108件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

海外では「太陽光や水素など新エネルギーだけでなく、油・ガス田掘削など従来分野の需要回復に期待したい」と訴える。

海外ではCTVが油ガス田のメンテナンス用に使われたこともあり世界で300隻ほどあるとされるが、日本では数隻しかないという。

出光、北海で油ガス田稼働 新たに海底に設備 (2021/8/25 建設・生活・環境・エネルギー1)

出光興産は24日、ノルウェー領北海のドゥーヴァ油ガス田の生産を開始したと発表した。... 2012年に鉱区の権益を取得し、16年に油・ガスの集積を発見、開発してきた。新たに海底生産設備を設置し、近隣の...

国内唯一の洋上プラットフォーム「岩船沖油ガス田」はJAPEXグループの日本海洋石油資源開発が操業を担当。... 2020年度の年間生産量は原油10万2400キロリットル、天然ガス9...

リケジョneo(136)三菱商事・小崎知恵さん (2021/3/8 ひと カイシャ 交差点)

現地の大学院では地下の油ガス田から生産される石油・天然ガスの回収率向上に向けた研究をオイルメジャーとともに取り組みました。... 豪州の天然ガスプロジェクトなどを経験し、19年から米コロンビアビジネス...

化石燃料業界への規制強化を政策に掲げており、石油・ガス市場は一定の影響を受けそうだ。... 米国沖合の新たな油ガス田開発も認めない方針だが、開発が進むメキシコ湾(東部を除く)の沖合鉱区のリースセールは...

【バクー=ロイター時事】アゼルバイジャンは2022年末からカスピ海のカラバフ油・ガス田で生産を開始する計画だ。当初の生産は原油が日量4000トン、ガスが450万立方メートルの見込み。

可採埋蔵量950億立方メートル以上の巨大ガス田に匹敵する油ガス田だったと推定される。... 分析した結果、同岩塊は地下深部の油ガス田から流出した天然ガスが古細菌の働きにより化学変化してできたものだと分...

川崎汽船、ブラジル沖FPSO参画 (2020/7/10 建設・生活・環境・エネルギー)

川崎汽船は9日、ブラジル・リオデジャネイロ沖での浮体式石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)の保有・用船事業に参画すると発表した。ブラジル国営石油会社ペトロブラスが行う油ガス田の再開発事業に利用される...

苫小牧市・勇払油ガス田、浅層で原油生産開始 石油資源開発 (2020/6/29 建設・生活・環境・エネルギー)

石油資源開発は北海道苫小牧市の勇払(ゆうふつ)油ガス田で、原油・天然ガス生産層の上位に位置する浅層で開発を進めていた原油(重質油)の商業生産を始めた。... 勇払油ガス田は96年から操業しており、これ...

今回のFPSOは、ブラジル沖約150キロメートルのカンポス盆地に位置するマーリム鉱区でブラジルのペトロブラスが行う油ガス田の再開発事業に利用される予定。... 2023年初頭の石油・ガス生産開始を目指...

国際帝石、豪州北西沖の探鉱鉱区落札 (2019/7/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

原油やガスの埋蔵量の第1期調査を3年間実施し、開発可能性を検討する。北西沖の大陸棚は油・ガス田が豊富なエリアで、同社も2018年に液化天然ガス(LNG)の大型プロジェクト「イクシス」の生産を始めた。&...

具体的な実現方法は、油ガス田など複数のCO2の排出源と利用地点を幹線パイプラインで接続し、CO2を利活用する環境を整備する。

出光興産は6日、ノルウェー領北海にある探鉱鉱区「PL636」でドゥーヴァ油ガス田(旧カラ油ガス田)を開発すると発表した。... 同油ガス田では試掘で16年に石油と天然ガスの集積を発見していた。... ...

JX石油開発、マレーシアで新ガス田稼働 (2018/11/6 建設・エネルギー・生活2)

同ガス田は既存のヘランガス田の浅層部に位置し、ヘランガス田と同様にJXマレーシアが操業主体(オペレーター)として天然ガスを生産する。 ベリルガス田ではピーク時に、1日当たり1億400...

住友商事など、ガーナのFPSO参画 (2017/7/5 建設・エネルギー・生活1)

住友商事、川崎汽船、日揮、日本政策投資銀行は4日、マレーシアのインソン・ホールディングスが手がける、ガーナの油ガス田向けの浮体式石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)保有・用船事業に参画すると発表した...

これまで油田・ガス田に多く使われてきた二相系ステンレス鋼に比べ、コストを概算で2―3割減らせるほか、納期も2―3カ月短縮できるという。 ... 油・ガス田の井戸に実際に挿入したのは初...

国際石油開発帝石(INPEX)は27日、インドネシアの南ナトゥナ海にある油田・ガス田の権益を売却すると発表した。同社が保有する事業会社の株式35%を、同油田・ガス田開発・生産のオペレーター(操業主体)...

機械事業も油価上昇で油ガス田開発プロジェクトの再開が期待できる。

原油安が定着し、単価の高い油ガス田開発向けのシームレス鋼管が「当初、思っていたよりも低迷している。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる