電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

50件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

今年度の産機受注、2%増の見通し 3年連続プラス (2024/4/1 機械・ロボット・航空機1)

官公需は下水・汚泥処理や港湾用クレーンの更新案件が出た。

三井E&Sはマレーシアで港湾用クレーンを計60基受注した。... マレーシアはベトナムと並ぶ港湾用クレーンの重要市場。... 通常、港湾用クレーンの受注は4―6基が一般的だ...

インタビュー/三井E&S社長・高橋岳之氏 脱炭素へ市場見極め (2024/2/1 機械・ロボット・航空機2)

新燃料、機動的に対応 三井E&Sが主力の船舶用エンジン、港湾用クレーンの他社との差別化で成果を出している。... クレーンは燃料電池(FC)搭載機種で顧客の脱...

三井E&Sは主力の港湾用クレーン事業で、客先で稼働中の機種に燃料電池(FC)を搭載して脱炭素化を図るレトロフィットビジネスに乗り出す。... 三井E&Sは23年4月に世...

三井E&Sはベトナムで港湾用クレーンを計30基受注した。... 納入予定の大型岸壁用コンテナクレーンはハイフォンで最大級になる。... 三井E&Sは24年3月期に受注高3200億円を計...

三菱重工業、岩谷産業と車載型水素ステーション開発 (2023/9/25 機械・ロボット・航空機1)

港湾や建設現場など定置型水素ステーションを整備しづらい場所で、燃料電池(FC)を搭載した次世代の港湾用クレーン、油圧ショベルなどに水素を充填する用途を見込む。... FC搭載の港湾用ク...

DXで保全効率化 産業機械・エンジ、相次ぎ導入 (2023/8/15 機械・ロボット・航空機)

対応範囲は港湾用クレーンや橋梁、プラント、発電所など幅広く、港湾用クレーンの場合、目視で1日から1日半かかる点検作業を半日で完了できる。 両社は三井E&Sの主力の港湾用クレー...

対応範囲は港湾用クレーンや橋梁、プラント、発電所など幅広い。港湾用クレーンでは、目視で1日から1日半かかる点検作業を半日で完了できる。 ... 三井E&Sは港湾用クレーンの国...

三井E&S、日立造船のグループ会社で船舶用エンジンを手がける新会社2社がそれぞれ営業を始めた。国際海運の脱炭素や経済安全保障で船舶用エンジンの重要性が高まる中、今後の展開に注目が集まる。......

船舶用エンジン、港湾用クレーンと機械事業中心になり、持ち株会社制の意味がなくなった。... 経済安全保障推進法の特定重要物資に指定されたことで、補助金の活用を見込めるのは大きなメリットだ」 &...

旧三井造船時代から、造船や船舶用エンジンの技術者出身が社長を務めてきたが、2022年4月に就任した高橋岳之社長は、港湾用クレーンの営業出身で、事務系の社長は初だ。 ...

三井E&Sホールディングス(HD)は東南アジアで港湾用クレーンの現地生産を再開する。... 港湾整備に伴い「ガントリークレーンやトランステーナ(コン...

三井E&Sホールディングス(HD)は2025年度までに総額300億円規模の設備投資を実行し、船舶用エンジンの次世代燃料対応を加速する。... 舶用エンジンと港湾用クレーンを軸に...

三井E&Sマシナリー(東京都中央区、田中一郎社長)は、主力製品で港湾用のラバータイヤ式門型クレーンの新たな駆動システム用に、水素燃料電池パワーパック(...

船舶用大型ディーゼルエンジンで世界最大のライセンサーとして君臨する。... 新造船建造から撤退し船舶用エンジンと港湾用クレーンを軸に再起を図る。

舶用エンジンと港湾用クレーンの機械事業を軸にした新中期経営計画を2023年3月期に始動し、再成長を図る。... 舶用エンジンと港湾用クレーンはシェアが高く、競争力のある分野だ。

舶用エンジンと港湾用クレーンの機械事業を軸に成長を目指す。... クレーンも同様だ。燃料電池を積んだゼロエミッションクレーンを23年に市場投入する」 ―デジタル戦略は。 &#...

三井E&Sホールディングスは港湾用クレーンの米国生産の検討に入った。... 三井E&Sは港湾用クレーンで国内シェア7―9割程度を占めるが、海外では価格競争力で勝るZ...

三井E&S、港湾用クレーン4基受注 ユニエツクスNCTから (2021/8/24 機械・ロボット・航空機2)

三井E&Sマシナリー(東京都中央区、田中一郎社長)は、ユニエツクスNCT(東京都品川区)から、港湾荷役クレーン「ニアゼロエミッション型トランステーナ」4基を受注...

三井E&Sマシナリー、遠隔操作ロボを育成 10年後売上高の1割に (2020/10/27 機械・ロボット・航空機1)

同社は主力の舶用エンジンや港湾用クレーンで高いシェアを維持するものの、市場は成熟している。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン