電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

117件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.04秒)

IHIの通期見通し、営業最高益1100億円 防衛・航空けん引 (2024/5/9 機械・ロボット・航空機1)

IHIは今後、民間エンジンや防衛・宇宙、燃料アンモニアバリューチェーンなどの成長・育成事業に経営資源を配分する中で「費用のかかる構造改革もこの先出てくる」(井手博社長)という。

JERAと米社、低炭素アンモニア製造拠点を開発 28年稼働 (2024/4/19 素材・建設・環境・エネルギー)

JERAは米CFインダストリーズ(イリノイ州)と、低炭素アンモニアの製造プロジェクトに関する共同開発契約を締結した。米ルイジアナ州で、年間製造能力約140万トンの低炭素アンモニア製造拠...

JERA・IHI、碧南火力にアンモニア 初の大規模実証 (2024/4/3 素材・建設・環境・エネルギー2)

IHIは同発電所5号機で行った燃料アンモニアの小規模利用試験(熱量比0・02%)を踏まえ、実証用バーナーを開発。JERAは燃料アンモニアの安全対策や運用体制を整備した。... ...

東洋エンジ、脱炭素研究で千葉に新棟 (2024/3/25 機械・ロボット・航空機2)

同社は2025年度までの中期経営計画で、従来の事業分野の設計・調達・建設(EPC)の強化に加えて、燃料アンモニアや合成燃料、持続可能な航空燃料(SAF)などの次世代エネ...

脱炭素で注目、競争活発化 大手商社で燃料アンモニアのサプライチェーン(供給網)の構築に向けた動きが広がっている。三菱商事は米国でのアンモニア製造事業で出光興産と連携し...

沖縄電、LNG投資が実を結ぶ ガスエンジン発電所稼働 (2024/3/7 素材・建設・環境・エネルギー2)

牧港ガスエンジンの燃料は、完成したばかりの吉の浦・牧港ガスパイプライン(吉牧パイプライン)からの天然ガスと、タンクローリーで搬送する液化天然ガス(LNG)でまかなう。&...

IHI、台湾でアンモニア混焼 30年めど5%超実証 (2024/3/6 機械・ロボット・航空機2)

台湾南部の高雄市にある出力160万キロワットの大林(ターリン)発電所で、燃料アンモニアの経済性を検証し、燃焼技術の適用を検討した上で実証実験を行う計画。... アンモニアは燃焼しても二...

国交省がまとめた小名浜港のCNP計画は、25年までの短期、30年までの中期、50年の長期に分け、水素、燃料アンモニアの輸入基地を実現する内容。... 世界的な脱石炭の流れの中で、石炭のアンモニア混焼・...

船員の仕事内容は洋上風力発電やバイオ燃料、アンモニア燃料の対応などに広がり、やる事が増える」 ―人材確保には働く環境も重要です。

目指すべきポイントの明確化と政府への要望などをまとめ、八つのGXプロジェクト①SAF(持続可能な航空燃料)②水素③洋上風力関連産業④蓄電池⑤次世代半導体⑥電気・水素運搬船⑦海底直流送電...

日本郵船は13日、世界初となる燃料アンモニアの船舶への供給に向けて、JERAとレゾナックと共同検討に関する契約を締結したと発表した。燃料供給に関係する安全な運用方法の確立や、燃料アンモニアの港湾地区へ...

大林組は町内に50キロワットの燃料電池(FC)を4基導入した。... FSを実施した企業の担当者は「福島県いわき市の小名浜港を基地に、輸入した燃料アンモニアを石炭火力群に供給し、同年代...

日本郵船と三井物産、アンモニア輸送で定期用船契約 (2023/12/7 生活インフラ・医療・くらし)

日本郵船は6日、三井物産とアンモニア輸送船の定期用船契約を結んだと発表した。JERAが2023年度中に実施を計画する碧南火力発電所4号機での世界初の大規模燃料転換に向けた実証実験で使う燃料アンモニアを...

日揮HD、国内プラントEPCで高田工業所と協業 (2023/11/21 機械・ロボット・航空機1)

水素・燃料アンモニア、持続可能な航空燃料(SAF)、合成燃料など脱炭素分野やケミカルリサイクルなど資源循環分野の新設案件を共同で遂行する狙い。

荏原がLPG試験成功、液体アンモニアタンク内ポンプ (2023/11/8 機械・ロボット・航空機1)

荏原は脱炭素燃料に期待される液体アンモニア専用のインタンクポンプを製造し、液化石油ガス(LPG)を用いた性能試験(写真)に成功した。... 燃料アン...

伊藤忠はシンガポールとスペインのジブラルタル海峡でも船舶向け燃料アンモニアの供給拠点の整備を進めているほか、三井E&Sなどと共同でアンモニア燃料船を開発している。需要拡大が見込まれる燃料アンモ...

挑戦する企業/富士電機(4)船舶電動化をチャンスに (2023/9/28 電機・電子部品・情報・通信1)

二酸化炭素(CO2)排出量の低いアンモニアなど次世代燃料の研究が進むほか、国内を運航する内航海運では船舶の電動化が期待される。... さらに周波数変換器をはじめとする陸上給電向けの商材...

伊藤忠商事はアイルランドの舶用燃料大手ペニンシュラ・ペトロリウムとの間で、スペインでの船舶向けアンモニア供給網の構築に関する覚書を締結した。ジブラルタル海峡に面し国際海上物流の要衝となっている同国のア...

碧南火力発電所(愛知県碧南市、写真)で2023年度末から始める石炭と燃料アンモニアの混焼技術の確立に向けた実証事業もPRする。

海運 脱炭素燃料戦略(2)アンモニア CO2ゼロ、高いエネ効率 (2023/9/13 生活インフラ・医療・くらし1)

毒性対策、設計で工夫 船舶の脱炭素燃料の中で特に注目はアンモニアだ。アンモニア燃料船に注力している日本郵船は、「三つの理由で現実味がある」(グリーンビジネスグループ燃料炭・ア...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン