8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

1900年(明33)4月創業の渡辺鋳造所(山形市、渡辺利隆社長、023・643・7010)。... 新材料は鋳造後に深冷(サブゼロ)処理のみで、任意の硬さに調整できる。... 鋳造材料の新規性を追求す...

資金繰り対策柔軟に 渡辺鋳造所社長・渡辺利隆氏 (1)4月の売り上げは前年同月に比べ30%以上減少した。... (東京都大田区) コロナ後の社会に備え 印南製作所社...

【質問】 (1)直面している経営の課題は (2)感染拡大対策として取り組んでいることは (3)政府や自治体への要望は ...

渡辺鋳造所(山形市、渡辺利隆社長、023・643・7010)は、今春に文部科学大臣表彰科学技術賞を山形県工業技術センターとともにチームで受賞した。同社が中核となって取り組んだ鋳造技術「マルテンサイト鋳...

新開発の鋳造材料で市場開拓に取り組んでいる渡辺鋳造所(山形市、渡辺利隆社長、023・643・7010)。... (山形支局長・大矢修一) ―新鋳造材料はどのようなものですか。 ...

≪優良賞≫ 【渡辺鋳造所/新規鋳造材料を用いた射出成形用金型技術】 渡辺鋳造所は新規鋳造材料を用いた射出成形用金型技術を開発した。従来の射出成形材料(プリハードン鋼...

渡辺鋳造所の渡辺利隆社長は、革新的な鋳造材料による新たな価値の創造に力を入れている。... 年内をめどに本社工場近隣の第3事業所の敷地内に新建屋を設置し、機械加工関連の設備を集約する計画。... 渡辺...

【山形】渡辺鋳造所(山形市、渡辺利隆社長、023・643・7010)は、山形県工業技術センターと共同で開発した鋼に匹敵する硬さを持つ鋳鉄の活用で、自動車・機械関連メーカーなどに提案営業を始めた。......

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる