32件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.043秒)

AGCと大陽日酸は13日、産業技術総合研究所や東北大学と共同で工業炉への燃料アンモニアの利用に向けて技術協力すると発表した。ガラス溶解工程のバーナーに使う化石燃料を代替し、二酸化炭...

また、西豪州の燃料アンモニア製造や米国西海岸の水素ステーション、ロシアにおけるLNGなどさまざまな案件を同時並行で進める」 ―コロナ禍がまだ続きそうです。 ...

豊田通商など、小名浜港を水素基地に モデル構築へ調査 (2022/1/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

この中でカーボン・ニュートラル・ポート(CNP)を目指す小名浜港が水素や燃料アンモニアの輸入・受け入れ基地を造成した際、周辺地域への水素・アンモニアの輸送トラックの燃料電池車(...

燃料アンモニアでは水素換算で1ノルマル立方メートル当たり10円台後半への供給コスト低減を目指す。NEDOは水素利用製鉄で4テーマに1935億円、燃料アンモニアは5テーマに598億円を投じる。 ...

千代田化工建設は2030年度までに燃料アンモニア製造プラント事業に本格参入する。... 千代化は03年以降、アンモニア製造プラントの設計と調達に関わっておらず、今後燃料向けで同プラントの販路...

脱炭素移行期、ピンチ防ぎ新技術育成 「S+3E」守りエネルギー革新 (2022/1/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

特にエネルギー関連では「再生可能エネルギー」「水素・燃料アンモニア」「次世代熱エネルギー産業」「原子力産業」の四つを挙げた。 ... 【化石燃料にも活路】アンモニア混焼、日本が実証先...

日本の技術生かせる分野多く 再生可能エネルギーが適正な価格で供給され、発電所や製鉄所などの産業プロセスの現場では、二酸化炭素(CO2)を出さない水素や燃料ア...

こうした中、石炭の国際バルク戦略港湾に指定されている小名浜港に海外からアンモニアやメチルシクロヘキサン(MCH)などの水素キャリアを輸入。... 液化水素、MCHや燃料アンモニアを取り...

また、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と共同で豪州における燃料アンモニアの生産を計画しており、生産時に発生するCO2を近隣の廃ガス田に貯留するCO2の回収・貯留(...

「足元ではLNG燃料による環境負荷への低減を進めていく。アンモニア燃料タグボートや燃料アンモニアの安定供給に取り組んでおり、30年以降は排出ゼロ(ゼロエミッション)船舶、ゼロエミッショ...

量産したアンモニアは日本に輸送する。 計画が実現すると大量生産されたブルーアンモニアが日本に安定的に供給され、火力発電所の燃料にできる。... 期待の燃料アンモニア事業にしても、従来...

水素エネルギーについては県内に導入した燃料電池車(FCV)259台やFCバスを踏まえ、今後はFCトラックの大量導入も視野に、水素ステーションを現在の3基(建設中含む)か...

「指定を受ければ石炭火力への燃料アンモニア供給基地として、また輸入水素を受け入れて浜通り地域へ供給する拠点を目指す。市内には燃料電池車が100台以上走行し、水素導入が進んでいる。

Jパワー、豪オリジンとグリーンアンモニアで協業 (2021/10/8 建設・生活・環境・エネルギー)

オリジンは再生エネを用いたグリーン水素やグリーンアンモニアなど二酸化炭素(CO2)フリー燃料の開発を積極的に進めている。... Jパワーは将来のCO2フリーの水素発電に向けて、石炭火力...

水素を運ぶ「エネルギーキャリア」の役割だけでなく、発電燃料としてのアンモニアの可能性に注目が集まっている。今後の需要を見込み、総合商社は世界中で化石燃料由来の「ブルーアンモニア」と...

石炭火力のCO2大幅削減に向け燃料アンモニアが大きなカギ。石炭のアンモニア転換は最初の大規模カーボンフリー火力導入となる。日本はアンモニア混焼・専焼発電で30年に300万トン、50年に3000万トン必...

水素は同100万トンのアンモニアに転換し日本へ輸出する。... 水素の運搬形態としてアンモニアが注目されている。日本の燃料アンモニア導入官民協議会は、日本のアンモニア想定輸入量を30年に同300万トン...

事業化調査は豪州でのアンモニアの製造、日本への輸送、受け入れまでの一貫したプロジェクトを検討する。天然ガスからアンモニアを製造する過程で排出される二酸化炭素(CO2)を、CO2の回収・...

(いわき・駒橋徐) 県は燃料電池車(FCV)の普及を進める。いわき市には燃料電池(FC)バスも含めてFCVが80台以上(全県で...

経済産業省は8日、燃料アンモニアの実用化に向け、国際石油開発帝石(INPEX)とアブダビ国営石油会社(ADNOC)などが共同調査契約を締結したと発表した。... 共同調...

おすすめコンテンツ

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

液相からの結晶成長入門
育成技術と評価方法

液相からの結晶成長入門 育成技術と評価方法

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる