電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

333件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

ロジスティード(旧日立物流)は、中谷康夫会長(最高経営責任者〈CEO〉、68)が社長を兼務する。物流施設の資産流動化を進めるなど再上場に向けた足掛かりを一定程度固められ...

事業活動に関連する間接排出(スコープ3)の削減に取り組む企業が増えており、物流各社はこのニーズに対応するサービスを新設している。... 複数の物流企業がSAFを利用し、世界最大手の独D...

ロジスティード、国内物流33施設を売却 資本効率改善 (2024/2/21 生活インフラ・医療・くらし1)

ロジスティード(旧日立物流)は国内の物流施設33物件を売却する。... 物流施設は、KJRマネジメントが資産運用を受託する産業ファンド投資法人や今回の物件取得のために組成された私募ファ...

JAL、13年ぶり貨物専用機 (2024/2/20 生活インフラ・医療・くらし)

世界トップの物流企業の独DHLエクスプレスとの長期契約のもと、DHLの急成長する国際エクスプレス輸送やeコマース輸送の荷物を運ぶことで安定需要を確保し、成長を目指す。

物流企業をはじめ、商用EVを活用する企業のカーボンニュートラル(CN、温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現を支援する。 ... 商用EVを活用する物流...

トラック物流は日本経済を担う大事なインフラだ。... 参画にはNLJに資本参加し物流最適化のソリューションを構築する「パートナー企業」と、出資を伴わずに実証実験などに参加・協力する「NLJプラス」の二...

いすゞ自動車/運転席後方に荷物置きスペース (2024/2/5 新製品フラッシュ2)

物流企業や農業、自営業などあらゆる事業者の利用を想定。

いすゞ、運転席後方の空間拡大 「エルフ」に追加 (2024/1/23 自動車・モビリティー)

物流企業や農業、自営業などあらゆる事業者の利用を想定。

検証2023/物流24年問題対策 ヤマト・日本郵政が提携 (2023/12/5 生活インフラ・医療・くらし)

24年問題を契機に、この1年で物流分野では同業や異業種間の協力の動きが相次いだ。... ある物流企業幹部は「ヤマトを辞めた人に来てほしい」と話す。日本の生産労働人口が減少する中、物流業界から人が減って...

2023国際ロボット展/紙上プレビュー(3) (2023/11/14 機械・ロボット・航空機1)

既に米国大手小売り・物流企業に納入が決まっている。... 4社のパートナー企業と共同出展し、各社の課題解決を活用した展示をする。

経営ひと言/AZ-COM丸和HD・和佐見勝社長「朝30分夜1時間」 (2023/11/1 生活インフラ・医療・くらし2)

同社は「桃太郎便」で知られる物流企業。

さらに企業の物流業務を一括受託する3PL(サードパーティ・ロジスティクス)事業をしっかり伸ばしつつ、M&Aで事業拡大に努める」 ―M&Aの方針は。&#...

今までなかった役割が加わることで、物流事業の新たなイノベーションを起こしたい」(西部・勝谷聡) チェックポイント/県...

物流施設に導入するマテハン設備などに投資するほか、外食産業向け物流企業などの買収を検討している。... さらにSM向け物流と異なり夜間の配送が中心となるなど、独自の物流施設や配達ノウハウが必要となる。...

ディーゼル車で普通免許対応とすることで、EV小型トラックでは航続距離や充電環境に不安がある物流企業など向けに訴求する。

それから100年あまりたったが、物流業界で働く女性の比率はまだ低い。... そうした中、男性の職業とのイメージが強い物流業界は、どうやって女性の採用を増やしていけば良いのか。すでに女性が多く活躍する物...

Mujin、トラック荷下ろし自動化ロボ 米で先行投入 (2023/8/24 機械・ロボット・航空機1)

大手小売り企業や物流企業向けに販売し、日本でも2023年内の発売を目指す。

食品6社とF-LINE、北海道の物流再構築 共同配送拠点1カ所に (2023/8/2 生活インフラ・医療・くらし2)

食品メーカー大手6社と物流企業のF―LINE(東京都中央区、本山浩社長)は、北海道地区の共同配送の仕組みについて10月に再構築し物流効率を改善する。

全国小棒懇談会会長、物流24年問題「企業連携が必要」 (2023/7/28 素材・建設・環境・エネルギー)

全国小棒懇談会の園田裕人会長(日本製鉄執行役員)は27日の定例会見で、物流2024年問題について「発荷主、着荷主の協働が待ったなしの状況だ。物流企業だけでなく鋼材サプライチェーン...

シェアオフィスには県外IT企業が入居。... 製造業や物流企業の利用を想定する。 ... 台湾企業との国際交流促進ブースも設ける予定だ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン