52件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

物質特許は96年1月に満了している。

そこで、ニーズを持つ産業界との迅速な連携体制の構築を目指し、物質・材料研究機構(NIMS)は次世代蛍光体イノベーションセンターを設置した。 我々は発見した新蛍光体について特許として強...

この領域で最大規模の売り上げを維持してきた協和キリンの腎性貧血治療剤「ネスプ」の物質特許が2019年中に切れ、後続品の発売が続々と控えるためだ。... 特許切れを見越した後発薬メーカーが続々とバイオシ...

大型のバイオ医薬品の特許切れに伴い、新製品の発売が相次いでいるためだ。... 同剤は19年に物質特許が切れ、後発薬メーカーなどが相次いでバイオシミラーの開発に入っている。

三菱ケミカルは17日、同社が所有するバイオマス原料由来の脂肪族ジオールとその誘導品に関する物質特許が米国で成立したと発表した。対象品の製造販売など事業を行う上で必要な基本特許となる。... 同社は同製...

「生分解性樹脂で重要な物質特許を持っており、他社が参入しようとすると我々の特許を使うことになる。

大日本住友製薬は、2月から米国で係争していた、同社の非定型抗精神病薬「ラツーダ」の特許を侵害しているとするジェネリック医薬品(後発薬)メーカー16社全てと和解した。... 19年1月にラツーダの化学構...

「物質特許が切れている製品のジェネリックを出す方針。... 米国の特許無効を示す証明書『パラグラフ4』に挑戦し、3品目も受理された。... これまで強みにしてきた抗生物質に加え、米国で特許無効となった...

三菱ケミ、東レと植物由来樹脂で特許契約 (2018/3/16 素材・ヘルスケア・環境)

三菱ケミカルは15日、トウモロコシなどバイオマス原料由来のポリエステルに関する基本特許について東レとライセンス契約を結んだと発表した。... 三菱ケミカルの特許は物質特許であり、製造・販売などの事業上...

創薬は一つの物質特許で実用化が可能となる特殊な分野だ。... 一方、特許実施料や国からの支援金などの収入が、特許出願・維持費や人件費などの支出を上回る大学はまれだ。... 「特許出願がきっかけとなった...

物質名や作用など核の部分は、マッチング後に1対1で守秘義務契約を結ぶまで明かさない。... 医薬品分野はITや機械など他分野と大きく異なり、一つの物質特許で実用化が可能。... AMEDは特許出願前に...

リボミックが藤本製薬(大阪府松原市)と共同で米国特許庁に出願していた「抗神経成長因子(NGF)アプタマー」に関する物質特許が成立した。同様の物質特許は日本などで成立済み。米国での特許登録により、NGF...

小野薬品工業と米ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMS)は、抗がん剤「オプジーボ」に関する米メルクとの特許侵害係争で和解、ライセンス契約を結んだ。... 小野薬は本庶佑京大客員教授と共有する抗PD―...

だが、インドには2005年まで物質特許がなかった。知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)の発効を受け、ようやく物質特許を導入した。 しかし、インドは特許法に「第3条...

有効成分であるテルミサルタンの物質特許が17年1月に切れて後発薬参入が見込まれるものの、同成分を含む3成分の配合剤が現在申請中であり、その売り上げが期待できると判断した。

メドレックスはワクチンなどの液剤の投与方法として開発中の微小針集合体(マイクロニードルアレイ)で、特許庁から特許査定を受けた。... 針に薬剤を塗布する方法を含む物質特許としての特許査定を受けた。

ナノキャリアはがん細胞などの標的をピンポイントで攻撃するためのセンサーを取り付けた薬物送達システム(DDS)型製剤について、米国で物質特許の特許査定を受けた。... 日本、欧州、カナダ、豪州、中国に続...

物質特許は切れているが、適応症を広げ、同社製品で売上高3番目の地位を占める。

オンコリスバイオファーマが開発中のウイルス製剤型抗がん剤「テロメライシン」の物質特許が英国やドイツ、フランスなど欧州14カ国で成立する見通しとなった。欧州特許庁の特許査定を受けたことから、同庁に対する...

ジーエヌアイグループ(GNI)は、中国で開発中の慢性閉そく性肺疾患(COPD)治療薬について、中国の特許庁に当たる国家知識産権局から医薬品全般およびキナーゼ(リン酸化酵素)阻害剤としての用途に関する特...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる