593件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

洋上風力発電などの再生可能エネルギー電源開発の増加に伴う、送電線向けの需要増加に対応する。

洋上風力発電などの海上工事の増加が見込まれることから、吊荷の挙動を簡易的に評価する技術が求められていた。 洋上風力発電などの大型部材を船で海中に下ろす際の挙動評価は、船体と吊荷の多体...

同時に洋上風力やバイオマスなどの再生エネと海外展開に本格的に乗り出す。... 他の再生エネは風力や地熱、バイオマスを主な対象とする。英国で洋上風力発電に出資して得た経験を生かす。

経済産業省・資源エネルギー庁は、洋上風力発電の導入拡大に向け、発電事業者に任せていた地質調査や地域の利害調整などの負担を軽減する。再エネ海域利用法の運用を見直し、洋上風力発電の設置前に行っていたこれら...

技術優位性を持ち汎用品を上回る収益力を持つ商品には電磁鋼板や自動車用高張力鋼板(ハイテン)、洋上風力発電用の大単重厚板がある。

入社以来、火力発電所の建設や機器調達など“火力畑”が長かった。 ... 米ゼネラル・エレクトリック(GE)と提携し、洋上風力発電設備のナセルの国産化を目指す。

JFEエンジ、岡山に着床式基礎の新工場 正式発表 (2021/7/21 素材・医療・ヘルスケア)

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、大下元社長)は20日、洋上風力発電向け着床式基礎の新工場を岡山県笠岡市のJFEスチール福山地区敷地内に建設すると正式発表した。

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、大下元社長)は岡山県南部の臨海地域に新工場を建設し、2024年度から洋上風力発電の着床式基礎構造物のモノパイルを生産する。... JFEグループは脱炭素に向けた...

JFEホールディングス(HD)は洋上風力発電事業で、風車タワーと土台のモノパイルをつなぐトランジションピース(接続管)をJFEエンジニアリング津製作所(津市)の現有設備を増強して2024年度から生産す...

新社長登場/鹿島・天野裕正氏 耐震・超高層で存在感示す (2021/7/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

地熱発電にも関心がある。洋上風力発電の建設工事を請け負っているが事業への参入も検討する。

米シカゴに建設中の出力120万キロワットのジャクソンガス火力発電所。... 同国では、折半出資で運営していたバージニア州の石炭火力発電所を太陽光発電所に転換するなど、3カ所で太陽光発電所を建設中だ。&...

二酸化炭素(CO2)の回収・利用・貯留(CCUS)や浮体式洋上風力発電など新たな事業の芽出し活動を推進。

Jパワー、独グリーン水素協に加入 (2021/6/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

同協議会は2020年12月設立のコンソーシアムで、35年までに北海に1000万キロワットの洋上風力発電を設置し、これを使って製造したグリーン水素をパイプラインで独本土まで輸送する計画。

電中研、3研究本部に再編 脱炭素社会に向け研究加速 (2021/6/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

3研究本部は革新的なエネルギー変換・貯蔵や原子力発電、ゼロエミッション火力などを研究する「エネルギートランスフォーメーション」、再生可能エネルギーや広域系統に携わる「グリッドイノベーション」、洋上風力...

一方で、陸上風力発電や他の再生可能エネルギーとは異なり、洋上風力には独特な技術的・商務的なリスクがある。 現在計画されている洋上風力発電の多くは、広大な海域の利用を前提としており、風...

既に日本でも太陽光発電と陸上の風力発電は広く普及しており、今後は洋上風力発電が推進されていくだろう。 しかし、日本における太陽光発電所や風力発電所は世界の発電所と比べると、台風、豪雨...

JMU、海洋エンジ4倍 25年度、売上高比率20%に (2021/6/8 機械・ロボット・航空機1)

洋上風力発電の整備に必要な浮体構造物や作業船に関連する受注を拡大していく。日本に加えて、浮体式の洋上風力発電が先行して導入される見通しの欧州への参入も視野に入れる。... 洋上風力発電の案件をテコに、...

JFEエンジ、新中計で2200億円投資 環境関連事業を強化 (2021/6/3 機械・ロボット・航空機1)

洋上風力発電向けの着床式基礎構造物を生産する体制を整える。... 市場規模が拡大する見通しの国内の廃棄物発電プラントのシェアを高めるとともに、リサイクル事業を加速する。

JERA、蓄電池で再生エネ導入 利用サービス事業化 (2021/6/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

この他、石炭火力発電でのアンモニア混焼の実用化や洋上風力発電などを着実に進める。 夏冬に予想される電力逼迫(ひっぱく)には柔軟な燃料調達、発電設備点検の徹底、精緻な地域需要予測により...

古河電気工業の小林敬一社長は26日にオンラインで会見し、国内洋上風力発電向けの海底用ケーブルの売上高を2025年度に20年度比で4倍以上に伸ばすと話した。... 国内で今後、洋上風力発電市場の拡大が見...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる