497件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

物流、インフラ、災害などで実用化する無人航空機や災害対応ロボット、水中探査ロボットなどの開発で実証と性能評価、操縦訓練を行える。 ... 滑走路、緩衝ネット付き飛行場、市街フィールド...

航空機部品のエンジン回りの試作開発などが得意  航空機部品の加工を手がけるエイチ・エー・ティー。... 航空機関連の製造に...

【ワシントン=時事】米航空宇宙局(NASA)は5日、今夏に打ち上げ予定の無人火星探査機を「パーセベランス」(「不屈」)と命名すると発表した。歴代の火星探査機と同様、児童・生徒から名前を公募。... 火...

ソフトバンクは2023年にも成層圏を飛ぶ無人航空機を通信基地局として運用する事業を始める。... (編集委員・水嶋真人) ソフトバンク傘下のHAPSモバイル(東京都港区)は、太陽電池...

無人航空機では初となる管制室を設置し、事業化の拠点とする。 テラ・ラボは衛星通信を活用した、翼長が4メートルと10メートルの長距離無人航空機を開発中。... 同社は長距離無人航空機を...

火山ガスの濃度比・放出率の観測による火山活動推移予測の高度化に関する研究を行っており、最近は無人航空機(特にマルチコプター)を用いた観測手法の開発にも取り組んでいる。

JAL、自動手荷物預け機導入 羽田空港国内線に (2020/2/21 建設・生活・環境・エネルギー)

日本航空(JAL)は20日、羽田空港国内線のチェックインエリアで新たに導入した、自動手荷物預け機(写真)を報道公開した。... JALが国内線で自動手荷物預け機を採用するのは初めて。... 一連のシス...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2024年の探査機打ち上げを目指す火星衛星サンプルリターンミッション(MMX)で、目標とする衛星を「フォボス」に決めた。... 無人探査機を衛星に着陸させ、天体試料...

欧米の航空機、自動車メーカーが、金属3Dを活用したトポロジー設計を推進し、現在の高級部品から汎用へ広げる方針を示して印象的だった」 ―そこでルーメックスの開発の重点は。 &#...

ドローンを含む無人航空機の認定は国レベルの制度がなく、同工業会は独自の認定制度を充実させ、今後国際標準化に対応したモデルとなるような認定制度にしていきたい考え。 福島ロボットテストフ...

米GA―ASI、無人航空機のデモを実施 (2020/1/28 機械・ロボット・航空機1)

遠隔操縦航空機(RPA)システムの米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(GA―ASI)はグレー・イーグル・エクステンデッド・レンジ(GE―ER)無人航空機システム(UAS)の一連の...

PDエアロ、オスカーと宇宙目指す 無人航空実験機を公開 (2020/1/16 機械・ロボット・航空機1)

PDエアロスペース(名古屋市緑区、緒川修治社長、0566・95・8228)は15日、将来の宇宙ビジネスを目指すための無人実験機「PDASX06」を公開した。... 実験機はフル炭素繊維強化プラスチック...

航空機より機体が小さい空飛ぶクルマは多く生産されると思うので、徐々にコストは下がるのではないか。 ... 事業を開始する際には落ちないレベルを...

私は大学研究室で蓄積してきた、小型無人航空機(ドローン)の自律制御技術の研究成果を基礎に、研究成果ベンチャーとして13年11月、株式会社として自律制御システム研究所(ACSL)を創業。... 米航空宇...

無人機で現場の地上の状況を定期的かつリアルタイムで収集し、地上と空の両方から効果的な消防活動へつなげる。 ... 天候の影響で航空機の離着陸が困難になった場合のバックアップにも活用し...

豪軍、GA―ASIの遠隔操縦航空機を選定 (2020/1/7 機械・ロボット・航空機1)

遠隔操縦航空機システム(RPAS)の米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(GA―ASI)は豪政府がプロジェクト・エアー7003で同社の中高度長時間滞空RPAS「MQ―9B」を選定し...

さらに13キロメートル離れた浪江地区には無人航空機の滑走路と格納庫を設置する。 ... 物流、インフラ対応、大規模災害などの分野で実用化を目指す無人航空機や災害対応ロボット、水中探査...

産学官連携で振興 愛知県はサービスロボットや無人飛行ロボット(ドローン)の実用化検証を加速している。... 名古屋鉄道と中日本航空(愛知県豊山町)に委託し、KDD...

ロボット掃除機がぶつかって作動中の暖房機器を倒したら。... 旭化成の吉野彰名誉フェローのノーベル化学賞受賞を機に、改めて注目を集める。 ... 携帯電話の基地局などの電気通信関連、...

宇宙では航空自衛隊内に米国の宇宙軍に続いて「宇宙作戦隊」を20人規模で新設するほか、わが国の人工衛星に対する電磁妨害状況を把握する装置を取得する。... スタンド・オフ電子戦機は相手のレーダーなどを無...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる