9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

18年には工場の井戸を活用し、災害時に近隣住民へ井戸水を生活用水として提供する、白山市の「災害時協力井戸」制度に登録した。

災害時、関空の代替 訪日客ビジネス利用も視野 ただ、3空港を運営する関西エアポートが基軸にするのは関空だ。... 災害時などに3空港が協力し相互補完体制を築く機運...

「移動式発電機を新たに1台導入するほか、井戸がない広島県の2工場への井戸の設置などで計5億―6億円を投資する。従来の自家発電機や太陽光発電設備に加え、災害時の水と電気の供給体制を強化するのが狙いだ。....

不二サッシは市原市と緊急災害協力井戸協定を結んでおり、災害時には地下水膜濾過システムを通じて、近隣地域の住民へ飲料水を提供できる。

関西の自治体で構成する関西広域連合(井戸敏三連合長=兵庫県知事)と関西経済連合会(森詳介会長=関西電力会長)は、大阪市内のホテルで、広域観光の推進体制や今後の国土政策などについて意見交換会を開いた。&...

2013年12月に西光エンジニアリング(静岡県藤枝市)と災害時のBCPに関する相互応援協定を結んだ。... 当社が立地する山形県は、地震や台風などの災害が少ない地域でもあるので、災害時に対する備えは、...

地下水は冷暖房時の電力負荷を減らす自然エネルギー源の一つとして見直されているが、井戸からの過剰な揚水は地盤沈下の恐れがあると指摘されている。... 今回、環境省が策定するガイドラインに地域冷暖房事業者...

同社は、上水道以外に給水手段を持つことで水道料金を低減するとともに、災害時のリスクを軽減できるとシステムの重要性を強調する。井戸は震災の影響を受けにくいことが過去に実証済みだという。 自治体な...

一日当たり最大200トン、約6万7000人分の飲料水がまかなえ、災害時には地域住民に供給する。... 千葉商科大は08年に市川市と包括協定を結び、災害分野で連携協力している。... ウェルシイの福田社...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる