電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

745件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

【京都】村田製作所は輸送の脱炭素化に向け、日本で生産した電子部品を海上輸送で輸出する方向で本格検討に入った。... まずは日本から近い中国や東南アジア向けの輸出から海上輸送を始める...

日本は世界に先行して水素キャリアを開発し、輸送技術の確立から利活用までの仕組みを構築する。... ただエネルギーロスが発生し、輸送コストが高い。... ブルネイでMCHを製造して海上輸送し、川崎市で脱...

JX金属、鉱硫船で脱炭素 風力で推進補助、燃費向上 (2024/7/10 素材・建設・環境・エネルギー2)

輸送効率・CO2削減両立 JX金属の持分法適用会社パンパシフィック・カッパー(PPC、東京都港区、村尾洋介社長)が、海上輸送における二酸化炭素(CO2)...

紅海での商船攻撃による海上輸送問題で供給に時間を要していることに加え、モデル切り替えの端境期で台数を落としたメーカーも一部あった。

地政学リスクや為替、スエズ運河の海上輸送問題など懸念材料は多い。

下関三井化学、海運モーダルシフト大賞を受賞 (2024/7/3 素材・建設・環境・エネルギー2)

海上輸送を組み合わせたことで二酸化炭素(CO2)排出量を69・2%削減したほか、物流の2024年問題に対応するトラック運転手の労働時間削減につなげた点が評価された。

JMU、コンテナ船引き渡し (2024/7/1 機械・ロボット・航空機2)

アジア発着とアジア域内での海上輸送量の増加に伴う中長距離の定期航路への投入を想定。

日本郵船、インドネシアでCO2輸送 国営子会社と協業 (2024/6/27 生活インフラ・医療・くらし)

両社は協力し、CO2輸送の事業機会の創出などに取り組む。 ... 液化CO2輸送に加え、液化天然ガス(LNG)輸送での協業や船舶管理会社の共同設立を目指すことで合意し...

5月の輸出船契約、2.6倍170万総トン 4カ月連続プラス (2024/6/20 機械・ロボット・航空機1)

中東の紅海情勢の悪化などにより、海上輸送ではアフリカ・喜望峰経由のルートが選択されることが増加していることなどが需要増加の要因になっているという。

日本通運、東京から船で医薬品輸送 (2024/6/19 生活インフラ・医療・くらし2)

日本通運は関東の物流センターから北海道向けの医薬品輸送の3分の1をRORO船(貨物専用フェリー)による海上輸送に切り替える。... 新しいサービスでは、東京港からトラックや荷台ごと海上...

川重、欧に液化水素網 ダイムラーと供給所検討 (2024/6/17 機械・ロボット・航空機1)

川崎重工業は独ダイムラー・トラックと、ドイツ向け液化水素サプライチェーン(供給網)の構築と欧州での液化水素ステーション輸送網の構築について検討を始める。欧州の道路貨物輸送の脱炭素化に向...

川崎汽船、LNG燃料のバラ積み船完成 (2024/6/14 生活インフラ・医療・くらし2)

JFEスチールの海上輸送向け。

日本郵船、大型船でバイオ燃料の試験航行開始 (2024/6/13 生活インフラ・医療・くらし)

バイオ燃料による安全航行の実績を積み上げ、バイオ燃料の開発促進につなげて海上輸送での脱炭素化を進める。

日通、環境配慮の少量輸送サービス開始 (2024/6/13 生活インフラ・医療・くらし)

日本通運は荷物1個の輸送から鉄道輸送や海上輸送を利用して二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる企業向け輸送サービス「NXカーボン ミニ」を発売した。... 国内のトラック集配機...

郵船ロジ、アジアー欧の鉄道輸送サービス拡充 海上代替策 (2024/6/12 生活インフラ・医療・くらし2)

紅海と周辺海域の緊張状態によって混乱が続く海上輸送の代替策として提案する。 アジアから欧州への貨物輸送は海上輸送が中心だが、中東情勢の混乱によってアフリカ・喜望峰経由により輸送日数の...

コンテナ運賃1万ドル 需要増・紅海混乱、海上輸送の能力逼迫 (2024/6/5 生活インフラ・医療・くらし2)

海運会社や輸入業者の間でやりとりされている料金情報によると、アジアから商品を輸送する企業は向こう1カ月にわたり、フルサイズコンテナでの緊急輸送に最大で1万ドル(約157万円...

JMU、コンテナ船引き渡し (2024/5/28 機械・ロボット・航空機2)

アジア発着、アジア域内での海上輸送量の増加に伴う中長距離の定期航路への投入を想定する。

JMU、中長距離向けコンテナ船引き渡し (2024/5/14 機械・ロボット・航空機2)

アジア発着とアジア域内での海上輸送量増加に伴い、中長距離の定期航路への投入を想定して高い積載能力を確保するとともに、定時運航を可能にする航海性能も備える。

ヤマト、東南アジア―欧州を陸上一貫輸送 (2024/5/2 生活インフラ・医療・くらし)

海上輸送や航空輸送に次ぐ新たな輸送手段として提案する。... 喜望峰を経由する海上輸送の半分の日数で輸送できる。... 2023年末ごろからの紅海周辺での武装組織による船舶攻撃を受け、東南アジア―欧州...

イランとイスラエルの報復の連鎖はリスク回避のドル買いを促し、中東の海上輸送に支障を来せば原油が一気に高騰する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン