323件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

社員はアルバイトも含め、全て対象となっており、激甚災害発生時に登録、確認できるようになっている。エマージェンシー・コールはリアルタイムで災害情報を発信する機能もあり、台風情報などは、いつ、どこにどの程...

27年ごろの上場も視野に入れている」 ―災害発生時の請求勧奨を支援する機能などを加えました。... 地図情報や災害情報との連携などにも取り組みたい。... 「保険は情報の非対称性が高...

SOMPO、自前で介護施設向けソフト (2021/9/28 素材・医療・ヘルスケア1)

SOMPOHDは事業から得られる介護や災害、交通などのデータを用いたソリューションビジネスの開発を2019年から本格的に開始。... 事故・ヒヤリハットでは、蓄積された過去の事故やインシデントの情報か...

自然災害予測 AI活用 大規模自然災害が頻発する日本。... 「災害関連情報の予測や収集が課題だ。... 災害情報の予測や収集。

官民が連携し、災害情報の共有・活用に力を入れる。... 災害時、自治体はどのように先進技術の情報を収集し、活用できるか。... 地震や大雨など、災害発生時に被害情報を共有できれば、サプライチェーン(供...

中国電、新興に出資 SNS災害情報解析 (2021/9/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

中国電力では災害時の情報収集手段として発展性があると判断、出資した。... スペクティのサービス「スペクティ プロ」は、災害や事故時のツイッターなどの膨大なSNS情報をAIで解析する。災害やリスク情報...

災害情報共有訓練とも連動して会員の連携を促進する。 ... 来月1日、災害情報共有訓練 一般企業の参加募る 日本防災産業会議...

従業員、取引先の安全を考慮し、降雨の予測、交通インフラ状況、自治体の災害情報などを踏まえて総合的に判断した。

日本防災産業会議(事務局=日刊工業新聞社)は、民間企業による災害情報共有プラットフォームを構築する。... 具体的には防災産業会議と情報連携協定を結んでいる防災科学技術研究所から提供される災害情報に対...

CATV、収益多様化急ぐ ローカル5G活用、DX推進 (2021/7/26 電機・電子部品・情報・通信)

「ポストコロナで想定される移動不要な社会の実現には、情報通信技術(ICT)が欠かせない。... 地方自治体や中小企業向けに農業や災害情報の可視化などのIoT(モノのインターネット)ニーズを開拓し、新た...

Bit peeps(ビット・ピープス、兵庫県西宮市、如南友博社長)は、災害時の状況判断や行動を支援する防災システム「ボウサイコンパス」の提供を始めた。... 専用の情報通信技術(ICT)端末を接続した...

災害情報を共有 日本防災産業会議(事務局=日刊工業新聞社)は、都内で通常総会を開き、2020年度の事業・収支報告と21年度の事業計画・予算案を承認した。多発する豪...

三井化学と日本IBMは8日、化学物質を扱う作業現場の安心安全な労働環境づくりを目指して「労働災害危険源抽出AI」を構築し、このほど三井化学の大阪工場(大阪府高石市)で稼働に入ったと発表した。... 「...

台風などの自然災害時に、通信ケーブルの切断などの被害を相互協力し早期に復旧するのが目的。... 協定では倒木や電柱折損、飛来物によるケーブル損傷など災害時の応急対策の相互支援を行う。災害情報を収集し共...

テラ・ラボ、円盤ドローン エンジン+燃料電池 (2021/6/24 機械・ロボット・航空機1)

大・中・小の機種の組み合わせで広域災害情報収集や海洋警備、物流などの市場可能性を探る考え。

陸域観測技術衛星「だいち2号」などの地球観測衛星を使って観測したデータを基に、災害情報などをウェブ上で共有している。... 同機構は、世界の自然災害の監視を目的とした国際協力プロジェクトを進めている。...

三菱電など、衛星データ解析で新会社 災害情報把握を迅速化 (2021/4/20 電機・電子部品・情報・通信1)

三菱電機とパスコ、アジア航測、スカパーJSAT、日本工営、リモート・センシング技術センターは19日、衛星データ解析情報提供サービス事業化を目的に新会社「衛星データサービス企画」を6月に共同で設立すると...

災害時の感染制御を支援する取り組みでは、岩手医科大学付属病院の桜井滋感染制御部長らの活動が示唆に富む。... 「災害時には診療機能が増強されるとその分患者数は増え、低下すると患者が減ったように見える。...

3.11 メッセージ/不動産各社、コロナ禍の災害時体制構築 (2021/3/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

三菱地所は本拠地である東京・丸の内でQRコードを活用して災害時の帰宅困難者を非対面で受け入れる実証実験を実施。... また受入数からビルの満室・空室も把握が可能となり、自社の災害情報発信サイトや近隣の...

大日印、東芝エレベータと提携 電子看板を共同開発 (2021/1/27 電機・電子部品・情報・通信)

後付け可能な製品を共同開発し、広告や生活に関する情報をエレベーター内で発信可能にするサービスを7月に開始予定。... 特定の個人を識別しない形で閲覧者の情報を集め、広告やコンテンツの配信に活用する。災...

おすすめコンテンツ

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる