16,801件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

次は大気から燃料や化成品を合成する挑戦が始まった。 大気中の二酸化炭素(CO2)を回収して燃料や化成品の原料に。... 「水素で還元し燃料としたり、炭酸カルシウムとしてコンクリートに...

(編集委員・安藤光恵) 【期待の技術】 人工光合成は石油エネルギーなど化石燃料への依存から、環境負荷の少ない社会への移行に向けた期待の技術だ。

【燃費削減重要】 電動化の重要な役割は燃料消費の削減であり、電動要素の搭載による重量増加や発熱による損失よりも電動化による利得が上回ることが必須であるが、JAXAは主に後者の技術とし...

マリンドウズ、船隊の運航最適化 情報基盤に技術導入 (2021/8/2 機械・ロボット・航空機1)

造船業界では重油の代替燃料を活用するための技術開発が進んでいるが、本格的な燃料転換には時間がかかる。... 造船業界では環境規制の強化に伴って、船舶の燃料を重油から液化天然ガス(LNG)やアンモニアに...

電力10社の4―6月期、9社減収 競争激化・会計基準変更響く (2021/8/2 建設・生活・環境・エネルギー)

22年3月期は燃料価格の上昇に伴う燃料調整費の増加が増収要因。... 前年同期は燃料価格が下降局面にあり差益が出ていたため、その差が広がった。... 22年3月期は燃料価格の上昇に伴う燃料調整費が増加...

7月31日―8月1日に大分県日田市で開かれた耐久レースでは、子会社のトヨタ自動車九州(福岡県宮若市)が太陽光発電で、大林組が地熱発電でそれぞれ製造した水素を新たに水素エンジン車の燃料として利用。......

17年には、主な動力源を重油や都市ガスとするボイラに、水素エネルギーを採用した水素燃料ボイラ「SI-2000AS」を発売した。... 燃料電池の開発にも取り組んでおり、20年には専門のメンテナンス部門...

燃料電池をテーマに講義や実験を行うほか、燃料電池車の試乗も予定する。

まずは、商用車のデータを使ったデジタル変革(DX)や電気自動車(EV)・燃料電池車(FCV)の導入など、チリにおけるミッタの事業拡大を図る。

東電の4―6月期、7年ぶり当期赤字 小売り競争激化 (2021/7/30 建設・生活・環境・エネルギー)

経常利益は50%出資するJERAの燃料費調整制度の期ずれ影響の悪化などで同73・0%減の184億円。

燃料に関わる税は燃料税で一本化し、カーボンニュートラル促進特定財源として使途を明確化することなどを提言する。

【名古屋】ジェイテクトは、高度運転支援機能に対応した電動パワーステアリング(EPS)が、トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」、高級車ブランド「レクサス」の「LS」それぞれの新モデ...

省エネ・脱炭素技術開発 難溶性鉱石・多金属団塊に応用 核融合炉の燃料である三重水素は、反応で発生した中性子をリチウムに当てて自己増殖させる。

機体全体の開発ではボーイングやエアバスなど欧米が先行するが、脱炭素化の潮流やモビリティーの多様化を受け、水素燃料航空機や電動垂直離着陸型航空機(eVTOL)など革新的技術の開発が進む。

カネカ、加工油脂8製品を値上げ マーガリンなど9月出荷分から (2021/7/29 建設・生活・環境・エネルギー1)

また燃料費や包材、物流費も上昇しており、値上げが必要と判断した。

特に石油化学は国際競争力や原燃料転換などの課題から対象となりやすそうだ。

ヤマハ発、フィッシングボートのハードルーフ大型化 (2021/7/28 機械・ロボット・航空機2)

インパクトある外観とし、ハードルーフや燃料タンク大型化などで利便性を高めた。

当社が取り扱う燃料配管など長尺製品が多く輸送コストがかさむため、基本方針として世界的な拠点網は維持する。

阪大、光触媒樹脂で過酸化水素製造 (2021/7/28 科学技術・大学)

触媒樹脂を水に懸濁(けんだく)させ、空気と太陽光を供給することで液体燃料を製造できるようになることが期待される。

大阪府は8月中にも、燃料電池(FC)バスを導入するバス会社やリース会社を対象とする補助事業を始める。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる