーションを福岡県久留米市内に開設した。 ... ステーションの正面には水素を表す「H2」をかたどった目を引くモニュメントを設置した。... 会社設立1...

岩谷産業は日本水素ステーションネットワーク(JHyM)と共同で、関東と中部、関西エリアにおいて計10カ所の水素ステーションを4―7月に新設する。... 同社では「水素社会普及のため、先頭を切って水素ス...

「社会に開かれた研究所」を掲げる中央研究所の宮崎淳所長に、果たす役割や成果などを聞いた。... 「当社は社会に必要とされないもの(技術テーマ)はやらない。... 人との結びつきを大事にし、社会に必要と...

強靱なインフラ整備では、中部国際空港の2本目滑走路の推進や航空宇宙産業の実証インフラ整備、自動運転の社会実装推進などに取り組む。 持続可能なエネルギーでは低炭素水素サプライチェーンの...

【名古屋】愛知県は、水素をエネルギーとして有効活用する社会の実現に向けた取り組みを強化する。... 水素エネルギー産業社会形成パイロット事業費として20年度当初予算案に1600万円を盛り込んだ。...

アリから学ぶ社会性の進化 【個体を追跡】 私たちは家族や友人、仕事の同僚など他者との社会的な関わりをもって生活している。... 産総研は東京大学、ローザンヌ大学と共...

同社は17年に水素燃料の貫流蒸気ボイラを製品ラインアップに加えた。将来の水素社会を見据えた製品だ。燃料電池も同様に水素社会での活躍を見据える。

福島水素エネルギー研究フィールドでは世界最大規模の「パワー・トゥー・ガス(PtG)プラント」を設置。7月から実証運転が始まる  福島県浜通りエリアの活性化のカギと...

県は16年に「福島新エネ社会構想」を打ち出した。県全体を新たなエネルギー社会のモデル創出拠点とし、エネルギー分野から復興を後押しするものだ。同時に国の福島イノベーション・コースト構想でも再エネ導入の拡...

復興庁の後継となる組織の準備も必要だ」 ―東京五輪・パラリンピックでは、聖火台の燃料などに福島県浪江町で製造した水素が使われる計画です。 「復興が進む町の姿を発信す...

データ社会が到来する将来を見据えれば、技術の四隅は「人工知能(AI)」「量子コンピューター」「バイオテクノロジー」「ブロックチェーン」になる。... また、太陽光と水と二酸化炭素で酸素とエネルギーをつ...

日本政府が掲げる「水素基本戦略」では、世界に先駆けて水素社会を実現し、水素技術で世界のカーボンフリーをけん引する道筋を示した。... 30年の「水素社会実現」に向けて、バックキャストすると今が勝負の時...

脱炭素社会の実現には、非連続な技術革新が必要だが、コストを抑制しなければ対策費は多大なものとなる。... 同様の試算を次世代蓄電池、水素発電、バイオプラスチックなど17分野で行った。 ...

独自のIoT(モノのインターネット)技術を生かし、再生可能エネルギーや蓄電池を使った分散エネルギー社会の実現に貢献する。 ... また、IoT技術を基に蓄電池やバイオマス、太陽光、風...

環境ビジネスの強化・拡大に取り組むとともに、持続可能な社会の実現に貢献する。 ... さらに、CO2の排出抑制や水素エネルギーの実用化、廃プラの有効活用の実現に向けた共同開発を手がけ...

このほか固体酸化型燃料電池(SOFC)の発電効率で65%超を実現するセルスタックの開発や、軽量で安価な水素タンクなど幅広く提案を募る。 ... FCVのほか、業務用や産業用での社会実...

NEDOは持続可能な社会の実現に向けた技術開発のあり方や目指すべき方向性などを示した「持続可能な社会の実現に向けた技術開発総合指針2020(NEDO総合指針)」を策定した。... NEDOの矢部彰技術...

本人はシリコンバレーに乗り込んだ時の経験を「誰よりも早く提案することが勝利の秘訣(ひけつ)になると学んだ」と語り、医療ロボットや水素ソリューションなど各種の新規プロジェクトも「しっかりと伸ばし、社会に...

▽超低過電圧酸素発生アノードを基盤とした高効率太陽光水素生成システムの開発=八木政行氏(新潟大学自然科学系教授)▽森林保全による気候変動緩和を実現するための生態系・社会システム複合モデルの構築=森章氏...

また、NICTは日本標準時の高精度化を狙い、高精度な光格子時計を参照して水素メーザー原子時計の周波数を調整することで正確な時刻を刻む方式(光マイクロ波ハイブリッド方式)を開発し、世界に先駆けて光時計を...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる