電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

958件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

コマツは大阪工場(大阪府枚方市)など国内4工場で、物流トラック運転手の構内拘束時間2時間以内を達成した。... トラック輸送と併せて鉄道輸送による部品コンテナの荷下ろしも自動化を極力進...

キヤノン米子会社、シルク成分水溶液増産 食品保存剤向け (2024/6/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

野菜の輸送コスト削減からも評価されており、生産量を大幅に引き上げて供給量を増やす。 ... キヤノンバージニアによると25%増量でき、物流コストを削減できる。 ...

物流事業者や荷主の参加を募り、オープンに連携する。混載輸送でトラックの積載率を高め、物流コストの低減やドライバーの負担軽減を図る。持続可能な物流網構築への協力を呼びかける。

自社工場を生かした商品開発の強化を検討するほか、物流コストの増加など食品業界が抱える課題に全社一丸で挑む。

「素材をより低価格な種類に変更しながら商品の品質を維持する」と物価上昇による建築コスト高騰への対策を示すのは、クリナップ取締役専務執行役員の川田和弘さん。 ......

商工中金が8日発表した、物流の「2024年問題」が現実化する直前に聞いた中小企業の動向調査によると、「対策がおおむねできている」事業者は2割にとどまっていたことが分かった。... 懸念する影響について...

東ソー、PE樹脂値上げ 来月7日納入から (2024/4/24 素材・建設・環境・エネルギー1)

コスト上昇分は自助努力のみでの吸収が困難であり、安定供給を維持するため値上げを決めた。 ... CRでも物流の効率化などさまざまな対策を手がけてきたが、物価高騰を背景とした諸原料価格...

また物流コストやそれに伴う二酸化炭素(CO2)排出量の削減といった効果を期待する。

船も利用、災害リスク対策 マンダムはドライバーの時間外労働時間制限による「2024年問題」を見据え、国内唯一の工場である福崎工場(兵庫県福崎町)から流通卸代理店への物...

旭化成、アクリル樹脂値上げ 来月出荷分から (2024/3/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

工場設備のメンテナンスコストや物流コスト、加工賃などが上昇している。同社は効率化や合理化に力を入れて取り組んできたが、自助努力でコスト高を吸収できる範囲を大きく超える状況となっている。

三井物産は傘下の食品・日用品物流5社を4月1日に合併する。... 円安の影響で原材料費やエネルギーコストが高止まりする状況で、物流コストを改善し、消費者ニーズに応える品ぞろえも追求...

照明器具に使われるタングステンやソケットなど金属のほか、樹脂製の材料、物流費などの上昇が要因だ。... 江藤事業部長は「生産設備の改善や部品の共通化などを一段と進めている」とし、国内の物流拠点の拡充も...

中東地域をめぐる情勢では、緊迫が続き「スエズ運河を回避し、喜望峰周りとなる動きが増えるなど、物流コストの上昇圧力がみられる」としている。

酒類各社、海外に照準 人口減・若者離れで国内縮小 (2024/2/28 生活インフラ・医療・くらし1)

さらに米国内生産に切り替えることで物流コストの大幅削減も見込める。

井関、製販子会社を再編 生産・営業強化 (2024/2/21 機械・ロボット・航空機2)

在庫拠点の最適化や物流体制の見直しを進め、物流コストの圧縮を図る。 また25年までに、トラクターやコンバインなどの農業機械の機種・型式を3割以上削減し、量産効果などでコスト競争力を高...

未来にはばたくスタートアップ(4)KOMPEITO 職場でサラダ無人販売 (2024/2/16 中小・ベンチャー・中小政策)

その中で野菜の大きさで物流コストが左右される点に課題感を持ち、低額で運べるミニトマトなどの小型野菜に焦点を当てたほか、国内の労働人口減を見据えて、企業の従業員への福利厚生が充実するとの仮説の基で野菜の...

良心的な対応と感じる一方、この業者にとって余計なコストが生じただけの取引になったことを済まなく思った。 ... 送料無料表示は購買意欲を誘う一方、物流コストを意識できなくなる。...

今年の業況「好転」18% 建設・卸売業で低水準 日商まとめ (2024/2/9 中小・ベンチャー・中小政策)

「適用によりこれまで通りの工事数を受注することが難しくなる」(一般工事業)、「トラック輸送を外部委託しており、物流コストの増加が見込まれる」(再生資源卸売業)といった声...

酒類・飲料大手 トップに聞く(4)サッポロHD社長・尾賀真城氏 (2024/2/8 生活インフラ・医療・くらし)

「ウクライナや中東の情勢は収まる様子がないほか、地球温暖化は進行し、物流コストの上昇が見込まれることなどを踏まえると、まだ上がるだろうと考える。

物流コストの改善や人流回復に伴う取引の拡大などがプラスに寄与した。 ... ファミリーマートの事業基盤強化に向けたデジタル関連の施策実行に伴うコスト増などがあったが、商品力・販促強化...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン