電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

98件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

信頼失いつつある経済対策 中国で日本株に投資する金融商品が人気を呼んでいる。数年前まで「日本経済は終わった」と見ていた中国人が下がり続ける中国株に失望して日本株を...

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修...

天下大乱の予感、おびえる人々 最近中国の会員制交流サイト(SNS)に投稿されたある動画を見た。農村で大勢の人が収穫期を迎えた作物を我先に抜き取って...

グローバル化のきしみが目立つ昨今、成長か、社会の安定か、という選択はどの国にも存在するが、日本を基準とした「上から目線」もまた噴飯ものでしかないことは自覚せねばなるまい。(次回は日本国際問題研...

その上、官の退職者はいまだに医療費が公費負担のままだ(閣僚以上のOBには看護師もつく)。

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修...

もう一つの原因は、習近平政権の下で上からの統制が強まる一方なので、役人がリスクを冒したがらなくなっていることだ。 ... 中国の経済秩序は「最後は政府が何とかするだろう」という信頼の...

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修...

本体の処理については、中国政府が「影の管財人」として事実上の決定権を握っているとみるべきだ。 ... 7月31日付本欄でも触れたように、中国の公式統計上の不動産価格はそれほど下がって...

各国が戦略財の供給網確保を図るのは経済安全保障上の理由からだが、さりとて、民間企業が主体となる以上、経済合理性は必要だ。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉...

中国の公式統計上の不動産価格(全国平均)は、2022年1割ほど下がったが、23年は反騰している。... しかし、中国共産党は伝統的に均衡財政論者が優勢な上に、中央と地方の財政制度は昔か...

地震などの災害が多く、不可抗力の事態が起きれば、先進国の「上から目線」の余裕がないことを日本人は所与としている。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です&...

「尖った」中国EV、先頭走る 既に旧聞に属するが、4月に上海で開催されたモーターショーのことを取り上げたい。視察に赴いた日本の自動車メーカー関係者が中国電気自動車(EV...

ただし、経済社会の混乱は途上国にはつきもので、投資環境上の困難も日本企業だけではない。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) ...

成長戦略と地方財政改革、焦眉 去る3月、3期目習近平政権初の全国人民代表大会(全人代)が開催され、李強新首相をはじめ新しい閣僚人事が披露された。し...

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修...

3月全人代、財政出動に注目 最近筆者が本欄でした予想は立て続けに外れた。2022年10月には「習近平政権の人事が手下一色に染められる可能性は低い」、11月には「ゼロコロナは建前を堅持...

国内で経済成長を体験したことがなく、上の世代が持つ「日本ほど良い国はない」という感覚もない。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) &...

日本が来た道をたどるのか 中国経済にとって、不動産不況とゼロコロナ政策によるダブルパンチを食らった2022年は散々な年だった。ゼロコロナ政策は昨年12月に突然撤廃された。抗議運動が政...

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン