電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

21,545件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

IHIは24日、船舶用エンジンなどを製造する連結子会社のIHI原動機(東京都千代田区)が2003年以降、エンジン製品の出荷時に顧客に提出する燃料消費率のデータを改ざ...

ツネイシHDの前12月期、売上高22%増の3153億円 (2024/4/25 機械・ロボット・航空機1)

環境負荷の低いメタノール二元燃料船の受注を伸ばした。 ... メタノール二元燃料船は約30隻を受注し好調だった。

日本ではGX(グリーン・トランスフォーメーション)推進法案が可決され、28年度から化石燃料輸入事業者に対して二酸化炭素(CO2)排出量に応じた化石燃料賦課金を、33年度...

2021年に気体水素、23年からは液体水素を燃料として使用し、レースごとに進化を続けている。

報告書ではGHG排出量の削減と売上高の増加の同時達成をデカップリングの一つとして定義し、事業所での燃料や電力の消費に伴うGHG排出量(スコープ1、2基準)を開示している38社の20年度...

商船三井、タンカーにCO2回収装置 既存船で脱炭素 (2024/4/24 生活インフラ・医療・くらし1)

船上でのCO2回収は、次世代燃料への転換が難しい既存船の脱炭素化手段として注目されている。回収されたCO2は陸揚げ後、合成燃料業者などで有効活用が期待される。

BMW、国内公道でのFCV実証継続 (2024/4/24 自動車・モビリティー)

ビー・エム・ダブリュー(東京都港区、長谷川正敏社長)は23日、燃料電池車(FCV)の実験車両で日本の公道を走行する実証実験を2024年も継続すると発...

コマツ、水素混燃の可搬発電機 電動ショベル向け (2024/4/24 機械・ロボット・航空機1)

電動ショベルは軽油が燃料のディーゼルエンジン式に比べて、排ガスがなく環境負荷が低いメリットがあるが、稼働現場によっては給電インフラの整備が必要な点が大きな課題になっている。 ... ...

同社は26年にも、廃食油などを原料に持続可能な航空燃料(SAF)を製造する計画だ。

挑戦する企業/鹿島(10)福島第一原発の廃炉 (2024/4/23 素材・建設・環境・エネルギー1)

建屋を解体せずにプールからの燃料の取り出しを実施する2号機では、東芝とともに工法を考案。建屋の南側に燃料取り出し用構台を設置した上で、横からオペレーティングフロアに設備をアクセスさせて燃料を取り出すこ...

順次、排出量取引制度の運営や、化石燃料賦課金などの徴収といった事業を広げる見通し。

25年後半にエタノール燃料で走行できる「フレックス燃料車」のハイブリッド車(HV)を投入する。... ブラジルでは自動車産業の脱炭素化や競争力強化に向けた産業政策のもと、サトウキビ由来...

脱炭素技術の研究開発から社会実装までを支援する、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンイノベーション基金」で、関西電力が水素を燃料として発電する技術の実証に取り組ん...

蓄電池や水素・燃料電池、その材料・部材・活用製品などの研究・試作開発で最大500万円、国の分野別投資戦略に位置付けられた分野の大阪での事業化調査で同300万円を補助する。... 事業化調査・検討は水素...

三菱造船、J―ENGからアンモニア装置受注 (2024/4/22 機械・ロボット・航空機2)

三菱造船(横浜市西区、上田伸社長)は、ジャパンエンジンコーポレーション(J―ENG)から舶用アンモニア燃料エンジン向けアンモニア燃料供給装置(AFSS)...

精製された水素はクリーンな原料・燃料として利用できることから、両社で本システムの早期実用化を目指す。

古河産機、医療廃棄物焼却炉を増設 感染・故障リスク低減 (2024/4/22 機械・ロボット・航空機1)

2号焼却炉はガス化燃料方式の竪型ストーカ式焼却炉(バーチカル炉)で、廃棄プラスチックなど発熱量の高い廃棄物の処理に向く。

我が国における低炭素水素製造のための再生可能エネルギー資源などの状況を踏まえると、需要と経済性を満たすために日本は他の化石燃料資源と同様、海外に依存することが見込まれる。 ... さ...

JERAと米社、低炭素アンモニア製造拠点を開発 28年稼働 (2024/4/19 素材・建設・環境・エネルギー)

両社は23年に、低炭素アンモニア製造事業の共同開発と、碧南火力発電所(愛知県碧南市)4号機における大規模転換(熱量比20%)の商用運転に向けた燃料アンモニア調達...

ニュース拡大鏡/内航船、脱炭素へ出航 燃料に水素・アンモニア (2024/4/19 生活インフラ・医療・くらし2)

総トン数20トン以上の船では国内初となる水素燃料電池船が運航を開始し、7月には世界初の商用アンモニア燃料船が就航する。... 水素供給が途絶えても航行できる実用性の高い水素燃料電池船となっている。&#...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン