199件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

TEAD/後付け可能なリモートID発信機 (2022/8/15 新製品フラッシュ2)

TEADは飛行ロボット(ドローン)に後付け可能なリモートID発信機「TD―RID」を発売した。国土交通省の無人航空機登録制度に対応し、ドローンの識別情報を発信する。

海洋と宇宙・航空、バイオ、領域横断・サイバー空間の4分野を対象に、人工知能(AI)や量子、ロボット工学などを利用した技術開発を支援する。... 4分野のうち宇宙・航空では衛星通信の強化...

TEAD、後付け可能なリモートID発信機 ドローン向け発売 (2022/7/27 機械・ロボット・航空機2)

国土交通省の無人航空機登録制度に対応し、ドローンの識別情報を発信する。 ... 同発信機は近距離無線通信規格「ブルートゥース」を使って国交省に登録した情報を発信。...

これまで電動草刈り機用に続き、今後、無人航空機や地上・水上車両、ロボットなどをターゲットに販売を進める。 ... スペクトロニックは2011年に設立され、軍事・産業用無人航空機向けの...

太陽電池のさらなる高効率化・低コスト化を図り、自動車、トラックやバス、電車や船舶、航空機など移動体への適用を通じて、太陽電池の新規市場創出とエネルギー・環境問題の解決を目指す。 &#...

スペースエンタ、あす海洋調査 水上離発着の無人航空機使用 (2022/6/29 機械・ロボット・航空機1)

スペースエンターテインメントラボラトリー(福島県南相馬市、金田政太社長)は、自社開発した水上離発着の無人航空機「HAMADORI3000=写真」を使用した初...

テラ・ラボ(愛知県春日井市、松浦孝英社長)は、水素燃料電池(FC)で飛ぶ垂直離着陸タイプの無人航空機「テラドルフィン4300 eVTOLタイ...

大阪市城東区と飯尾電設(大阪市鶴見区)は無人航空機を活用した連携協力で協定を結んだ。同区のまちの魅力の情報収集や災害発生時の情報収集などで無人航空機による空撮を用いる。

ドローン登録義務化、きょうから新制度 識別情報を遠隔発信 (2022/6/20 機械・ロボット・航空機1)

飛行ロボット(ドローン)などの無人航空機の登録を義務化する国の制度が20日に始まる。... 新制度では重量100グラム以上のすべての無人航空機が登録の対象となる。... 2021年12...

物流をはじめとする無人航空機の更なる利用拡大―『空の産業革命』を実現するためには、多数の無人航空機が運航者の目視範囲を超えて自在に飛行できるようにならなければならない。... しかし、有人航空機に比べ...

大林組と東大、トンネル断面を連続計測 自律歩行ロボ活用 (2022/6/15 建設・生活・環境・エネルギー1)

大林組と東京大学は14日、山岳トンネルの建設現場で自律四足歩行ロボットや無人航空機(UAV)を使って複数の断面を計測する実証実験に成功したと発表した。

また今後は航空機や空飛ぶクルマも含めた一体的な「空モビリティ」を発展・強化するという方向性も示している。 ... まず世界の最先端の無人航空機について学ぶことを兼ねて、12年、軍用で...

製品出し改良重ねる ロシアのウクライナ侵攻をめぐる情勢で、図らずも無人航空機や飛行ロボット(ドローン)が注目されている。... 長距離飛...

JUAV、ドローン最新事情でオンライン講演会 来月8日開催 (2022/5/18 機械・ロボット・航空機2)

日本産業用無人航空機工業会(JUAV)は6月8日13時半から、飛行ロボット(ドローン)を取り巻く最新状況の講演会をオンライン形式で開く。

難度の高い「有人地帯上空での補助者なし目視外飛行」を認める一方、100グラム以上の無人航空機(ラジコンなどを含む)の登録を義務化。... 改正航空法では、従来のレベル分類を改め、危険度...

福島ロボットテストフィールド(RTF、福島県南相馬市)は9日、インド・ドローン連盟(DFI)と無人航空機システム分野の協力に関する連携協定...

ACSLなど、ドローン衝突防止 自動管制に成功 (2022/2/11 機械・ロボット・航空機)

同サービスを実現する上では、会場上空や周辺空域で無人航空機やドローンの空中衝突をどのように回避するかが課題となっている。 FaroStarの衝突防止自動管制技術は、航空機や...

石原産業、ドローン散布用農薬発売 年内に雪腐病向け (2022/1/26 素材・医療・ヘルスケア)

ただ業者委託が必要な無人航空機による散布だけでなく、農家自身で散布できるドローンの活用が広がれば稲作向け以外でもニーズが高まると判断し、製品化を加速する。 農薬散布は規制緩...

同プロジェクトで開発された無人航空機運航管理システムを利用。

浜松商工会議所の宇宙航空技術利用研究会では、コントレイルズ(浜松市東区)が宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同開発中のVTOLの事業化に向けた課題を洗い出している。....

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン