電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

16,888件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

災害救助用ヘリコプターが夜間でも目的地を視認できるよう、ライトを逆反射させない防水層用ヘリサインフィルム「フレクターフイルム」は、公共施設などで採用される。

災害時の浸水対策で展示室や収納庫は2階以上のフロアに設ける。

富士通Japanと順天堂大、災害医療体制構築へ研究講座開設 (2024/6/14 電機・電子部品・情報・通信)

富士通Japan(川崎市幸区、長堀泉社長)と順天堂大学は、大規模な自然災害やパンデミック(世界的大流行)などで被災しても持続可能な復旧力を備えた災害医療体制の構築を目的...

少子高齢化による人手不足や地球温暖化による自然災害の甚大化など、さまざまな社会課題に直面するなか、人工知能(AI)やロボットなどの先端技術を活用した課題解決が求められている。

佐野市は地盤が安定し、地震など災害に強いとされる。... 市政策調整課は「企業は通常の事業活動をしながら、災害時に少ない負担で被災地を支援できる」と説明する。

災害対策のほか政治や地政学リスクも考慮し安定調達を図る。... 橿原市との防災協定で災害時は同社を避難場所に提供。

変電所巡視にドローン 中部電PG、今秋試行運用 (2024/6/13 素材・建設・環境・エネルギー1)

遠隔の拠点からドローンを操作し、変電所内を巡視することで、設備故障や災害発生時の復旧時間の短縮につなげる。

やまびこ、可搬型太陽光・蓄電・発電システム 駐輪場で実証 (2024/6/13 機械・ロボット・航空機1)

同発電システムは系統電力が行き届いていない地域に安定した電源供給が可能で、災害時などに役立つ。

三井不と日鉄興和不、都内にドローン実験場 配送・災害支援を実証 (2024/6/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

ラストワンマイル配送や災害時の支援物資搬送などでの活用を想定している。 ... 物流や建設業界における労働力不足や自然災害への対策などさまざまな社会課題の解決に向け、配送や点検といっ...

三井住友建、下期に水循環式バイオトイレ投入 災害時利用など想定 (2024/6/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

災害時や上下水インフラが整っていない自然公園、建設現場などでの利用を見込んでいる。... ダイバーシティー化が進む建設現場での労働環境や災害時の生活環境の改善に役立つとみている。

三菱マテ・ORPHE、労災予防インソール開発 センサーで現場の転倒検知 (2024/6/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

三菱マテリアルはORPHE(東京都渋谷区)と共同で、インソール型センサーを活用した労働災害予防システムを開発する。... そこで、三菱マテリアルで過去に発生した転倒...

災害時、空港早期復旧へ 国交省がBCP指針改訂 (2024/6/13 生活インフラ・医療・くらし)

A2―BCPの実効性を強化するため、災害時の代替交通手段の確保や津波警報発令時の航空機の避難、民間に運用を委託しているコンセッション空港での災害時の官民の役割分担、訪日外国人対応などに取り組む。国交省...

同時に災害を防ぐ流域治水の取り組みや、土地のプロフェッショナル人材の育成も課題とした。 土地基本方針は2021年の土地基本法改正で制度化され、近年の人口減少や東京一極集中、アフターコ...

【長野】エプソンアヴァシス(長野県上田市、武井喬社長)は、同社が提供する消防団向け災害出動支援クラウド「コミュたす」に報酬計算機能とフリーメッセージ配信機能を追加し...

離着水・海上航行で観測、五洋建がドローン開発 (2024/6/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

空撮により、災害時には陸上と水中の両方の状況を速やかに把握できる。

またロボテスは25年から、ロボット、エネルギー、農林水産、放射線科学・創薬医療、原子力災害データ集積の5分野で世界をリードする研究開発の中核拠点を目指している、福島国際研究教育機構(F―REI...

佐藤薬品が生産自動化 工程間に移動ロボ、多品種少量ライン構築 (2024/6/12 生活インフラ・医療・くらし1)

30年度までに最も古い工場棟のみで生産する品目をなくして災害リスクを低減し、一般用医薬品(OTC)メーカーとして供給の安定性を高める。... 製造管理システムはデータ管理先をクラウドに...

【大分】大分県は日本UAS(無人航空機)産業振興協議会(JUIDA、東京都文京区、鈴木真二理事長=東京大学名誉教授)と「災害におけるドローン...

トヨタホーム、愛知・みよし市で大型分譲 来月上旬発売 (2024/6/11 生活インフラ・医療・くらし)

太陽光発電設備などを標準搭載したゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)仕様とするほか、災害発生時に有効な36リットルの飲料水が確保できる貯水タンク、車からの給電機能を有する家庭用蓄電池も併...

ニュース拡大鏡/京王電鉄、設備管理DX 技術系部署で連携強化 (2024/6/11 生活インフラ・医療・くらし)

更新工事・災害時に円滑対応 京王電鉄はデジタル技術を活用し、技術系部署間の連携を強化する。... これに電気設備の情報を加え、設備更新工事の準備や災害時対応の効率化に役立てる。......

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン