電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

661件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

盛山正仁文部科学相は22日の閣議後記者会見で、2026年度の竣工(しゅんこう)に向け海洋研究開発機構が建造中の初の北極域研究船の名称が「みらいII」に決まったと発表...

生分解性プラ、深海でも分解 東大など実証 (2024/1/30 科学技術・大学)

東京大学の岩田忠久教授らは海洋研究開発機構などと共同で、生分解性プラスチックが深海でも分解されることを実証した。... 海洋に流出した場合に速やかに分解される高機能生分解性プラスチ...

海洋研究開発機構のドゥーグル・リンズィー主任研究員らは、海底カルデラ内で新種のクラゲを発見し、「セキジュウジクラゲ」と名付けた。... このクラゲの無性生殖世代であるポリプが付着す...

海洋・極域・気候変動の研究分野に対し、2023年度補正予算案で33億円計上する方向で最終調整している。... 詳細な海洋データを取得するために、7000メートル以深に対応する大深度自律型無人潜水機&#...

海洋研究開発機構の西野茂人主任研究員らの国際共同研究チームは2日、海水の低酸素化・酸性化が北極海の中央部にまで広がっていることを観測から明らかにし、そのメカニズムを解明したと発表した。... 2020...

製品評価技術基盤機構(NITE)と海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、深海微生物の産業利用を支援する。... 研究開発を目的とする利用者が、必要な情報を検索しやすくす...

海洋研究開発機構の朱春茂研究員と金谷有剛上席研究員は、海洋プラスチック汚染の解明に向け、水面下のプラスチックを直接検出する手法を開発した。... 今後、開発手法を応用して野外環境中でのプラスチック計測...

海洋研究開発機構の吉田弘グループリーダーは清水建設やケミックス(相模原市南区)と共同で、海水から二酸化炭素(CO2)を回収するシステムを開発した。

海洋研究開発機構の土屋正史副主任研究員らは、行方不明となっているマイクロプラスチック(MPs)が深海に多く蓄積していることを深海調査から明らかにした。... これは従来研究で最多のMP...

マッキナワイト電気還元で吸着 海洋研究開発機構の高萩航研究生(研究当時)と北台紀夫副主任研究員らは3日、東京大学の高橋嘉夫教授と共同で生命発生の場として有力な深海熱水...

海洋研究開発機構の新井隆太副主任研究員らは、南海トラフ最西端に位置する日向灘において、上盤プレート内やプレート境界周辺の複雑な地殻構造を明らかにし、この構造が地震の分布などを決める...

気象庁気象研究所の川瀬宏明主任研究官らは、地球温暖化が進行すると、線状降水帯の発生頻度や強度が増すことを高精度なシミュレーションで示した。... 気象業務支援センター、海洋研究開発機構、京都大学、北海...

台風の発達に強く関わる夏の海洋表層の貯熱量も同モード水が厚いほど低かった。... また、同モード水の持ち上げ効果は海洋内部の豊富な栄養塩を海洋表層に供給し、生物生産にも影響する。 東...

海洋研究開発機構は、試料の輸送装置や分析に使う治具の開発、試料の微量分析などを担当した。... (飯田真美子) 海洋機構はさまざまな分析装置を持っ...

日本海南西部と南西諸島沖、生態解明のカギに 海洋研究開発機構と東京大学は、日本沿岸や太平洋の熱帯・温帯海域に分布する「クロマグロ」が産卵する領域が日本海南西部と南西諸島沖であることを...

海洋研究開発機構(JAMSTEC)などが開発した深海底定点環境影響評価システム「江戸っ子」を改造し、海底音響灯台とする計画だ。 ... こうした研究開発を担う中核組織...

海洋研究開発機構の菊池早希子研究員は、微生物が関与することで鉱物に吸着する特定の元素の吸着量が増加することを明らかにした。... 微生物の力を借りて吸着を制御でき、レアメタル(希少金属)...

海洋研究開発機構の谷川亘主任研究員らは、1888年に発生した福島県・磐梯山の噴火で湖中に沈んだ集落の水中災害遺跡「桧原宿跡」の特徴を明らかにした。... 高知大学や京都大学、神戸大...

日本は海洋研究開発機構の掘削船「ちきゅう」を主力として海底の試料の掘り出しに貢献している。... 海中の物質輸送の研究を進める海洋機構の山田洋輔研究員は「ナノ(ナノは10億分の1)サイ...

海洋研究開発機構の清水健二主任研究員は、簡単に平滑な鏡面研磨ができる手法と研磨板を開発した。... 開発した研磨板は直径20センチメートルで厚さ2ミリメートルの円盤。... 清水主...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン