電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

50件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

経営ひと言/大王製紙・石田厚取締役常務執行役員「物流課題に挑む」 (2024/1/1 素材・建設・環境・エネルギー2)

効率的な長距離輸送で連携するサントリーグループとともに「物流パートナーシップ優良事業者表彰」の賞に輝いた。「物流改善は当社ビジョンに掲げる『人生』『再生』につながる動きだ」。 これを...

エアロネクスト、君津でドローン輸送 (2023/12/5 機械・ロボット・航空機2)

交通渋滞の影響を受けないドローン輸送と陸上輸送を組み合わせた物流システム「スカイハブ」の社会実装を通じて、君津市の物流分野での地域振興を図る。物流課題のほか、災害時対応やインフラ設備点検、農業や観光の...

例えば小口輸送に適したカスタマイズを施すことで、ラストワンマイル(目的地までの最終区間)の物流課題の解決に寄与する。

経営ひと言/T2・森本成城社長「優秀な仲間集う」 (2023/10/13 自動車・モビリティー)

同サービスについて「AIの研究開発に閉じず、商品として物流課題の解決に寄与するもの。

さあ出番/T2社長・森本成城氏 自動運転で物流課題解決 (2023/10/12 自動車・モビリティー)

「物流課題の解決に直接貢献できる。... 「仲間を増やしワンチームで社会課題に勝つ」決意だ。

豊田会長は「物流、商用領域の重要性について議論する中で、日野が信頼回復に真摯(しんし)に取り組んでいることや世間の評価も鑑み、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ&...

大沢運送、栃木に物流拠点 共同配送網強化 (2023/9/7 生活インフラ・医療・くらし)

大沢運送は埼玉県と滋賀県を中心に拠点を設け、運送業と倉庫業を組み合わせた物流業を手がける。栃木県では鹿沼市内に支店と倉庫の2拠点を構えるが、物流センターの設置は初めて。... 大沢社長は栃木物流センタ...

西武HD、商品受け取りロッカー増設 (2023/8/21 生活インフラ・医療・くらし)

西武HDは駅機能を多角化することで駅や沿線の魅力を高めるとともに、物流課題の解決や環境負荷低減への寄与を目指す。

だが、今は住宅着工が縮減し、新市場の開拓という課題に直面する。... この社会課題の解決に挑戦したのが、荷物認証宅配システム「パビット」だ。... パビットは物流課題の解決と、脱炭素社会の実現にも貢献...

鉄道寸断時にトラック輸送 日通とビール4社の物流が協定 (2023/7/3 生活インフラ・医療・くらし)

日本通運は自然災害で鉄道輸送が止まった際、日通が受託した鉄道輸送貨物をビール大手4社の物流会社によるトラック輸送でバックアップするとの協定書を締結した。... 日通はアサヒロジ(東京都墨田区&...

原子力発電機器事業での海外市場開拓などを経て、物流センター向け機器の事業子会社を率いる。... 機器単品売りから、顧客の物流課題を解決するサービス創出への転換を目指す。

その結果、判断にばらつきが生じ、中身の品質に問題のない商品についても返品・廃棄が発生するなど食品ロスが課題となっている。 ... さらに荷受時の検品時間や倉庫での返品作業を削減するこ...

物流の2024年問題 解決への道(2)ロジスティクスの重要性 (2023/5/31 生活インフラ・医療・くらし2)

▽調達物流、生産物流、販売物流、回収物流(静脈物流)、消費者物流など、対象領域を特定して呼ぶこともある。 ■ロジスティクス(JIS Z 011...

レナトスロボティクス、200万ドル資金調達 (2023/5/29 機械・ロボット・航空機2)

電子商取引(EC)サービスの急拡大や、ドライバーの時間外労働の上限が規制される「2024年問題」などを背景に、物流センターの自動化・効率化需要が高まっている。両社の知見を活用しながら、...

ハコブ、14.7億円調達 物流アプリなど開発加速 (2023/5/25 生活インフラ・医療・くらし)

トラック予約受け付けなどの機能を持つ物流課題解決アプリケーション「ムーボ」の開発を加速するほか、ITシステムなどの研究開発投資を積極化する。

ACSL、国連専門機関「UPU」加盟 ドローン関連企業で初 (2023/1/17 機械・ロボット・航空機2)

日本郵便と共同で2018年に国内で初めて補助なし目視外飛行を実現するなど、ドローンを活用した郵便・物流課題解決に長年取り組んできたことが評価された。 ... ACSLの鷲谷聡之社長は...

物流に関するビッグデータ(大量データ)を収集し、現場の課題解決にとどまらず、企業全体、そして社会全体のサプライチェーン(供給網)を効率化する構想を描く。... 物流課題...

トヨタ自動車など自動車メーカーの生産現場や物流倉庫に加え、レストランやホテルなどサービス分野が抱える課題を解決する手段として提案。... 製造現場や物流、サービス分野に向けソリューションも強化する。....

トラックが使われる物流現場では働き方改革が叫ばれている。... 日野自動車は子会社ネクスト・ロジスティクス・ジャパン(NLJ、東京都新宿区)で、物流課題の解消に向けた実証実験に乗り出し...

三菱UFJ銀の知見を生かして、物流情報が紐付いた金融システムの構築などを目指す。日野自はNLJを物流課題の解決に向けて2018年に設立した。荷主企業や運送事業者、物流システム企業などと提携しており、今...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン