電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

5件中、1ページ目 1〜5件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

AGC、千葉工場でフッ素製品増強 350億円投資 (2023/3/27 素材・医療・ヘルスケア)

溶融性フッ素樹脂のETFE(テトラフルオロエチレン・エチレン共重合体)や、燃料電池膜用フッ素系電解質ポリマーなどはトップシェアを持つ。

「アニオン型」電解質膜を開発 燃料電池自動車では、燃料の水素を空気中の酸素と反応させて発電する燃料電池が用いられ、その核となる材料が燃料電池膜(電解質膜)だ。... ...

現在市販されている燃料電池自動車に搭載している燃料電池膜も、加湿や温度制御が必要となっている。 新しく開発した燃料電池膜は不揮発性の酸性液体とポリマーを複合化させ、膜を創製した。膜に...

研究開発費は燃料電池膜や多結晶シリコンの新製法の開発などを中心に同48・1%増の400億円を配分する。

一方で電子材料向けの高耐熱ポリイミドフィルムのほかFPD向けの次世代フィルムや自動車用の燃料電池膜などの開発も進んでいる。... エンジニアリングプラスチック重合設備や水処理膜の製造設備拡張とポリイミ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン