266件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

環境省、温室ガス削減で中小募集 (2021/7/29 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は温室効果ガス排出削減の中長期目標の設定や実践について支援を受けたい中小企業の募集を始めた。

科学に立脚、責務と貢献 【課題広く共有】 2050年カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)はチャレンジングな目標で、その達成にはグリーントランスフォーメ...

白書は、特集とは別の章の中で「原発再稼働は温室効果ガス排出削減の観点からも重要」とも説明した。

経営ひと言/宇部興産・泉原雅人社長「制約を好機に」 (2021/7/27 素材・医療・ヘルスケア2)

「カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成に向けて、どれだけイノベーションに寄与できるかが重要だ」と話すのは、宇部興産社長の泉原雅人さん。 ... 素材業界は自社の温室...

菅義偉首相が30年度までの温室効果ガス排出削減目標の強化を表明した4月以降、急速に加盟が増えた。

圧縮機、オイルフリー アネスト岩田はカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向け、製品のオイルフリー化を推し進める。... 菅義偉首相は2020年秋の所信表明演説で50年...

温室効果ガス排出削減策としての技術確立や商用化を通じ、国際的な普及を目指す。 ... 分離、回収の低コスト化や船舶での長距離輸送、インドネシアの油田やガス田でのCCUS事業の実現など...

欧州自動車各社は欧州連合(EU)の厳格な温室効果ガス排出削減目標に合わせて完全電動モデルを展開する一方、バッテリーのアジア依存脱却を目指している。 充電時間の短縮に加えて、エネルギー...

成長戦略で大きな比重を占めるのが、温室効果ガス排出削減目標で30年に13年比46%減、50年に実質ゼロを見据えたグリーン投資戦略だ。

富士電機は17日、2050年のサプライチェーン(供給網)全体での温室効果ガス排出量削減目標を従来の80%以上から温室効果ガス排出量実質ゼロに上方修正した。... また、産業革命前と比較した温度上昇1・...

民間資金を活用して日本企業が途上国の温室効果ガス排出削減に貢献した成果を自社の削減量に加えられるようにする。... 2030年度までに官民合わせて1兆円の投資を誘発し、海外で累計1億トンの削減に貢献す...

脱炭素社会の実現に向けて、50年のバリューチェーン全体での温室効果ガス排出削減目標を当初計画の13年度比80%減から実質ゼロへ上方修正した。「電力をつくる時の二酸化炭素(CO2)削減にどれだけ貢献でき...

温室効果ガス排出削減へ、都は都内で販売される2輪車について2035年までに非ガソリン化する目標を掲げている。

日本を変える17Goals(102)マルソー (2021/5/21 SDGs)

雪冷熱エネルギーをさらに使った温室効果ガス排出削減、省エネ、地球環境保全、観光活用やブランド発信などに取り組む」としている。 ...

超電導で温室ガス削減 【ハイブリッド式】 航空分野の温室効果ガス排出削減については、国際民間航空機関の場で、グローバル削減目標((1)燃料効率を毎年2%改善、(2)...

菅義偉首相は温室効果ガス排出削減目標の強化を打ち出したが、他国からは国内事情に配慮したり、自国を優位にみせたりするスピーチもあった。 米国のバイデン大統領は国内の排出量を2030年ま...

再保険大手のスイス・リーは、温室効果ガス排出削減対策を講じないと2050年に世界の国内総生産(GDP)が18%減少すると分析した報告書を公表した。... また、現状の各国の排出削減計画を継続すると気温...

投融資先が意欲的な温室効果ガス排出削減目標を持つと、温暖化対策の国際ルール「パリ協定」に貢献する金融機関として認める。... SBTは企業の排出削減目標を審査し、パリ協定の達成に必要な削減ペースと整合...

気候変動分野では、温室効果ガス排出削減を協働で推進する。

政府が30年度までに温室効果ガス排出削減目標を13年度比46%減に引き上げるなど、脱炭素の流れが加速している点に対応し、意欲的な目標を示した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる