577件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.077秒)

「アルゴ計画」で海洋変動を観測 海洋研究開発機構は地球全体の海洋変動をリアルタイムで捉える国際プロジェクト「アルゴ計画」に参加し、気候変動の仕組みや予測の精度向上の実現に貢献してきた...

海洋研究開発機構と信州大学、関東天然瓦斯開発、東京大学の研究グループは、南関東ガス田の地下深部に生息する古細菌が今もメタンを生成し続けていることを明らかにした。... 研究グループは、同ガス田が広がる...

海洋研究開発機構は26日、海氷に囲まれた北極海域を観測できる北極域研究船の建造を2021年度から始めると発表した。... さらに高機能魚群探知機など新たな設備を搭載するなど極域の科学研究を推進する。....

海洋研究開発機構は25日、駿河湾で新種の巨大深海魚「ヨコヅナイワシ」を発見したと発表した。... ヨコヅナイワシは2016年に神奈川県立海洋科学高等学校(横須賀市)の実習船「湘南丸」による駿河湾の海底...

DMG森精機は8日、同社セーリングチームが現在参戦中の世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」を通じて、海洋中のマイクロプラスチックの調査研究に協力すると発表した。... レース終了後、海洋研究開発...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、小惑星探査機「はやぶさ2」が分離した小惑星「リュウグウ」で採取したとみられる試料が入ったカプセルを豪州中央南部のウーメラ地区で回収したと発表した。... JAX...

海洋研究開発機構などの国際共同研究グループは、高知県室戸岬沖の海底では40―50度Cと70度C付近が微生物の存続に重要な温度であることを明らかにした。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の津田雄一はやぶさ2プロジェクトマネージャは、一般市民にこう呼びかけた。 ... 海洋研究開発機構は、回収した試料を微量分析し、リュウグウの詳細な組成...

鶴見精機は海洋や河川で使用する監視装置や測定機器を製造している。官公庁や大学など研究機関の海洋研究で使用されており、国内外で普及している。... 国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)と共...

大阪大学大学院工学研究科の宇山浩教授と徐于懿助教らは、海でも分解が進みやすい海洋生分解性プラスチック(MBBP)の実用化や普及を目指す産学官連携の枠組みを設立した。積水化成品工業やパナソニック、味の素...

海洋研究開発機構と兵庫県立大学、高知大学などの研究グループは、生命維持に必要なエネルギーが少ない海底堆積物には、土壌や海水などの養分豊富な環境と同じくらい多くの微生物の種類が存在することを明らかにした...

このような時代の到来を想定し、情報通信研究機構(NICT)では、海中ロボットが海底下の埋蔵物をセンシングし、それが何か判別する技術の確立を目指して研究開発を行っている。... 私は、電波を用いた海底下...

防災科学技術研究所と海洋研究開発機構は「南海トラフ地震・津波をはじめとした地震・津波防災に資する調査観測、研究等についての包括的連携協力に関する協定」を結んだ。南海トラフ地震や津波の調査観測や観測デー...

北見工業大学、国立極地研究所、海洋研究開発機構の研究グループは、ハリケーンや台風の進路予報の精度向上に北極海での気象観測強化が有効であることを示した。... 研究グループは、2007―19年に大西洋を...

NEC、次期地球シミュレータ受注 演算性能14.5倍 (2020/9/30 電機・電子部品・情報・通信2)

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が2021年3月の運用を目指す新スーパーコンピューターシステム「次期地球シミュレータ(仮称)」をNECが受注した。 ... 汎用性の高いCPUと、地...

東京大学と北海道大学、海洋研究開発機構の研究チームは、北極海に流れ込む冷水の存在を示し、その起源を突き止めた。海洋調査によりシベリア沿岸で冷水湧昇帯を発見し、発生の物理的メカニズムを解明した。... ...

北海道大学低温科学研究所と国立極地研究所、海洋研究開発機構の研究グループは、南極氷河が沖合からの暖かい海水の流入によって底面から溶かされるプロセスを解明した。南極の昭和基地沖での大規模な広域海洋観測に...

防衛省は「安全保障技術研究推進制度」の2020年度研究課題に、海洋研究開発機構の「レーザー反射光を利用する海中海底ハイブリットセンシングの研究」など21件を決定した。... 大規模課題に選ばれたのは海...

世界最古の潜水艇が作られてから400年が経過し、海洋研究開発機構の有人潜水調査船「しんかい6500」が運用開始30周年を迎える。... 世界でも海底探査船が開発され、さまざまな分野に研究成果を発展させ...

NECは海洋研究開発機構と共同で、人工知能(AI)を使い、海洋プラスチックゴミの動態や環境への影響を評価する海洋マイクロプラスチック計測システムを開発した。... 海洋機構は従来から海洋マイクロプラス...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる