電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

138件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

武田薬品の4―12月期、売上高4.6%増 消化器領域好調 (2024/2/2 生活インフラ・医療・くらし1)

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンタイビオ」が、米国や欧州、カナダで新規投与が増加したほか、円安も寄与し増収となった。

経営ひと言/持田製薬・持田直幸社長「幅広く治療提案」 (2024/1/25 生活インフラ・医療・くらし)

消化器領域に注力し、潰瘍性大腸炎の製品を強化する。 潰瘍性大腸炎は、炎症により下痢や腹痛などの症状が出る疾患。

筑波大学の秋山慎太郎講師と土屋輝一郎教授らは、原因不明の慢性腸炎である潰瘍性大腸炎(UC)の重症度と便意切迫感の新たな評価指標として、大腸粘膜の酸素飽和度(...

「潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤『エンタイビオ』のピーク時売り上げの達成に自信がある」と強調するのは、武田薬品工業社長のクリストフ・ウェバーさん。 ... 「潰瘍...

武田薬の通期、営業益2250億円に下方修正 新薬開発中止で減損 (2023/10/27 生活インフラ・医療・くらし1)

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンタイビオ」や、希少疾患薬「タクザイロ」など、がん領域を除き好調に推移した。

武田薬、潰瘍性大腸炎薬がクローン病向け治療薬として承認取得 (2023/9/28 生活インフラ・医療・くらし)

武田薬品工業は潰瘍性大腸炎治療薬「エンタイビオ皮下注(CS)」について、中等症から重症の活動期クローン病の治療薬として厚生労働省から製造販売承認事項一部変更の承認を取得した。... エ...

ニュース拡大鏡/製薬、過熱する大型買収 世界で戦う力高める (2023/9/8 生活インフラ・医療・くらし1)

1月に中国の製薬企業ハッチメッドから大腸がん治療薬「フルキンチニブ」について、中国を除く全世界での開発・販売の独占的ライセンス権を取得。... 武田薬品工業は潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビ...

フェリング・ファーマなど、潰瘍性大腸炎治療の飲み薬 (2023/9/4 生活インフラ・医療・くらし)

フェリング・ファーマ(東京都港区、津村重吾社長)と持田製薬は、潰瘍性大腸炎治療剤「コレチメント=写真」を発売した。... 薬物送達システム「MMXテクノロジ...

ゼリア新薬、米バイオVBに出資 大腸炎治療薬の開発加速 (2023/8/4 生活インフラ・医療・くらし1)

メイジバイオロジクスは経口投与可能な新規ヒト化モノクローナル抗体(mAb)の開発を進め、潰瘍性大腸炎治療薬としての効果を検証していく。 開発するmAbは、ティロッツが...

製薬大手8社の通期見通し、5社が増配 主力製品、海外で好調 (2023/5/16 生活インフラ・医療・くらし)

武田薬品工業は24年3月期の業績予想は前期比で減収減益としたものの、主力製品の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」など主要事業の医薬品が引き続き好調に推移すると見る。

武田薬品の前3月期、売上高4兆円 主力薬成長・円安寄与 (2023/5/12 生活インフラ・医療・くらし1)

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」や希少疾患薬「タクザイロ」の成長や円安の影響といった増収要因が、日本での糖尿病治療剤事業を帝人ファーマへ譲渡したことによる減収を上回った。

【東大阪】近畿大学の渡邉智裕特命教授や鎌田研特命准教授らは、免疫機構が自分自身の膵臓(すいぞう)を攻撃し腹痛や下痢を引き起こす「自己免疫性膵炎」の治療の仕組みを解明した。.....

その中でも最もマイクロバイオームの医薬品が応用可能な領域として検討されているのが、潰瘍性大腸炎に代表される消化器の炎症疾患である。

バリアー機能を人為的に強化できれば、潰瘍性大腸炎やアトピー性皮膚炎といったバリアー機能低下により発症する慢性炎症の治療法開発につながる。

武田薬の4―12月期、営業益13%減 研究開発費など増加 (2023/2/3 素材・医療・ヘルスケア)

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンタイビオ」の売上高が同38・6%増の5479億円となるなど主要な疾患領域の製品が好調に推移した。

武田薬の通期見通し、営業益上方修正 為替レート見直し (2022/10/28 素材・医療・ヘルスケア)

22年4―9月期は主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンティビオ」の販売が好調だった。... 一方、21年同期に計上した帝人ファーマへの日本の糖尿病治療剤ポートフォリオ売却による一過性の収益の反動...

【東大阪】近畿大学の渡辺智裕特命教授、益田康弘博士課程2年らは、潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患の発症メカニズムを解明した。... 潰瘍性大腸炎とクローン病の患者の腸管組織...

がんなどの疾患との関係性が示唆されており、有効な治療方法が十分にない疾患の新しい治療方法となる可能性が期待されている。 ... 潰瘍性大腸炎やクローン病など腸疾患の場合、腸内細菌叢の...

大阪大学の小山佳久助教や島田昌一教授らは28日、抗酸化作用がある水素を大量に発生させるシリコン製剤を活用すると、潰瘍性大腸炎の症状が改善したことを明らかにした。同疾患の発症原因の一つに酸化ストレスの関...

東京医科歯科大学の岡本隆一教授らは、難病指定されている大腸の粘膜に炎症が起こる「潰瘍性大腸炎」の患者にミニ臓器を移植することに成功した。... 粘膜上皮再生の起点となる「腸上皮幹細胞」を潰瘍性大腸炎の...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン