706件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

古野電、GNSS用受信機開発 NTTデータに納入 (2020/3/26 電機・電子部品・情報・通信2)

NTTデータによる、準天頂衛星「みちびき」の衛星回線を利用し防災情報を配信する「減災コミュニケーションシステム」の自動配信機能の中核部分に採用された。... 防災用の屋外スピーカーは10年程度の使用が...

6月をめどに結果を公表し、今後の防災訓練や防災計画にも反映させる。 ... 行政の防災情報が町民にどう伝わったかを検証する。洗い出した課題をもとに、今後の防災・減災対策について町民と...

NTTデータ、デジタル力で防災・減災 (2020/3/20 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTデータが防災・減災対策サービスを拡充している。避難情報の周知や防災連絡網の整備だけでなく、被害状況の把握やシミュレーションなど多角的なメニューを用意する。... 防災情報を配信する「減災コミュニ...

減災への取り組み加速 甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生から9年。... 科学技術を活用した防災・減災対策への取り組みが進む。... 地震や津波を正しく評価することで、防災・減...

NTTデータは4月から、準天頂衛星「みちびき」の衛星回線を利用した自動配信機能を、防災情報を配信する「減災コミュニケーションシステム」に追加する。... 減災コミュニケーションシス...

製作には永松伸吾関西大学社会安全学部教授(防災・減災政策)と永松ゼミ、尼崎鉄工団地協同組合(兵庫県尼崎市、西村善明理事長=尼崎電機会長)が協力。学生14人が4日間、同組合の青友会(西本貴春会長=大和工...

受注環境は土木が国土強靱(きょうじん)化、防災・減災などの予算が付き心配していない。... 中長期には高速道路の大規模改修が続き、防災の観点から都市開発需要が出ると期待している」 ―...

企業と大学が交流して防災関連商品の開発を促進し、防災産業クラスターを形成する事業に1332万円を計上した。 一般会計は前年度当初予算比3・2%減の1兆2197億円。起業・創業に加え、...

傘下の団体には防災だけではなく、サイバー攻撃対策や健康経営のノウハウを提供できるようにする。また取得したデータは保険を引き受ける際に活用するだけでなく、企業にとって保険以上に重要な防災・減災サービスの...

日本防災産業会議/防災・減災に企業の力結集を (2020/2/11 モノづくり日本会議)

防災・減災に向け、地震をはじめ自然災害への日頃の備え、さらに災害発生後の早急かつ的確な対応がより重要となっています。... 減災・レジリエンスの重要性を改めて認識するとともに、防災対策をさらに進化させ...

また、激甚化する災害をにらんだ河川、道路、砂防などハード面の防災・減災対策として同10%増の819億円を計上。

【新潟】長岡技術科学大学は3日、東京電力ホールディングス(HD)と防災・減災に関する共同研究プロジェクト設立に向けた包括連携協定を結んだ。... 避難所に置ける小型電源装置や防災に関わる人材の育成プロ...

東京五輪・パラリンピック開催を地域活性化につなげる事業、防災・減災対策、スマートシティー(次世代環境都市)の取り組み加速を注力テーマと位置付け、重点配分した。 ... 防災・減災対策...

今後は改良復旧など国との協議を進めながら対応し、防災・減災対策に重点を置いた20年度の予算編成を行う。... こうした点は企業へのアピールになると期待している」 【記者の目/人手不足...

その間に国が防災減災や治水事業に取り組み、個人や企業も耐震補強など防災減災の仕組みを進めることが重要だ。... 最大マーケットの米国も良い案件があれば考えたい」 【記者の目/防災・減...

中経連会長に水野氏 (2020/1/24 総合3)

防災・減災への投資減税実現に向け全国の経済連合会を主導した。

国土交通省は21日、全局が参加する防災・減災対策本部を立ち上げ、初会合を開いた。近年頻発する大規模災害に対し、国民目線で組織の縦割りを排除した抜本的、総合的な防災・減災対策をつくるのが狙い。「総力戦で...

調印式に立ち会った経済産業省・中小企業庁の前田泰宏長官は「協議会のリーダーシップの下、関係団体などと防災に対する万全な準備を求めたい。... 中小企業の事前の防災・減災対策に関する計画を経産相が認定し...

経費削減努力をしっかり実行した上で、お客さまに理解いただける状況にすることが重要」 ―全国一律の水災の保険料率の見直しは。 「水災に遭いやすい地域とそうではない地域...

慶応義塾大学の山口真吾准教授が、フェイスブックやLINEといった会員制交流サイト(SNS)で被災者から災害情報を集め、人工知能(AI)で情報分析し、防災・減災の課題解決を図るという提言を行った。具現化...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる