電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

5,445件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

万博会場では、空飛ぶクルマによる世界初の商用飛行を目指すほか、自動運転バスの走行、水素燃料電池船による旅客運航も予定される。

これを応用した測定法は、工業製品開発や学術応用、食品開発、特に最近では車載燃料電池開発などに利用されている。

燃料電池は、水素と酸素の化学エネルギーを電気エネルギーに直接変換する。... 現在、自動車などに搭載されている燃料電池は、フッ素系樹脂などを電解質膜に用いた固体高分子形燃料電池(PEFC...

福島県は再生可能エネルギー先駆けの地、水素エネルギーで日本先端の地を掲げており、燃料電池車(FCV)の導入では日本有数の件数を実現。

トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」向けに開発した水素貯蔵技術を応用。... 水素燃料電池とバイオディーゼル燃料発電機の両方を搭載している。

ハイエントロピー合金、高表面積実現 ユニチカが合成技術開発 (2024/4/10 素材・建設・環境・エネルギー1)

水素利用を促進する高性能な水素生成電極や、燃料電池用の電極触媒といった市場向けに展開することを目指す。

日特陶、SOCシステム開発 1台で水素製造・発電 (2024/4/10 素材・建設・環境・エネルギー2)

【名古屋】日本特殊陶業は水から水素を製造する水電解と、水素で発電する燃料電池を1台で実現できる「リバーシブルSOCシステム」(写真)を開発した。... 水電解による...

公園の電源を使わず、燃料電池車(FCV)とバイオ燃料の発電機でクリーンなエネルギーを使用し、ライトアップしている。

カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)や燃料電池、スマートヘルスなどの分野の共同研究に取り組んできた。... 18年に自動運転やAIの研究に乗り出し、19年には水素エネルギ...

洋上風車作業用ゼロエミ船、北九州で実証 日本財団・トヨタ (2024/4/5 素材・建設・環境・エネルギー)

【北九州】日本財団は4日、トヨタ自動車らと共同で二酸化炭素(CO2)を排出しない水素燃料電池搭載船舶(ゼロエミッション船)「ハナリア」の運航実証を北...

対象は燃料電池、アンモニア発電、水素燃料モビリティーなどに加え、二酸化炭素(CO2)と水素からメタンを製造するメタネーションなどのCO2回収・利用技術、カーボンリサイクル技術、バイオマ...

既に燃料電池車(FCV)用の電極触媒など、我々の触媒技術を応用できる領域が出ている。

東陽テクニカ、エル・テールを子会社化 水素事業拡大 (2024/4/4 機械・ロボット・航空機2)

設備投資を実施し、燃料電池や水電解の評価システムを増産。... 海外のパートナー企業と提携し、独自の燃料電池や水電解の評価関連製品・サービスの世界展開を目指す。... 東陽テクニカの燃料電池評価装置の...

【松山】三浦工業と東京ガスは、発電効率63%の高効率燃料電池システムを共同開発した。... 東京ガスの燃料電池の高効率化技術と三浦工業の熱流体や制御ノウハウを生かしたシステム技術を融合し、一般...

東京バス高速輸送システム(BRT)や燃料電池(FC)で動く都営バスなどに水素を供給する。... 住居用燃料電池(出力5キロワット6台1セット)4カ所、商...

HV、燃料電池車(FCV)も検討している」と他の電動化技術を搭載する可能性を視野に入れる。 ... 当初、欧州向けのEVには韓国LGエナジーソリューションの電池を搭載...

国内ではシリコン太陽電池メーカーが撤退する一方、ペロブスカイト系が注目されている。結晶シリコン電池とペロブスカイトの複層構造のタンデム型太陽電池の低コスト生産技術を開発している」 ―...

クボタは28日、グローバル技術研究所(堺市堺区)で水素燃料電池(FC)トラクターの試作機(写真)を初公開した。... 7・8キログラ...

水素航空機など脱炭素に寄与する次世代航空機開発では燃料電池などの技術の開発に加え、技術の安全性を裏付ける試験・実証インフラやルールを整備する。

経産省と国交省は今後、航空機関連企業以外で燃料電池など環境技術を有する民間企業も巻き込みながら、ルール整備を後押しする考え。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン