675件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

海洋研究開発機構の朱春茂研究員らは、海洋汚染物質である5ミリメートル以下の樹脂粒子「マイクロプラスチック」を高速で検出し分類する手法を確立した。... 研究グループは、樹脂材料が素材ごとに固有の光反射...

センシンロボティクス(東京都渋谷区、北村卓也社長)は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が行う植生調査において、人のアクセスが困難な場所での定点観測に飛行ロボット(ドローン)が有効であることを確認した...

卓上式で塩水の噴霧量や試験槽内の温度分布を均一にして国際標準化機構規格(ISO)や日本産業規格(JIS)に準拠した。 ... (フリー工業=東京都台東区、03・3831・1541)&...

海洋研究開発機構は、深海底の環境観測を行う無人探査機「江戸っ子1号」に、微生物の働きによって分解する「生分解プラスチック」を搭載し、水深5000メートル以上の深海底で1年間の長期分解試験を始めると発表...

海洋研究開発機構海洋機能利用部門生命理工学センターは、同機構が保有する深海の堆積物や微生物といった「深海バイオリソース」を国内の民間企業や大学、研究機関などに外部提供する事業を始めた。... 同機構で...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とアルウェットテクノロジー(東京都三鷹市、能美仁社長、0422・43・7535)は、人工衛星に搭載された地表の分解能が高い画像を得られる「合成開口レーダー(SAR)」の...

宇宙や化学、海洋などさまざまな分野の実験や技術を紹介。... 物質・材料研究機構は非破壊検査などの実験動画を掲載している。長編動画は、海洋研究開発機構の深海探査や、基礎生物学研究所のアフリカツメガエル...

将来は海洋開発を効率化する水中Wi―Fi(ワイファイ)ステーションの構築用途も想定している。 同装置は海洋機器市場向け製品の第1弾。... 海洋研究開発機構との水中光無線通信の共同研...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、通常業務開始時刻である9時半から、8時半―10時半の範囲で時差出勤を推奨。海洋研究開発機構はテレワークを認める条件として、従来の育児や介護などに加え感染防止を含めた...

海洋研究開発機構の小野重明グループリーダーらは、地球深部に大量のアルゴンの氷が存在する可能性を明らかにした。... 地球規模でのアルゴンの大循環機構の解明が期待される。 ... 海水...

「深海生物は海の表層から餌が落ちてくるのを待っている」と解説するのは、海洋研究開発機構生命理工学センター長の出口茂さん。 ... 「ひもじい世界なので他の生物が分解しないものを利用す...

神戸大学海洋底探査センターと海洋研究開発機構の共同グループは、鹿児島県薩摩半島南方沖にある海底火山「鬼界海底カルデラ火山」の周辺で9万5000年前と7300年前に巨大噴火があったことを明らかにした。....

海洋機構、31日に成果報告会 (2020/1/23 科学技術・大学)

海洋研究開発機構は31日10時から東京都千代田区の気象庁講堂で、気象研究者や自治体関係者などを対象にしたポスト「京」重点課題4「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」の第4回成果報告...

「『微生物生態学の月面着陸』などと高く評価された」と話すのは、海洋研究開発機構主任研究員の井町寛之さん。... これまで、真核生物の祖先に近い分類のアーキアと真核生物との関係について、研究者の間で意見...

風化や汚染が進んでおらず研究試料としての価値が高い。... 植物プランクトン増殖の発生機構や海氷から放出された藻類などの行方、増殖後の海洋環境の変化を調査するため、同ブイを新たに開発した。... 極地...

神戸医療産業都市推進機構、長崎大と創薬で連携 (2020/1/17 中小企業・地域経済2)

【神戸】神戸医療産業都市推進機構(神戸市中央区)と長崎大学は16日、創薬などに関する包括連携協定を結んだ(写真)。長崎大のサメの抗体など海洋微生物資源を活用した独自創薬シーズの臨床開発や共同開発などで...

新産業創造研究機構(NIRO)の牧村実理事長は「関西は素材やバッテリー関連にも強みを持つ企業が集積する。... 「川重製の液化水素運搬船が長年の研究開発を経てようやく進水した。... 中小企業の設備投...

海洋研究開発機構の井町寛之主任研究員らは、人間や植物を含む真核生物の祖先に近い微生物「アーキア」の一つを深海の堆積物から採取して分離し、世界で初めて培養に成功した。... 産業技術総合研究所などとの共...

北から南から/特区を行く 制度活用、産業集積に拍車 (2019/12/30 北から南から/経済特区)

指定法人には、国による税制や金融上の支援があるほか、立地への交付金や研究開発に対する助成など地域独自の制度もある。 ... 海洋再生可能エネルギーでは新エネルギー・産業技術総合開発機...

研究会の座長としてどのような絵姿を目指しますか。 ... サーキュラー・エコノミーは製品開発担当者のモチベーションや現場改善の努力だけで突き進めるものではない。... EUのサーキュ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる