電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

13,553件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

海外食品、ピンチをチャンスに 肥満症薬登場で業績悪化 (2024/6/25 生活インフラ・医療・くらし)

治療患者に健康志向商品アピール 新たに登場した肥満症治療薬は食品・飲料メーカーの株式時価総額を何十億ドルも押し下げた。しかし、これら治療薬は、需要が伸び悩むこともあった製品の需要を押...

武田薬、欧で転移性大腸がん治療薬の承認取得 (2024/6/25 生活インフラ・医療・くらし)

武田薬品工業は24日、治療歴がある転移性大腸がん(mCRC)の治療薬「フルキンチニブ」について、欧州委員会(EC)から承認を取得したと発表した。... 治療歴のあるmC...

このストレス応答機序を応用することで、重症感染症やがん治療後の造血不全に対して速やかに造血を回復する治療法の開発が期待される。

裏読み科学技術(119)生成AI役割大きく (2024/6/24 科学技術・大学)

「医療でAI活用広がる」(5月31日付)によると、「『内視鏡画像診断支援ソフトウエア ガストロAI―モデルG』により、AIで早期胃がんの検出をサポートすることで、より高精度な診...

糸球体障害の原因や発症メカニズムは不明で、根本的治療法は確立できていない。

患者の体験に加え、診断・治療の効率化など医療提供者側への価値提供を重視する。

タカラバイオ、順天堂大VBと提携 難聴治療薬開発で協力 (2024/6/20 生活インフラ・医療・くらし)

【京都】タカラバイオは順天堂大学発ベンチャーのギャップジャンクション(東京都文京区)と遺伝性難聴に対する遺伝子治療薬の開発で業務提携基本契約を結んだ。遺伝性難聴の半数以上を占めるGJB...

米メルク、ペプチドリームの創薬基盤で第1相臨床試験開始 (2024/6/19 生活インフラ・医療・くらし1)

炎症性疾患の治療薬として開発を目指す。

武田薬、血液がん薬候補で中国社とオプション契約 (2024/6/18 生活インフラ・医療・くらし)

武田薬品工業は17日、中国製薬企業アセンテージファーマが開発を手がける血液がん治療薬の候補「オルベレンバチニブ」について独占的ライセンスを獲得するオプション契約を結んだと発表した。... CMLの治療...

新潟万代病院(新潟市中央区、宮坂大院長)は、7月にロボットアームを活用した治療を始める。... 同院は股関節の軟骨がすり減って痛みが生じる「変形性股関節症」の治療法である人工関節置換術...

シーメンスと柏葉会、高度脳血管治療で提携 12月、札幌に病院 (2024/6/17 生活インフラ・医療・くらし)

柏葉会が札幌市内に新たに開院する札幌柏葉会病院で、シーメンスヘルスケア製の医療機器を活用し高度な脳血管治療を提供する。... 患者の動線設計などで脳血管内治療のワークフローを改善する。また救急救命室か...

デンマーク社の肥満症薬 本国で処方制限勧告 (2024/6/17 生活インフラ・医療・くらし)

デンマーク保健省傘下の医薬品監督パネルは、同国の製薬会社ノボ・ノルディスクが販売し大ヒットしている肥満症治療薬「ウゴービ」の処方を制限するよう医師に勧告した。... 同パネルは公表した報告書でウゴービ...

「がん糖代謝が可視化でき、治療直後に効果が細胞採取なしに分かる」と松尾政之副拠点長(岐阜大大学院医学系研究科教授)は説く。

アステラス、胃がん新薬 死亡リスク24.9%低減 (2024/6/13 生活インフラ・医療・くらし)

アステラス製薬は12日、胃がん治療薬「ビロイ(一般名ゾルベツキシマブ〈遺伝子組み換え〉)」を発売した。... 同適応症に対してCLDN18・2を標的とした抗体医薬品...

第2相の医師主導治験は、慢性骨髄性白血病の既存薬「ボスチニブ」のALSの治療薬候補としての有効性や安全性を評価するため、2022年3月から実施。... 進行を緩和する既存薬はあるが、根本的な治療法は確...

NTTの大規模言語モデル(LLM)「ツヅミ」を用いた人工知能(AI)でデータの特徴を抽出して各種リポートを自動生成し、医療機関の診察や製薬会社による次世代治療法の開発を...

イーライリリーの認知症治療薬、FDA諮問委が承認勧告 (2024/6/12 生活インフラ・医療・くらし1)

【ニューヨーク=時事】米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は、米製薬大手イーライリリーが開発したアルツハイマー型認知症治療薬「ドナネマブ」を承認するよう全会...

武田薬、後天性血友病薬を投入 難治性の選択肢拡大 (2024/6/12 生活インフラ・医療・くらし1)

武田薬品工業は後天性血友病A(AHA)治療薬「オビザー」(一般名スソクトコグ アルファ〈遺伝子組み換え〉)を発売した。... 難治性の出血性疾患であるAHAの新...

この新しい治療概念は、これまでの外科手術、放射線治療、抗がん剤に次ぐ、第4の治療法と呼ばれるようになった。 がん免疫療法とは、患者自身の免疫細胞を活性化させ、がん細胞を攻撃させる治療...

また、重篤な肝毒性の副作用で販売中止となった糖尿病治療薬をhHBOに添加すると、肝細胞の死亡が確認された。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン