電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,058件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

AXIA EXPO 2024/紙上プレビュー(1) (2024/5/23 西日本)

【中部電力/浮体式洋上風力など展示】 中部電力は次世代の再生可能エネルギー電源として注目されている浮体式洋上風力発電(イメージ=浮遊軸型...

捜索救難や医療搬送、洋上風力発電施設への人員・物資輸送などでの活用を想定する。

新社長登場/三井住友建設・柴田敏雄氏 女性・シニア・外国人を活用 (2024/5/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

現在取り組んでいる浮体式洋上風力発電事業では、ため池をはじめとする淡水域に加えて、海水域やダム湖への設置で引き合いがある」 《大学までサッカーに打ち込み、社会人になってからもプレーし...

原発や再生エネの発電所が多い地域に半導体産業を集積したり、地方の再生エネ発電所と都市を結ぶ送電線の整備も検討。... 曲がる太陽電池「ペロブスカイト」や浮体式洋上風力発電への投資を促す政府支援も期待さ...

ただ原子力発電所の再稼働が進まず、再生可能エネルギーも出力制御の問題を抱える。... 蓄電池を拡充しつつ、曲がる太陽電池「ペロブスカイト」や浮体式洋上風力発電などの供給力も強化し、主力電源化を目指した...

住重マリン、新たな船出 洋上風力発電事業にカジ (2024/5/2 機械・ロボット・航空機)

今後は洋上風力発電事業にシフトし、再起を図る。... 時を同じくして盛り上がっていたのが洋上風力発電。... 今後は浮体式洋上風力発電設備の大型構造物に活路を見いだす。

企業信用情報/26日 (2024/4/30 総合2)

【数字の見方】 ①業種②所在地③資本金④代表者⑤負債額⑥事由 【26日】 ◎エフタイム ①アクセサリー・雑貨販売②東京都新宿区③―④―⑤1...

一方、新潟県沖では洋上風力発電所開発の構想がある。

同社の船舶・風力発電事業部として手がけてきた技術などを移管した子会社の海上パワーグリッド(同)を新設。... 念頭にあるのは洋上風力発電設備の送電線設置などのコスト面の課題だ。この課題...

経営ひと言/東北電力・樋口康二郎社長「再生エネの価値」 (2024/4/25 素材・建設・環境・エネルギー2)

JERAなどと国公募の秋田県男鹿市沖洋上風力発電に“ゼロプレミアム水準”で入札した理由だ。 洋上風力には運営にかかる資材や人件費の高騰など不安要素もある。... 同発電所は2028年...

GX・産業創出に1.5兆円 和歌山県は2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成に向け、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの...

JFE商事を含め、洋上風力発電関連の需要を捕捉していく」 ―倉敷地区では同業他社に先行して初の大型電炉を新設し、27年度に稼働させます。

自助努力で将来的な収益上昇を描けない中、洋上風力発電設備など大型構造物にかじを切るべきだと考えた」 ―浮体式洋上風力発電関連設備の事業拡大にどう取り組みますか。 ....

浮体積層造形、ドローン活用 会沢高圧コンクリート(北海道苫小牧市、会沢祥弘社長)は、浮体式洋上風力発電とグリーンアンモニアの生産設備を組み合わせた洋上設備の開発のため...

ニュース拡大鏡/内航船、脱炭素へ出航 燃料に水素・アンモニア (2024/4/19 生活インフラ・医療・くらし2)

(梶原洵子) 水素燃料電池を搭載した洋上風車作業船「HANARIA(ハナリア)」が10日に北九州市で就航した。同船は水素と酸素を反...

JERA、再生エネ2000万㎾開発 英に子会社、35年度目標 (2024/4/18 素材・建設・環境・エネルギー2)

洋上風力や陸上風力、太陽光、蓄電池など再生エネ案件に対し、開発投資と建設を行う。... 23年にはベルギーの洋上風力発電大手パークウインドを買収するなど、欧州における洋上風力の知見や人材を獲得してきた...

商船三井とJFEエンジ、洋上風車部材を海上輸送 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし1)

商船三井はグループ会社を通じ、日本初となる内航モジュール船(イメージ)による洋上風車基礎部材輸送についてJFEエンジニアリング(東京都千代田区)と海...

グリーンパワーインベストメント、京セラ系DCにCO2ゼロ電力供給 (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー1)

グリーンパワーインベストメントが北海道の石狩湾で稼働する洋上風力発電所から、データセンターに再生可能エネルギー由来電力を供給する。 ... 石狩湾の洋上風力発電所はグリーンパワーイン...

洋上風力発電のコスト削減や量産化に向け連携を強化。核融合発電の実証や商業化を加速させる「日米戦略的パートナーシップ」を打ち出し、次世代クリーン・エネルギー技術の開発で協力を進める。 ...

エネルギー供給側の具体策として、屋根置き太陽光発電や洋上風力発電が飛躍的に普及すると見込む。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン