電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

296件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

岡田電機工業(神奈川県横須賀市、岡田英城社長)は、地元で廃プラスチックを再資源化しているTBM(東京都千代田区)の横須賀工場と連携し、横須賀市内の廃...

データ駆動科学駆使 プラスチックは、軽量・安価・加工性などの特徴から、日々の生活に必要不可欠な材料である。しかし、大量消費に伴う海洋プラスチックゴミや、天然資源・生物多様性への影響な...

カネカ、生分解フィルムをスズキに供給 船外機梱包材向け (2024/6/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

スズキは海洋プラスチックゴミの削減に取り組んでいる。... スズキは国内生産する船外機完成品の梱包で、石油由来プラスチックの使用量を2026年度までにゼロにすることを目指している。... プラスチック...

海洋プラスチック問題を背景に脱プラスチックの動きが加速しているのを受けて、既存のプラスチック容器に加えて紙容器の製造にも対応した。... プラスチック容器と紙容器の生産ラインを両方持つメリットを活用し...

スズキ、浜名湖清掃に250人参加 (2024/5/14 機械・ロボット・航空機1)

海洋プラスチックゴミ問題に取り組む活動「スズキクリーンオーシャンプロジェクト」の一環。... 同プロジェクトでは船外機を使用する海、河川、湖沼の清掃活動をはじめ、マリン関連の樹脂製梱包材の削減、海洋マ...

一方で「資源循環や海洋プラスチックなど難題が取り巻く状況は変わらない」。

レゾナック、川崎市と実証 海洋プラ、水素などに再資源化 (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

レゾナックは川崎市と連携し、川崎港で回収した海洋プラスチックゴミを水素やアンモニア、二酸化炭素(CO2)などにリサイクルする実証実験に乗り出す。川崎事業所(...

海洋プラスチックゴミを複合機の部品に―。富士フイルムビジネスイノベーション(BI)は海洋プラスチックゴミを原材料にしたプラスチックの活用を始めた。... 海洋プラス...

ワークショップの内容は20日に海洋プラスチックを利用したアクセサリー作り、21日に紙コップ相撲ロボット作りを予定し、両日とも4回(各回の定員18人)開く。

出光と商船三井、船内の廃プラ再生実証 大型石油タンカー対象 (2024/3/5 素材・建設・環境・エネルギー1)

出光興産と商船三井は大型原油タンカー(VLCC)を対象に、航行中に船内で発生する生活ゴミ由来の使用済みプラスチックを再資源化する実証実験を始めた。... 今回の実証...

三菱鉛筆/海洋プラ使用の春軸色ボールペン (2024/3/4 新製品フラッシュ1)

三菱鉛筆は、油性ボールペン「ジェットストリーム 海洋プラスチック」に春らしい軸色「ミストグリーン」「サンドベージュ」を追加し、4日に数量限定で発売する。... 本体は海洋プ...

導入を広げ、海洋プラスチックゴミの削減にもつなげたい」(同本部事業推進二部の石山扶巳グループリーダー)。

リングスター(奈良県生駒市、唐金吉弘社長)は、長崎県対馬市に漂着した海洋プラスチックゴミ(オーシャンプラスチック)を原料として使用したルアーケースを全国の釣具店で4月上...

環境省によると、海洋プラスチック廃棄物の4割が漁網。アライアンス・フォー・ザ・ブルーは、漁網の海洋流出を減らそうと再利用を推進する。 同社もマッサージ器に採用する...

ニッポンの素材力 トップに聞く(1)レンゴー社長・川本洋祐氏 (2024/2/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

6月の定額減税を視野に消費意欲の回復に期待し、当社独自の最適包装の提案・提供に力を注ぎたい」 ―社会的にプラスチック使用の削減ニーズが高まっています。 ... プラ...

また、気候変動対策だけでなく、海洋プラスチック汚染問題やリサイクル推進など全てが連関したサーキュラーエコノミー(循環経済)実現への挑戦となる。

子育てを応援する社会的機運醸成や海洋プラスチックゴミゼロへの意識醸成などを図る。

化学品管理では、海洋プラスチック問題やPFAS(有機フッ素化合物)の規制が課題として挙げられる。

ニュース拡大鏡/京阪、グループで環境対策 省エネ電車・EVバス (2023/12/8 生活インフラ・医療・くらし2)

店舗内に支柱は鉄道レールを使い、壁面は海洋プラスチックを再利用し、サステナブル(持続可能性)を体現した。

レンゴー、球状セルロース粒子でバイオマス度認定 (2023/12/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

特に300マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下の微粒子はマイクロプラスチックビーズの代替品となり、海洋プラスチック問題の解決への寄与が見込まれる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン