2,482件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

防災科学技術研究所と海洋研究開発機構は「南海トラフ地震・津波をはじめとした地震・津波防災に資する調査観測、研究等についての包括的連携協力に関する協定」を結んだ。南海トラフ地震や津波の調査観測や観測デー...

電力新時代 変わる経営モデル(20)中国電力 原発再稼働は悲願 (2020/10/13 建設・生活・環境・エネルギー)

地震、津波などの自然災害や火災などさまざまな要因の事故を想定。

鉄連、建設技術フェアに出展 (2020/10/9 素材・医療・ヘルスケア)

地震や津波、豪雨など異なる災害対策ニーズに応えるため、強靭性や加工性、安定性を持つ各種技術を展示。

大成建、津波の浸水を可視化 解析結果を3D映像に自動変換 (2020/10/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

大成建設は津波の浸水解析結果を3次元(3D)映像に自動変換し、津波の浸水状況を可視化する技術「T―Tsunami Viewer」を開発した。広域から街区までさまざまな津波の挙動を短時間に再現できる。....

審査書案では火災、地震、津波などによる損傷の防止や重大事故の拡大の防止について対策などをまとめた。

地震・津波観測網の充実やレジリエンス(回復力)強化などに重点を置き、政府全体で20年度比19%増の76億円となることを明らかにした。 主な項目として、気象庁は地震観測網や地震津波監視...

想定する災害は、地震、津波、風水害、感染症、気候変動による火災、飢饉(ききん)など。... ハザードマップは同じ自治体でも津波と洪水で浸水の深さを示す色が統一されていないケースもある。

「15年から東日本大震災の津波で流出した海岸防災林の再生を目指す林野庁の『みどりのきずな』再生プロジェクトに参加し、植樹している。

【防災体制を強化】 みなとアクルスでは地震や津波、液状化を想定し、建物の耐震強度の確保や用地のかさ上げ、エネルギー供給・管理設備の2階以上への設置などの対策を講じた。... 屋上や立...

10メートルを超える大津波も発生し「東日本大震災」と呼ばれている。その巨大津波によって世界を震撼(しんかん)させる原発事故が福島を襲ったのだ。

海底地すべりが発生すると津波高が増し、早ければ数秒で津波が陸域に到達する可能性もあり、現在の想定以上の津波対策が求められる。 ... 沿岸近くで地すべりが起きた場合、地震による津波よ...

架構体は人が上れる構造とすることで、津波や高潮などの非常時には島民の避難スペースとして活用していく考えだ。

例えば、洪水や火山噴火予知の際の避難指示の決定や、防波堤建設の際の津波の高さの予測、地球環境の問題への対策などは事実と価値の交錯したトランスサイエンスの問題である。

審査では、海抜16メートルにある敷地に対し、青森県が想定する敷地付近の最大津波高さ(11・5メートル)を2倍にした津波(高さ23メートル)の襲来を想定。

東日本大震災では、「津波てんでんこ」の教訓が生かされ、自分の身は自分で守るという防災意識が寄与して、犠牲者を少なくできた例もある。

高橋社長は新工法の開発経緯について「東日本大震災で津波の被害を目の当たりにし、建築業者として何かできないかとの思いから開発に至った」という。

新型コロナ/避難所、感染リスク可視化 富士通などAI使い実証 (2020/8/25 電機・電子部品・情報・通信1)

2017年から進める「ICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」の一環。

04年の約2兆200億円を上回り、統計を開始した1961年以降、津波を除いた被害額として過去最大を記録した。 ... 津波以外の一つの災害としては、18年の西日本豪雨(約1兆2150...

19年度の活動としては国などが開催した南海トラフ巨大地震を想定した大規模津波防災総合訓練(和歌山県)への参加や、防災産業展におけるシンポジウム、会員企業の出展といった、情報発信活動が目立った。

人命守るICT ドローン・SNSで防災・減災 (2020/8/11 電機・電子部品・情報・通信1)

■VRソフト 洪水・津波・避難、3D映像で予測 フォーラムエイト(東京都港区)は、3次元(3D)映像による仮想現実(VR)ソリューションを展開している。... 空間3D映像に国土地理...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる