電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

6件中、1ページ目 1〜6件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

産総研、PETを常温で再資源化 原料収率9割超 (2021/11/9 科学技術・大学)

粉砕したPETに炭酸ジメチルとリチウム触媒を加えると、室温でも3時間程度でテレフタル酸ジメチルと炭酸エチレンが得られる。... 炭酸エチレンはリチウムイオン電池の電解液として利用される。 &#...

負極に保護膜を作る有機溶媒である炭酸エチレンなどの炭酸エステル類が充放電に必要だが、燃えやすいことが課題となっていた。 炭酸エチレンと難燃剤として使われるリン酸エステルの分子構造を融...

製造業の海外移転や新興国の化学品生産増で国内エチレン生産能力の余剰感が強まる中、エチレン設備の1基化で稼働率を高めて採算を改善する狙いだ。... 1基化したエチレン設備が定期修理で止まれば、エチレン設...

国内のエチレン製造設備が減れば、エチレンとともに併産する石油化学品の減産につながる。... プロピレンやブタジエンの生産を減らせないことが、エチレン製造再編の足かせになっていた。... 13年にEOを...

三菱化学は、鹿島事業所(茨城県神栖市)でリチウムイオン二次電池(LIB)の溶媒に使うエチレンカーボネート(炭酸エチレン)の年産能力を現状比2・7倍の80...

負極材は炭素を使った素材が、電解液には炭酸エチレンなど有機溶媒が使われる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン