2,817件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

産業(製造)、欧州グリーンディール(EUからの温室効果ガス排出削減政策)、モビリティー、ヘルスケア、金融、エネルギー、農業、行政、スキルの9分野である。... クラウド連携やデータ共有に関して「GAI...

産業春秋/猛暑到来 (2020/8/5 総合1)

温室効果ガス排出量抑制への関心が高まり、省エネ機器が普及したことが要因。

7月23日は海の日 (2020/8/4 特集・広告)

協定違反が認められれば支援措置の廃止勧告が出されるほか、類似施策への抑止効果が期待される。 ... 今後は温室効果ガス(GHG)大幅削減船、自動運...

大企業が温室効果ガス排出量を国に報告するシステムとも接続し、削減から報告、開示までを連動させる。... さらにクレジットの取得が温室効果ガス排出量報告システム、同省の環境情報開示基盤にも反映される仕組...

小泉進次郎環境相は閣議後会見で、「2050年に(温室効果ガス排出量を実質ゼロにする)脱炭素を目指すべきだ」と発言し、国の排出削減目標の見直しに意欲をみせた。

同日会見した開発本部長のアイドガン・チャクマズ副社長は「ゼロエミッション(温室効果ガス排出ゼロ)分野での技術革新は当社や(親会社の)独ダイムラー・トラックにとって世界的な取り組みだ」と話した。 ...

原子力発電所の再稼働が進まない中、政府の温室効果ガス削減目標を達成するには再エネ比率を大幅に引き上げる必要があると主張している。

日本船舶海洋工学会(東京都港区)が選定する「シップ・オブ・ザ・イヤー2019」に、わが国で初めて完全バッテリー駆動でゼロエミッション(温室効果ガス排出ゼロ)を実現した大島造船所(長崎県西海市)の旅客船...

森林破壊ゼロ、潮流なるか 味の素など4社宣言 JBIB調査 (2020/7/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

気候変動対策では再生可能エネルギーでの事業運営を目指す「RE100宣言」や温室効果ガス排出ゼロの「脱炭素宣言」が相次ぐ。

容器包装プラの再資源化進む 鉄鋼大手、技術開発加速 (2020/7/27 素材・医療・ヘルスケア)

廃プラを熱分解処理した後、炭化物、再生油、ガスとして有効利用する。... 二酸化炭素(CO2)削減効果に換算すると約960万トン。 ... 「CO2排出削減や社会的コスト低減効果の高...

協働通じて研究に刺激を 【学術的評価高くても…】 地球環境の現状と今後を理解するために、大気中の温室効果ガス濃度、気温、降雨量、海洋の温度、水素イオン指数(pH)、...

【グリーンとDX】 19年12月に委員長が交代し新体制となった欧州委員会では、重点政策として50年までにEUの温室効果ガス正味排出量ゼロを目指す「欧州グリーンディール」や、経済・社会...

2019年度の開発と生産活動に伴う温室効果ガス排出量は前年度比2%減の128万トンだった。

ライバルの韓国、中国では大型再編が進み、液化天然ガス(LNG)運搬船の大量受注など明るい話題が出始めた。... 今治造船、JMUの提携がうまくいくことを望む」 ―国際海事機関(IMO...

三井物産の出資先が保有する天然ガス発電所などから電力を調達する。... 自社で開発した発電所からの電力や環境価値を社外にも提案し、温室効果ガス(GHG)の削減などに取り組む企業の需要を取り込む。...

大林組、地熱発電・水素製造実証 大分にプラント建設 (2020/7/10 建設・生活・環境・エネルギー)

地熱発電電力を活用した水素製造実証プラントを併設し、地熱発電電力を利用して得た温室効果ガス排出量の少ない「CO2フリー水素」を地元の工場など複数の需要先へ供給。

ニュース拡大鏡/環境相、発言に勢い戻る “脱炭素”かじ取り自信 (2020/7/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

石炭火力発電の廃止や温室効果ガス排出削減目標の決定権は環境省にはなく、「国内調整の難しさは万国共通」と吐露した。

「高炉での鉄鋼生産より温室効果ガスの排出量が少ない」ことから、環境負荷の少なさを訴求している。

二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を21世紀後半に「実質ゼロ」とするパリ協定の目標達成に向け、技術開発を産学官で進めるための政府の有識者会議が7日、初会合を開いた。

3月末に、温室効果ガス排出量を2030年度までに15年度比63%削減すると発表。... 世界のトップ企業と遜色ない目標レベルまで高めた」 ―これまでの温室効果ガス削減の実績は。...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる