電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

791件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

日本新薬、本社に新棟 血液疾患向け創薬研究 (2024/5/29 生活インフラ・医療・くらし1)

同社では2028年3月期に肺動脈性肺高血圧症治療剤「ウプトラビ」の特許が切れるなどロイヤルティー収入の減少が見込まれ、先行投資で安定した収益基盤を構築する。

ニュース拡大鏡/製薬、特許切れ対応カギ 大型薬、業績押し上げ (2024/5/24 生活インフラ・医療・くらし1)

成長の要因は、抗がん剤「イクスタンジ」や「パドセブ」といった主力製品だ。... 武田薬品工業も同様に、潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンタイビオ」の特許切れの課題を抱える。

エーザイの前3月期、営業益33%増 抗がん剤など伸長 (2024/5/16 生活インフラ・医療・くらし)

アルツハイマー病(AD)治療薬「レケンビ」の開発費や販管費が増加したものの、抗がん剤「レンビマ」と不眠症治療剤「デエビゴ」が伸長した。... 米国で診断から治療までの医療体制の構築が進...

武田薬、効率化投資 構造改編・DXに1400億円 (2024/5/15 生活インフラ・医療・くらし1)

主要事業に焦点を置いたコア営業利益においても、注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬「ビバンセ」といった利益率の高い製品の特許切れなどの影響で同11・2%減の1兆549億円だっ...

武田薬の前3月期、営業益56%減 開発中止薬の損失響く (2024/5/10 生活インフラ・医療・くらし1)

クローン病に伴う複雑痔ろう治療薬「アロフィセル」の米国での開発中止や肺がん治療薬「モボセルチニブ」の開発中止などの減損損失1306億円を計上した。... 主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンタイ...

参天と田辺三菱、結膜炎治療剤クリーム販促 (2024/5/8 生活インフラ・医療・くらし)

参天製薬と田辺三菱製薬は7日、持続性・経眼瞼(がんけん)アレルギー性結膜炎治療剤「アレジオン眼瞼クリーム0・5%」(一般名エピナスチン塩酸塩)の日本における共同...

アステラスの前3月期、営業益80%減 腎性貧血薬不振響く (2024/4/26 生活インフラ・医療・くらし)

腎性貧血治療薬「エベレンゾ」の販売不振や、神経系希少疾患の医薬品候補「AT808」の資産価値見直しによる減損損失563億円などを計上した。売上高は、主力製品の抗がん剤「イクスタンジ」や「パドセブ」が好...

田辺三菱薬、米で希少疾患薬承認 経口ALS治療剤 (2024/4/10 生活インフラ・医療・くらし1)

田辺三菱製薬は9日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療剤「ラジカヴァ経口懸濁液(一般名エダラボン)」が米国食品医薬品局(FDA)から7年間の希少疾病用医薬...

エーザイ、2剤を38億円で売却 (2024/4/3 生活インフラ・医療・くらし2)

エーザイはめまい・平衡障害治療剤「メリスロン」と筋緊張改善剤「ミオナール」について、国内における権利を科研製薬に売却する。... エーザイはアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」や抗がん剤「レンビマ」な...

製薬企業 変革の道筋(3)住友ファーマ社長・野村博氏 (2024/3/11 生活インフラ・医療・くらし)

パーキンソン病向けの他家人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来ドパミン前駆細胞で世界初の治療技術としての臨床試験を日本で行い、プレゼンスを作る」 ―海外では北米市場がカギ...

細菌感染症治療に使われる抗生物質「ストレプトマイシン」の量産技術を国内で初めて確立し、結核治療に貢献した。発酵技術を応用して抗がん剤や抗生剤の開発を手がけ、医薬品事業を拡大する。 ....

協和キリン、慢性腎臓病向け高リン血症薬発売 (2024/2/21 生活インフラ・医療・くらし1)

協和キリンは20日、高リン血症治療剤「フォゼベル」を国内で発売した。

ニュース拡大鏡/沢井薬、生産増強急ぐ 後発薬を安定供給 (2024/2/20 生活インフラ・医療・くらし)

(大阪・市川哲寛) 約405億円を投資する新固形剤棟は生産設備の導入を進めており、春に生産移管を開始、7月に本格稼働の予定。... 沢井製薬は全社...

武田薬品の4―12月期、売上高4.6%増 消化器領域好調 (2024/2/2 生活インフラ・医療・くらし1)

第2四半期に発生した、クローン病に伴う複雑痔ろう治療薬「アロフィセル」の米国での開発中止による減損損失などを計上したため。 主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンタイビオ」が、米...

田辺三菱薬、富士製薬に3薬譲渡 (2024/2/2 生活インフラ・医療・くらし2)

田辺三菱製薬は免疫抑制剤「アザニン錠」など3製品の国内での製造販売承認や製造販売権を富士製薬工業に譲渡する。... 譲渡するのはアザニン錠のほか高コレステロール血症治療剤「コレバイン錠」と「コレバイン...

武田薬、免疫不全血症向け治療剤発売 (2024/1/30 生活インフラ・医療・くらし)

武田薬品工業は無または低ガンマグロブリン血症治療剤「キュービトル20%皮下注」を発売した。... 患者は重篤な感染症にかかかることが多く、治療として免疫グロブリン補充療法が行われる。 ...

挑戦する企業/キリンHD(9)発酵技術でバイオ医薬 (2023/12/22 生活インフラ・医療・くらし1)

協和キリンは、協和発酵工業時代に抗生剤の自社生産で医薬品事業を本格化。... 腎性貧血治療剤「ネスプ」をはじめ、希少疾患領域のFGF23関連疾患治療剤「クリースビータ」などのバイオ医薬品が成長をけん引...

住友ファーマの肺炎治療剤、中国で販売承認取得 (2023/11/29 生活インフラ・医療・くらし1)

住友ファーマは市中肺炎治療剤「ゼンレタ(一般名レファムリン・アセタート)」で中国国家薬品監督管理局の承認を取得した。中国子会社の住友制葯(蘇州)を通じて注射剤と錠剤で成...

「潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤『エンタイビオ』のピーク時売り上げの達成に自信がある」と強調するのは、武田薬品工業社長のクリストフ・ウェバーさん。 従来の点滴製剤...

アステラスの通期予想、営業益1230億円に下方修正 (2023/11/2 生活インフラ・医療・くらし)

5月に約8000億円で買収した米バイオ医薬品会社のアイベリック・バイオに関連する支払い費用の増加や、後発薬により米国での心機能検査補助剤「レキスキャン」の販売が減少する影響を盛り込んだ。... 前立腺...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン