99件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

先端材料技術展2020 ONLINE/注目の製品・サービス(1) (2020/10/14 素材・医療・ヘルスケア)

複雑な形状に適用が可能 津田駒工業は、ロボットタイプの炭素繊維強化プラスチック(CFRP)曲面積層機などのコンポジット機械を展示する。

【金沢】津田駒工業は鋳造部品の受託生産事業で、新型コロナウイルス感染拡大で不安定になった鋳物の海外調達を国内に切り替えて複数購買を模索する顧客のニーズを取り込む。... 津田駒工業は自社の繊維機械や工...

【金沢】津田駒工業は鋳造品を生産する松任工場(石川県白山市)内のバリ取り工程に、ロボットを活用した自動化システムを自社で構築し導入した。

津田駒工業、10月に中国子会社を増資 (2020/8/19 機械・航空機 2)

【金沢】津田駒工業は、中国・江蘇省常熟市で水力を使う繊維機械「ウオータジェットルーム」を生産・販売する子会社「津田駒機械製造(常熟)」を10月に増資する。... 一方、空気で横糸を送る繊維機械「エアジ...

【金沢】石川県鉄工機電協会(金沢市、菱沼捷二会長=津田駒工業会長、076・268・0121)は23日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮して会期を5月から10月に延期していた主催展示会「第58回機...

津田駒工業の子会社の共和電機工業(金沢市)は、4月に感染者を確認した後、工場の一部操業を止めて消毒作業を実施。... 大和ハウス工業の芳井敬一社長も「ライフスタイルの変化に対応した(住宅や商業・物流施...

特殊設備生かし顧客広げる 共和電機工業(金沢市、山田茂生社長、076・242・1181)は津田駒工業の子会社で、繊維機械の電装品、工作機械のパレット搬送ラインの製造などを手がける。サ...

現状、親会社の津田駒工業向けが全体の7割を占める。... 現状の主な顧客は津田駒のほか数社にとどまる。... 共和電機は津田駒の完全子会社でRS事業のほか、電装品や各種搬送機の製造を手がける。

津田駒、イタリアに販社設立 3カ国目 (2020/3/31 機械・ロボット・航空機2)

【金沢】津田駒工業は5月にイタリア・ミラノ市に繊維機械、工作機械関連機器の販売・サービスを行う100%出資子会社を設立する。... 社長は津田駒の高納伸宏社長が兼務する。津田駒の海外販売拠点は中国、イ...

津田駒、共和電機を完全子会社化 グループ連携強化 (2020/3/26 機械・ロボット・航空機2)

【金沢】津田駒工業は連結子会社の共和電機工業(金沢市)を26日付で完全子会社化する。... 津田駒は共和電機に繊維機械や工作機械関連機器の部品の製造を委託している。

津田駒工業は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共同で国産初となる、ロボットタイプの炭素繊維強化プラスチック(CFRP)曲面積層機を開発した。... 計16本のスリットトウを制御してボビン...

津田駒工業は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共同で、国産初となるロボットタイプの炭素繊維強化プラスチック(CFRP)曲面積層機を開発し、発売した。... 初号機は川崎重工業に納入する。

【金沢】石川県鉄工機電協会(金沢市、菱沼捷二会長=津田駒工業会長)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を考慮し、主催展示会「第58回機械工業見本市 MEX金沢2020」を5月21―23日から10月2...

【金沢】津田駒工業は今春をめどに、ロボットで自動化した社内の機械加工工程を“ショールーム化”し、外部に公開する。... 津田駒工業は繊維機械と工作機械関連機器に続く「第3の事業」の確立に向け、TRIや...

津田駒工業/2連スピンドル、直径2種追加 (2019/11/18 新製品フラッシュ2)

津田駒工業は加工対象物(ワーク)の多数個取りを可能にする2連スピンドルの数値制御(NC)円テーブル、回転1軸の「RWMシリーズ」にテーブルの直径250ミリメートルと同320ミリメートルサイズを追加して...

【金沢】ツダコマテクノサポート(TTS、石川県野々市市、大森充社長、076・294・5180)は、親会社の津田駒工業がショールームや展示会に使用した旧世代の数値制御(NC)円テーブル(写真)をオーバー...

ツダコマテクノサポート(TTS)は、名前の通りに親会社の津田駒工業の工作機械関連事業を「側面から支える」(大森充社長)。業務は津田駒製マシンバイスと円テーブルの修理・サービスや治具の製造販売。... ...

【金沢】津田駒工業は数値制御(NC)円テーブルのIoT(モノのインターネット)対応を進める。

鋳物生産 津田駒工業は主要事業の繊維機械と工作機械関連機器向けの鋳物を自社生産している。

繊維機械と工作機械関連機器に続く新たな柱の育成は「100年企業」津田駒工業の大きな課題だ。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる