149件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

他の関係機関や企業と災害時連携しているのは管内自治体のほか、陸・海自衛隊、西日本高速道路、海上保安庁、コンビニエンスストア、スーパー、JAなど数多い。

海上保安庁の需要に基づくもので、海上の不審船の警備や取り締まり活動での活用を想定している。

政府機関が保有するドローンは海上保安庁や防衛省、総務省、林野庁、警視庁など合計で1000機近くとみられる。... 15日から海上保安庁が海難事故の探索や不審船監視用に実証実験を始めた米ジェネラル・アト...

防水性能もあり防衛省や海上保安庁、警視庁のほか、税関からも深夜海上の密貿易監視用に引き合いがあるという。

海上保安庁などから離島防衛利用の問い合わせもきており、拡販の可能性を探る。 ... ヘリ型なので横風やあおりなどにも強く、海上でも使用が可能。尖閣諸島周辺では保安庁の巡視船よりはるか...

このうち4人は海上保安庁の専門家で、現地で油除去の指導や助言を行う。

産業春秋/葡萄の美酒 (2020/7/28 総合1)

遠く派遣されてくる中国側も、守りを固める自衛隊や海上保安庁も、心中は唐代の涼州要塞(ようさい)の駐屯兵に通じるものがあろう。

18年国土交通省海上保安庁次長、19年自動車局長、同年内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)、内閣官房日本経済再生総合事務局私的独占禁止法特例法案準備室長代理を兼務。

公船を管理するのは日本の海上保安庁にあたる海警局だが、指揮系統は中央軍事委員会の隷下にあり、軍と連携した行動をとっているのは明白だ。... もう1隻の空母「遼寧」は太平洋で艦載機の発着訓練を繰り返して...

海上保安庁や防衛省は中国製ドローンを事実上排除しており、インフラ系の民間企業でも追随の動きが進む。

ドローンは重要施設の高精細画像を撮影できるため、防衛省や海上保安庁などの官庁が国家安全保障の面から中国製を規制しているのに対応する。

尖閣諸島などの防衛をめぐり、中国の海警局と海軍が合同訓練など一体化を強めている問題について、防衛省の山崎幸二統合幕僚長は「従来にも増して、海上保安庁との連携を強化していく」と25日の会見で語り、共同訓...

テレワーク整備では気象庁や海上保安庁を含め全職員が在宅勤務できる環境に整える。

JMU、巡視船「つるが」海保に引き渡し (2020/5/25 機械・ロボット・航空機2)

ジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市西区、千葉光太郎社長、045・264・7200)は、磯子工場(横浜市磯子区)で建造していた海上保安庁の巡視船「つるが=写真」を引き渡した。

船舶ニアミス、AIで予測 富士通、海上交通管制と連携 (2020/4/16 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通は15日、海上保安庁との請負契約で海上交通管制業務を行う東京湾海上交通センターにおいて、船舶同士のニアミスを予測する人工知能(AI)を用いて船舶の衝突リスクを予測する実証実験を実施したと発表した...

三菱造船は従来、防衛省や海上保安庁向けに同様の船を手がけていた。同船で海上犯罪や海難事故への対応力の向上に寄与する。 16年に日本とフィリピンで結ばれた「フィリピン沿岸警備隊海上安全...

防衛省は5日に若狭湾で、不審船対処について海上自衛隊と海上保安庁の共同訓練を行う。海自の戦術技量の向上と、保安庁との共同対処能力強化が狙い。海自からはミサイル艇「うみたか」と「SH―60K」ヘリコプタ...

三井E&S造船、大型巡視船引き渡し (2020/2/25 機械・ロボット・航空機1)

三井E&S造船(東京都中央区、03・3544・3318)は玉野艦船工場(岡山県玉野市)で建造していた大型巡視船「みやこ=写真」を海上保安庁へ引き渡した。

海上保安庁も中国製ドローンの調達禁止措置をとっている。

東京大学や海上保安庁の研究グループは、今後発生が想定される南海トラフ巨大地震の震源域で、観測困難だった海底下でプレート境界面がゆっくりすべる現象を検出した。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる