18件中、1ページ目 1〜18件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

水素を運ぶ「エネルギーキャリア」の役割だけでなく、発電燃料としてのアンモニアの可能性に注目が集まっている。今後の需要を見込み、総合商社は世界中で化石燃料由来の「ブルーアンモニア」と...

石炭火力のCO2大幅削減に向け燃料アンモニアが大きなカギ。石炭のアンモニア転換は最初の大規模カーボンフリー火力導入となる。日本はアンモニア混焼・専焼発電で30年に300万トン、50年に3000万トン必...

水素は同100万トンのアンモニアに転換し日本へ輸出する。... 水素の運搬形態としてアンモニアが注目されている。日本の燃料アンモニア導入官民協議会は、日本のアンモニア想定輸入量を30年に同300万トン...

事業化調査は豪州でのアンモニアの製造、日本への輸送、受け入れまでの一貫したプロジェクトを検討する。天然ガスからアンモニアを製造する過程で排出される二酸化炭素(CO2)を、CO2の回収・貯留(CCS)や...

(いわき・駒橋徐) 県は燃料電池車(FCV)の普及を進める。いわき市には燃料電池(FC)バスも含めてFCVが80台以上(全県で120台)運行し、市内の水素ステーションの稼働率は全国ト...

経済産業省は8日、燃料アンモニアの実用化に向け、国際石油開発帝石(INPEX)とアブダビ国営石油会社(ADNOC)などが共同調査契約を締結したと発表した。... 共同調査では、アラブ首長国連邦(UAE...

同時に白書では、水素や燃料アンモニア、蓄電池、資源循環などグリーン成長に向けた14分野で日本の特許競争力を調査した。... 政府の脱炭素宣言を受け、民間企業からは天然ガスや石炭を水素やアンモニアに置き...

燃料アンモニアの実用化に期待が高まっている。... 燃料アンモニアは燃焼時に二酸化炭素を排出しないため温暖化対策の有効な手段になる可能性がある。... 燃料アンモニアの海外利用を促すには水分量など燃料...

福島県内の燃料電池車(FCV)の導入・契約台数が増加している。... 同市では現在、FCV56台と燃料電池(FC)バス1台が運行。... 20年代後半からは小名浜港へ燃料アンモニアや液化水素を輸入し、...

三菱商事と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、インドネシアのバンドン工科大学、パンチャ・アマラ・ウタマ(PAU)と、同国中央スラウェシ州でのクリーン燃料アンモニア生産のための二酸化炭素地...

まず燃料アンモニアを輸送する大型船を一括で受け入れられる物流・荷役環境を整備する。 燃料アンモニアや水素を供給するために燃料電池トラックを導入し、水素ステーションも整備する。... ...

燃料アンモニア、国際連携で1億トン生産 2050年の脱炭素化に向けた政府のグリーン成長戦略で、燃料アンモニアが注目されている。... 100社以上の内外企業などで...

同時に国土交通省の「カーボンニュートラルポート(CNP)」構想の認定を目指す小名浜港(福島県いわき市)で、水素や燃料アンモニアを輸入し燃料電池や発電所へ供給する事業も動きだした。水素の“キャリア”とし...

経済産業省は8日、エネルギー関連企業などが参加する官民協議会で燃料アンモニアの使用量を拡大させるための目標を示した。... 30年に石炭火力発電への20%アンモニア混焼の普及を目標に定め、アンモニア価...

THIS WEEK (2021/2/8 総合2)

8日(月)友引 ■政治・経済 ▽1月の貸出・預金動向(日銀) ▽1月の景気ウオッチャー調査(内閣府) ▽20年と12月の国際収支(財務省) ▽燃料アンモニア導入...

グリーンアンモニアコンソーシアム(会長石飛修氏=住友化学相談役)は、14日に名称をクリーン燃料アンモニア協会に変更する。 ... 最初のモデル事業として米国・豪州での展開の検討を始め...

政府がグリーン成長戦略で掲げる燃料アンモニアの石炭火力混焼や、将来のアンモニア専焼発電の実用化に向けたサプライチェーン確立を目指す。 ... 二酸化炭素(CO2)フリーの燃料アンモニ...

経済産業省・資源エネルギー庁は27日、「燃料アンモニア導入官民協議会」を初開催した。燃料用途で活用されるアンモニアの導入や利用拡大に向け、サプライチェーン(供給網)の効率化や強化など技術的・経済的な課...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる