35件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

サンゴライトはマグネシウムを多く含む炭酸塩岩で、群馬大発ベンチャー企業が入浴剤として商品化している。

現在、試料のキュレーション(まとめ)作業を進めており、分光分析と顕微鏡観測などから含水鉱物と炭酸塩鉱物の特徴が観測された。... 赤外分光法と顕微鏡で分析し、水由来の2・7マイクロメートル(マイクロは...

中部電、地下水浸入抑制実証研究を採択 原子力関連公募 (2021/3/12 建設・生活・環境・エネルギー)

【名古屋】中部電力は原子力関連の公募研究で、炭酸塩のセメント化(コンクリーション化)現象などを利用して地下水の浸入抑制効果を探る実証研究1件を採択した。吉田英一名古屋大学博物館教授らのグループの研究で...

検証2020/「脱炭素」の大波 エネ業界に対応迫る (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

出光興産は宇部興産などと共同でCO2とカルシウムを反応させて炭酸塩に固定して再利用する技術開発に取り組む。 &#...

一つは、カルシウムなどを含む産業廃棄物とCO2を反応させて炭酸塩を作り、建設資材や高機能材料を製造して、CO2を固定化・利用する技術。

現在、炭酸塩(ソーダ灰)の製造プロセスは、石灰石焼成由来の二酸化炭素(CO2)を原料としている。今回、石炭火力発電所の燃焼排ガス中のCO2を、技術開発した微細ミストで吸収し、炭酸塩の原料に置き換えるこ...

宇部興産、NEDO事業に採択 (2020/7/20 素材・医療・ヘルスケア)

カルシウムなどを含む産業廃棄物とCO2を反応させ、炭酸塩を使った建設資材や高機能材料を製造する。

五浦海岸には世界最大級の層状炭酸塩の岩塊が分布する。

それを工場から排出されたCO2と反応させて炭酸塩を生成する技術の確立を目指す。 ... 炭酸塩は製鉄工程などで原料、副原料として使われる石灰石の主成分。 RITEは...

産廃から抽出した金属イオンにCO2を反応させて炭酸塩を生産し、セメントや高付加価値建材を生産する。... 炭酸塩は高価ではないが、得られる収益を含めてCO2処理コストを低減できる。

水を多く含む隕石には、水と岩との反応で形成した炭酸塩鉱物が存在する。炭酸塩鉱物に含まれる炭素は小惑星に存在する揮発性の炭素化合物に由来すると考えられていたが、詳細は不明だった。 研究...

産廃とCO2から建設資材 出光・宇部興産・日揮が研究会 (2019/6/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

火力発電所や工場からカルシウム、マグネシウム、ナトリウムを多く含む産業廃棄物を回収し、CO2と反応して炭酸塩を取り出す。炭酸塩を原料に建設資材や高機能材料を製造する。

日本原子力研究開発機構の横山立憲研究員らは、地下水が存在した証拠となる「炭酸塩鉱物」を詳細に年代測定できる手法を開発した。

その結果、自然界に存在する炭酸カルシウムが酸性の地下水と中和して溶解、地下水に含まれる鉄分が球状の粒を覆って鉄コンクリーションが形成されることが確認された。... 火星は約37億~40億年前、二酸化炭...

【名古屋】名古屋大学博物館の吉田英一教授らは、巻き貝やアンモナイトの球状炭酸塩コンクリーションの成り立ちを解明した。... 炭酸カルシウムでのトンネル亀裂修復などに応用できる。

このラ・パシエガ洞窟で研究チームは、赤いはしごのような模様が描かれた部分に付着した炭酸塩(炭素化合物)を採取し、含まれているウランとトリウムの比率から年代を測定した。

家畜排せつ物や汚泥などの廃棄物系バイオマスから水素を取り出し、溶融炭酸塩型FCを使って発電して水も排出する。

しかし、(1)燃料に純水素しか使えない、(2)触媒などに貴金属を必要とし、コストが高い、(3)アルカリ水溶液に溶け込んだ空気中の二酸化炭素が炭酸塩として蓄積し、発電効率低下や寿命短縮を招く、といった理...

破砕する層はシェール層以外の砂岩や炭酸塩岩の場合もある。

さらに炭酸塩岩・火山岩・石炭層・シェールにも対象が広がり、水平坑井や多段階の水圧破砕が適用されるようになった。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる