290件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

天田財団、今年度前期の助成テーマ92件(中) (2020/10/8 機械・ロボット・航空機2)

【研究開発助成/一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽吉田隆/名古屋大学大学院工学研究科電気工学専攻「積層金属―セラミックス複合テープにおける高精度導電性マイクロパス加工技術の構築」▽森謙一郎/...

石化の近未来2020(2)昭和電工執行役員・福田浩嗣氏 (2020/10/2 素材・医療・ヘルスケア)

また別の事業部で石化製品製造の副生ガスを活用して生産する液化炭酸ガスの出荷を開始した」 ―今後の石化部門の目指す姿は。

加工には波長の短い紫外線から波長の長い赤外線まで各種波長のレーザーが用いられるが、加工に使える高出力レーザーの種類は限られていて、レーザー光の発生原理からYAGレーザーの1マイクロメートル(マイクロは...

鶏肉の残骨をAI検出 イシダ、検査装置など5機種 (2020/8/31 機械・ロボット・航空機2)

「炭酸ガス含有パッケージ用リーク検査機」も市場投入した。食品容器内の空気を二酸化炭素(CO2)に置き換え密封して消費期限を延ばすガス置換包装向けで、ガス漏れを全数検査でき、食品ロスの低減に貢献する商品...

2020年上期の新社長《非上場会社》 (2020/8/21 上期の新社長)

別会社で同一人物の就任含む 関連記事「新社長、上期472人 コロナ響き低水準、再登板目立つ 本社まとめ」(2020/8/21) ...

最新の「X線検査装置」「焼成パン番重移載装置」「炭酸ガス(CO2)含有パッケージ用リーク検査機」「スライドベルト式組み合わせ計量機」などを紹介する。

広島スチール、板金加工機3台更新 厚板の切断可能に (2020/6/30 自動車・機械・ロボット・航空機)

発振器が出力6キロワットの炭酸ガスレーザーで加工可能な大きさは幅3・1×長さ6・1メートル。

ビールやコーラなどの炭酸飲料を提供するロボットシステムを開発する。... 炭酸ガスを注入する機能が売りの一つだ。窒素ガスに変えるとエスプレッソの香りをひき立てられる。

日本液炭、社長に遠藤祐喜氏 (2020/5/1 総合3)

▽賢持善英社長は非常勤顧問に▽交代理由=役員定年の内規▽就任日=6月17日▽本社=東京都港区芝4の1の23(液化炭酸ガス・ドライアイス製造)

岩谷産業、液炭ガスを安定供給 千葉工場の製造能力2倍に (2020/4/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

岩谷産業は20日、液化炭酸ガスの安定供給に向け、2021年7月めどに千葉県の同ガス製造設備の製造能力を現状比2倍に増強すると発表した。... 夏場に炭酸ガスやドライアイスの需給逼迫(ひっぱく)がここ数...

最優秀賞は「被覆アーク溶接の部」が羽生田鉄工所(長野市)の小林大真氏、「炭酸ガスアーク溶接の部」は前田鉄工所(須坂市)の宮崎文也氏。... 2019年12月に長野県上田市の上田地域高等職業訓練センター...

【LNG基地】 住友化学の愛媛工場(愛媛県新居浜市)では、火力発電所にガスを供給するLNG基地プロジェクトが進む。同基地は東京ガスエンジニアリングソリューションズ(東京都港区)などと...

モノづくり現場・エレクトロヒート技術最前線(6)カゴメ (2020/3/9 機械・ロボット・航空機2)

これまでハウスでは液化炭酸ガスを利用してきたが、1月から隣接する工場の天然ガス燃焼後の排ガスを再利用することで、さらなる運営コスト削減を図る計画だ。

日本発のガスメジャー体現 ―10月に持ち株会社体制に移行予定です。 ... 次期中計にも入れる」 ―ヘリウムや炭酸ガス不足には...

既存の出力4キロワット炭酸ガスレーザーおよび同3キロワットファイバーレーザー加工機の2台と置き換える。

宇部興産、日本液炭に炭酸ガス供給 21年11月から (2019/12/13 素材・医療・ヘルスケア)

CO2の供給量は、液化炭酸換算で1日当たり200トン。 原料供給を通じて、液化炭酸の需要増加に対応することに加え、宇部興産はCO2排出量の削減を図れる。液化炭酸は、ドライアイスや溶接...

優勝は「被覆アーク溶接の部(手溶接)」が茶木亮祐氏(寺田鉄工所)、「炭酸ガスアーク溶接の部(半自動)」が伊藤大輔氏(寺田鉄工所)、「団体の部」が寺田鉄工所に決まった。 ... 【被覆...

被覆アーク溶接と炭酸ガスアーク溶接の2部門に県内13社の43人が参加。

フェニックス電機、CFRP用光源ユニット 表面処理の作業負担減 (2019/11/28 電機・電子部品・情報・通信1)

フェニックス電機によると、短パルス炭酸ガスレーザーやYAGレーザーを活用した表面処理方法の研究は進んでいるが、高額な光源装置が課題だった。

工業材料12月号/応用拡大する光触媒技術の新展開 (2019/11/14 機械・ロボット・航空機2)

本特集では、総論で光触媒研究の第一人者である東京理科大学の藤嶋昭栄誉教授に光触媒反応の基本的な考え方から最近の人工光合成の成果、光電極系を用いる炭酸ガス還元に関する研究動向を解説してもらった。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる