335件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

海洋研究開発機構海洋ロボティクス開発実装グループの中谷武志グループリーダー代理らは、水中で撮影した映像から海底の3Dモデルを制作する技術を開発した。

また、海洋機構は農業・食品産業技術総合研究機構との共同研究で、コメと小麦、トウモロコシ、大豆の収量変動を3カ月前から予測できるシミュレーションの要素技術を開発した。 【最大2年先まで...

未踏の北極海域 進出・探索 海洋研究開発機構は2021年10月に創立50周年を迎える。... 日本の基礎研究力や技術力の向上のために海洋機構として何ができるか。... 「海洋機構では...

「アルゴ計画」で海洋変動を観測 海洋研究開発機構は地球全体の海洋変動をリアルタイムで捉える国際プロジェクト「アルゴ計画」に参加し、気候変動の仕組みや予測の精度向上の実現に貢献してきた...

海洋研究開発機構と信州大学、関東天然瓦斯開発、東京大学の研究グループは、南関東ガス田の地下深部に生息する古細菌が今もメタンを生成し続けていることを明らかにした。

海洋研究開発機構は26日、海氷に囲まれた北極海域を観測できる北極域研究船の建造を2021年度から始めると発表した。... 国内での北極の探査は海洋観測船「みらい」を利用していたが砕氷能力を持っていない...

海洋研究開発機構は25日、駿河湾で新種の巨大深海魚「ヨコヅナイワシ」を発見したと発表した。... ヨコヅナイワシは2016年に神奈川県立海洋科学高等学校(横須賀市)の実習船「湘南丸」による駿河湾の海底...

海洋研究開発機構などの国際共同研究グループは、高知県室戸岬沖の海底では40―50度Cと70度C付近が微生物の存続に重要な温度であることを明らかにした。

海洋機構の分析に期待 はやぶさ2は2019年2月にリュウグウへの1回目のタッチダウン(着陸)で表面の試料を、同年7月に2回目のタッチダウンで内部の試料採取に成功した。... 海洋研究...

海洋研究開発機構と兵庫県立大学、高知大学などの研究グループは、生命維持に必要なエネルギーが少ない海底堆積物には、土壌や海水などの養分豊富な環境と同じくらい多くの微生物の種類が存在することを明らかにした...

防災科学技術研究所と海洋研究開発機構は「南海トラフ地震・津波をはじめとした地震・津波防災に資する調査観測、研究等についての包括的連携協力に関する協定」を結んだ。... 「防災科研・海洋機構連携推進協議...

防衛省は「安全保障技術研究推進制度」の2020年度研究課題に、海洋研究開発機構の「レーザー反射光を利用する海中海底ハイブリットセンシングの研究」など21件を決定した。... 大規模課題に選ばれたのは海...

世界最古の潜水艇が作られてから400年が経過し、海洋研究開発機構の有人潜水調査船「しんかい6500」が運用開始30周年を迎える。... (飯田真美子) 資源・環境基盤技術確立 ...

NECは海洋研究開発機構と共同で、人工知能(AI)を使い、海洋プラスチックゴミの動態や環境への影響を評価する海洋マイクロプラスチック計測システムを開発した。... 海洋機構は従来から海洋マイクロプラス...

海洋研究開発機構や産業技術総合研究所などの研究グループは、栄養が乏しい海底堆積物の中で、1億年以上生き延びている微生物の存在を明らかにした。

海底地殻から採取した玄武岩の亀裂内部で、1立方センチメートル当たり100億程度の微生物が生息しているのを発見したと、東京大学と海洋研究開発機構の研究チームが発表した。

海洋研究開発機構の朱春茂研究員らは、海洋汚染物質である5ミリメートル以下の樹脂粒子「マイクロプラスチック」を高速で検出し分類する手法を確立した。

海洋研究開発機構は、深海底の環境観測を行う無人探査機「江戸っ子1号」に、微生物の働きによって分解する「生分解プラスチック」を搭載し、水深5000メートル以上の深海底で1年間の長期分解試験を始めると発表...

海洋研究開発機構海洋機能利用部門生命理工学センターは、同機構が保有する深海の堆積物や微生物といった「深海バイオリソース」を国内の民間企業や大学、研究機関などに外部提供する事業を始めた。... 同機構で...

海洋研究開発機構はテレワークを認める条件として、従来の育児や介護などに加え感染防止を含めた。... 海洋機構のテレワークは、感染防止目的で利用する場合の期限を3月末までとしている。 ...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる