電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

13件中、1ページ目 1〜13件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

牛の体調変化遠隔監視システム「CAPSULE SENSE」 牛は人工授精で繁殖し死産も数%ある。... 畜産や酪農の専門誌を熟読、県の農業試験場に教えを受け、牛の飼育...

笠岡湾干拓地で約1万頭の牛が飼育されている。将来的には豚や鶏など牛以外の家畜のふんも活用する方針。

牛の飼育、センサーで個別見守り 畜産業のIoT(モノのインターネット)化が進んでいる。... 東洋紡は牛の心拍数や体表温度を測る牛用のスマートウエアを開発した。......

いわて短角和牛は「南部牛」がルーツの和牛。岩手県北部の自然環境下で、夏は放牧され、冬場は里の畜産農家で飼育される岩手独特の「夏山冬里方式」で育てられる。... セシーナの知名度と市場が広がれば、短角牛...

牛の飼育は、餌を反芻(はんすう)し、胃で消化するためCO2とメタンの排出量が多いという理由で、牛肉の消費を抑えることも気候対策になるという議論もなされ、学生食堂で「牛肉なし」の日を設け...

牛の健康状態、IoTで判断 鹿児島サンライズファーム (2019/6/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

ダイエー傘下で国産黒毛和牛「さつま姫牛」を飼育する鹿児島サンライズファーム(鹿児島県鹿屋市、高山茂徳社長、0994・43・5588)は、IoT(モノのインターネット)を...

住商、ブラジルで動物薬推進 オーロフィノと覚書 (2018/10/10 建設・エネルギー・生活2)

ブラジルは牛の飼育頭数が世界最大で、豚と鶏の飼育数もそれぞれ世界3位、同4位の畜産大国。犬の飼育頭数も米国に次ぎ世界2位のペット大国でもある。

赤外線距離センサーや温湿度センサー、集音マイクなどを組み合わせ、牛の鳴き声や行動量の変化などから兆候を検知し、飼育管理を効率化できる。... 各種センサーや集音マイクなどを組み合わせた発情兆候検知ユニ...

家畜の飼育頭数は世界規模で増える見込み。... 国連食糧農業機関(FAO)によると、11年の世界の牛の飼育頭数は約14億頭、豚は約9億6000万頭。今後、新興国の経済成長で牛や豚など家...

現在新たな用途先として研究を進めているのが、豚や牛を飼育する施設。

その最中に愛知県酪農農業協同組合が飼育する知多牛に出会い「おいしさに衝撃を受けた」(山田社長)。... その農家で牛の飼育方法を共同研究することにより良質の肉の生産と入手を可能にした。...

「途上国では貧しい人たちは紅樹林の木を燃料用薪にして、紅樹林で牛を飼育し、その葉っぱを牛が食べる。

牛の飼育向けに注目されている飼料用稲の収穫専用に開発した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン